エディ・レッドメイン 英ロイヤルファミリーと親しいイクメン俳優

セレブ☆スタイル

エディ・レッドメイン(ロイター)

 2015年に映画「博士と彼女のセオリー」で米アカデミー賞主演男優賞に輝いたエディ・レッドメイン。主演作「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」が11月23日より日本公開されます。

ジュード・ロウ、ジョニー・デップと共演

 エディ・レッドメインが主人公の魔法使いニュートを演じる今作は、「ハリー・ポッター」シリーズの原作者J・K・ローリングが脚本を手がける人気ファンタジーシリーズの最新作。今作でのニュートは、ホグワーツ魔法魔術学校の恩師ダンブルドア先生からの特命を受け、魔法界と人間界を脅かす敵である“黒い魔法使い”グリンデルバルドの行方を追います。

 「ハリー・ポッター」ファンにはなじみ深い、ダンブルドア先生の若き日をジュード・ロウが演じ、黒い魔法使い役は前作に引き続き、ジョニー・デップ。豪華なキャスティングが注目の的です。

 エディは、米サイト「エンターテインメント・ウィークリー」に、「(前作と比較して)最も魅力的なのは、物語の雰囲気の変化なんだ。よりダークで厳しく、我々がよく知るハリー・ポッターに関する知識が組み込まれているよ」「脚本を読んだ時、意味深な要素があって、スリラーのように読み出したら止まらなかった」と語っています。

『ハリー・ポッター』シリーズ原作者J・K・ローリングさん(左)とエディ(ロイター)

実際に使いたい魔法とは?

 実生活でのエディは子育て中で、2歳の娘アイリスちゃんと8か月の息子ルークくんがいます。現在の彼の悩みはというと、子どもが夜、寝てくれないことだそう。アイリスちゃんが生まれた16年には「子どもが生まれたとたんに常時、時差ぼけでカフェインの点滴を打っているような状態」と語っていましたが、今年生まれたルークくんも「あまり寝ない」と米トーク番組「エレンの部屋」で明かしました。

 映画で魔法使いを演じていることもあって、「実際に使いたいと思う魔法は何か?」という質問をよく聞かれるそうです。その答えは「まさに“2時間の睡眠”をかける魔法だ。すると、多くの人がジンを飲むことを勧めるんだ」と苦笑い。イクメンパパの睡眠不足はしばらく続きそうです。

メーガン妃とも友人だった

 イギリスの名門パブリックスクール、イートン校ではウィリアム王子の“ご学友”だったことでも有名なエディですが、実は、ハリー王子と出会う前のメーガン妃とも友人だったようです。

 メーガン妃がヘンリー王子と付き合う前の15年、写真家のジェイソン・ジュリアン・ベイリーは自身のツイッターアカウントに、エディとメーガンさんとのスリーショットをアップしていたのが先日わかったのです。

 これは、会員制クラブのオープニングを祝うため、トルコ・イスタンブールを訪れた時に撮影したもので、もちろん他にも多くのセレブが招待されていたそうです。写真からは、その時の楽しそうな雰囲気が伝わってきます。

 端正なルックス、高い演技力、そしてイクメンの英国紳士・エディ。これからも映画出演、育児と、忙しい日々が続きそうです。

 【Profile】Eddie Redmayne(エディ・レッドメイン)1982年1月6日、イギリス・ロンドン生まれ。98年に英テレビシリーズでデビュー。2012年の映画「レ・ミゼラブル」で注目を集め、15年、映画「博士と彼女のセオリー」で米アカデミー賞主演男優賞を受賞。18年11月、最新作「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」のプロモーションのため来日。

太田万紀子(おおた・まきこ)
海外セレブゴシップライター&エディター。
海外セレブ専門誌編集を経て、現在フリーランスで活動。アンジェリーナ・ジョリー、ビクトリア・ベッカムの子供たちをはじめ、続々デビューする2世セレブのウォッチングに加えて、ジェニファー・ロペス、グウィネス・パルトロウなど、本業の他に子育て、恋愛、サイドビジネスに大活躍のアラフォーセレブの動向に注目しています。
Celeb Extra