役作りに1年、「クイーン」の伝記映画のキャストが来日

News&Column

(左から)ジョン・ディーコン役のジョセフ・マッゼロさん、フレディ・マーキュリー役のラミ・マレックさん、ブライアン・メイ役のグウィリム・リーさん

 イギリスの4人組ロックバンド「クイーン(QUEEN)」のボーカルで、1991年にこの世を去ったフレディ・マーキュリーの波乱万丈の半生を描いた映画「ボヘミアン・ラプソディ」(11月9日公開)。フレディ役のラミ・マレックさんら主要キャスト3人が来日し、都内で行われた記者会見で撮影秘話を語りました。

衣装の着物がお気に入り

 映画仕様の2階建てラッピングバスの前で行われた会見には、スケジュールの都合で欠席したベン・ハーディさん(ロジャー・テイラー役)を除く、マレックさん、グウィリム・リーさん(ブライアン・メイ役)、ジョセフ・マッゼロさん(ジョン・ディーコン役)が登壇しました。マレックさんは「クイーンの音楽には日本のカルチャーが影響している。フレディが日本の着物を着ているシーンがあって、僕も映画で使用した衣装を気に入り、大事に保管している。クイーンは日本公演を50回行ったと聞いている。その地で映画の公開を祝うことができて、大変うれしい」とあいさつしました。リーさん、マッゼロさんも異口同音に「念願だった日本でのプロモーションに来られてうれしい」と喜びを語りました。

ラミ・マレックさん(フレディ・マーキュリー役)

フレディが憑依!?

 マレックさんは、伝説的なロックスター、フレディの役作りでの苦労を聞かれると、「ヒゲをつけたらそれで終わりだよ」とジョークで返しましたが、「他の役なら数週間で用意できるが、今回は1年も時間をかけて、クイーンに関わる全てのインタビューを聞き、コンサートのビデオや、日本の方が撮ったホームビデオなども見た」と語りました。また、フレディのアクセントのクセをつかむために、フレディの母親の話し方を研究するなど、準備万端でフレディ役に臨んだそうです。ステージ上での動きは振付師をつけずに、まるでフレディが憑依ひょういしたかのように「感情のまま自発的に体が動いた」(マレックさん)といいます。

グウィリム・リーさん(ブライアン・メイ役)

 一方、ブライアン・メイ役のリーさんは、実在のロックスターを演じる上で「プレッシャーはあった」と打ち明けましたが、「撮影の早い段階からブライアンとロジャーが現場に来てくれて励ましてくれた。私たちの演技を批判するのではなく、最大限称賛してくれた」と、誇らしげに語りました。

ジョセフ・マッゼロさん(ジョン・ディーコン役)

 マッゼロさんは「クイーンの曲をたくさん演奏してうんざりするかと思ったけれど、撮影が終わった後も、車の中ではカバーした以外の曲も聴いている」と、すっかりクイーンのファンになったと明かしました。(取材:メディア局編集部・遠山留美)

【ストーリー】

 ペルシャ系インド人のフレディ・マーキュリーは、家族でイギリスに移住し、人種差別を受けながら、空港の荷物係などの仕事に就いていた。1973年、学生バンド「クイーン」にボーカルとして加入すると、圧倒的な歌唱力とパフォーマンスで、世界的ロックバンドのフロントマンとして成功する。一方で、フレディは恋人との別れや自身のセクシュアリティーにさいなまれる。バンドは83年に活動を休止したが、85年、20世紀最大のチャリティーコンサート「ライブエイド」で復活し、世界中から喝采を浴びた。しかしフレディは、当時「死の病」と恐れられたエイズ(AIDS=後天性免疫不全症候群)を発症し、91年に45歳の若さで死去する。

(C) 2018 Twentieth Century Fox

 劇中、「キラー・クイーン」「伝説のチャンピオン」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」など名曲の数々が演奏される。クイーンのメンバーであるブライアン・メイとロジャー・テイラーが音楽プロデューサーを務め、製作にも関わった。

 【公開情報】

(C) 2018 Twentieth Century Fox

映画「ボヘミアン・ラプソディ」11月9日(金)から公開
配給:20世紀FOX映画
監督:ブライアン・シンガー
制作:グラハム・キング/ジム・ビーチ
脚本:アンソニー・マクカーテン
音楽総指揮:ブライアン・メイ、ロジャー・テイラー
キャスト:ラミ・マレック、ジョセフ・マッゼロ、エイダン・ギレン、ベン・ハーディ、ルーシー・ボーイントン、トム・ホランダー、アレン・リーチ、グウィリム・リー、アーロン・マカスカー

【予告編・Youtubeへ】

【あわせて読みたい】

松本まりかさん「あざとかわいい」演技でブレイク “暗黒時代”からの転機

福士蒼汰さん ツンデレ猫ナナと「最後の旅」へ

黒木華さん 映画「日日是好日」で師匠役の樹木さん「かっこいい」

レディー・ガガ デビュー10周年に女優としても開花

橋本愛さん、渡辺大知さん「何者にもなれない」若者演じる