リリー=ローズ・デップ ハリウッドで最もクールな若手女優 

セレブ☆スタイル

 ハリウッド・スター、ジョニー・デップと、フランスの女優で歌手のヴァネッサ・パラディの娘として幼い頃から常に注目されてきたリリー=ローズ・デップ。女優兼モデルとして活躍している彼女は、現在19歳。若手人気俳優ティモシー・シャラメと交際中です。

フランス女優としての魅力も

 2世セレブの中でも群を抜く知名度の高さと両親譲りの美貌びぼうで知られるリリー=ローズは、2014年に映画「Mr.タスク」で女優デビュー。この作品には父ジョニーも出演しており、親子初共演と大きく報じられました。そして、デビューからわずか2年後、映画「プラネタリウム」でナタリー・ポートマンと共に、人の心を狂わすファムファタル(運命の女)を演じて話題になりました。

 フランス語が堪能なリリー=ローズは、今年の東京国際映画祭のワールドフォーカス部門で上映されたフランス映画「ある誠実な男」(日本公開未定)に出演。フランスの国民的女優レティシア・カスタも出演しているこの作品で、リリー=ローズは年上の男性に夢中になるイマドキの女の子エヴを演じ、大人の女性へと変貌を遂げつつある様子が伝わってきます。

父ジョニーは「最も愛情深くて優しい人」

 15年にオーストラリアのファッション誌「Oyster」でモデルデビューしたリリー=ローズの人気は、ファッション業界でも高く、16年には、シャネルのフレグランス「N°5ロー」の顔に抜擢ばってきされました。母ヴァネッサもシャネルのアンバサダーを務めており、同じく10代で女優デビューしていることから、英誌「Vogue」に「この母にして、この娘あり」と報じられるなど、親子で注目の的となりました。

 ジョニーとヴァネッサは12年に破局。その後、ジョニーは女優のアンバー・ハードと結婚するものの、DV疑惑が浮上するなどして、泥沼離婚となりました。リリー=ローズは自身のインスタグラムで「パパは私の知っている人の中で最も愛情深くて、優しい人です。私と弟にとって素晴らしい父親以外の何ものでもありません。父を知る人なら全員が同じことを言うでしょう」とジョニーを擁護するコメントを投稿しました。

 しかしジョニーのトラブルはさらに続き、昨年は、契約していたマネジメント会社と金銭トラブルに。今年5月には、元ボディーガードから賃金未払いなどで訴えられたりしています。

 一方、今年6月には、母ヴァネッサが映画監督で作家のサミュエル・ベンシェトリと結婚するというポジティブなニュースも。フランスで行われた結婚式にはリリー=ローズも出席しました。

素顔はシャイな性格

 目力がありカッコイイ系のイメージが強いリリー=ローズは、メディアから“ヤングハリウッドで最もクールな女の子”と評されることも。確かにルックスや醸し出す雰囲気はクールですが、素顔の彼女はイメージとは少し異なるようです。

 米誌「V MAGAZINE」のインタビューでは「なぜ演技が好きかというと、本当にシャイだから。(演じることで)自分を忘れることができるから。自分自身を演じるより、他の誰かを演じることの方がとっても楽なの」とコメント。また、読書好きであるという彼女は、お気に入りの作家として村上春樹を挙げており、長年、彼の作品に夢中だと明かしています。

 先月、リリー=ローズ自身のプライベートな話題がメディアを騒がせました。若手人気俳優のティモシー・シャラメとのデート現場がパパラッチされ、交際が明らかになったのです。2人は、Netflixで来年配信予定の映画「The King(原題)」で共演しています。今年6月にイギリスで撮影がスタートしたことから、急接近したのかもしれません。

 “ジョニデの娘”から、女優としてのキャリアと人気を確立しつつあるリリー=ローズ。公私ともに今後も目が離せません。

 【Profile】Lily-Rose Depp(リリー=ローズ・デップ)1999年5月27日、フランス・パリ生まれ。2014年、映画「Mr.タスク」で女優デビューし、シャネルのモデルを務めるなど、モデルとしても活躍。「コンビニ・ウォーズ バイトJK VS ミニナチ軍団」や「ザ・ダンサー」、「プラネタリウム」などの映画に出演している。

桜井美和(さくらい・みわ)
海外セレブ専門のフリーランスライター&エディター

海外セレブ専門誌編集を経て、現在フリーランスで活動。注目している女性セレブはジジ・ハディッドやケンダル・ジェンナー、セレーナ・ゴメスなど。男性セレブはブラッド・ピットやジョニー・デップらの動向をチェックしている。

CELEB☆TiMES