仏像に一番近いアイドル・みほとけが語る仏像の魅力

インタビュー

 数多くのアイドルが生まれては消えていく「アイドル戦国時代」の今、仏像になりきるという個性的なキャラクターで生き残りをかけるアイドルが「みほとけ」さんです。「仏像に一番近いアイドル」になったいきさつや、仏像の楽しみ方について聞きました。

インテリ担当にはなれない

――みほとけさんは、慶応大学看護医療学部を卒業後、アイドルグループ「WenDee(ウェンディ)」(今年8月中旬に卒業)に所属、昨年5月頃から仏像のものまねをした姿をツイッターでアップしています。きっかけは何だったのでしょうか。

 ウェンディ時代は、大学名や看護師免許を持っていたこともあって「インテリ担当、みほです」って言っていました。でも本当はお笑いが大好きだし、インテリっていうほど頭も良くない。悩んでいた時に、好きだった仏像のものまねをしてみたら、ファンの方々に受けたので、いけるんじゃないかと思ったんです。

――なぜ仏像のものまねをやろうと思ったのですか?

 地元が鎌倉で、母が観光協会に勤めていたこともあり、小さい頃からお寺や仏像は身近な存在でした。ミス鎌倉を務めた時に大法要を見せていただき、「仏教、お坊さんってすごいな」って感動したんです。それで、仏像好きだし、ものまねをしてみたらいいんじゃないかな、と思ったのがきっかけですね。

仏像目指すアイドルは私だけ

――かわいいアイドル姿とのギャップがあります。

普段から作務衣を着ているそうです

 アイドルで個性を出していくのって難しいんです。いろんなタイプの子がいて「飽和状態」。仏像の面白さに気づいた時、「仏像を目指しているアイドルなんていない」と思い、いろいろやってみようと。周囲の人に「面白い」と背中を押して頂いたのも大きかったです。

――そもそもなぜ、アイドルになろうと思ったんですか?

 中学生の頃、AKB48に入りたくてオーディションを受けたら受かったんです。9期生で横山由依ちゃんや島崎遥香ちゃんと同期でした。でも、学校や親にも内緒で受けていたので、大反対されてしまい、辞退することになって。その雪辱を果たすべく、大学に入ってから、ウェンディのオーディションを受けたんです。

身近なもので変身

――ものまねはどうやっているのでしょうか。

 袈裟けさはレースカーテン、坊主頭はストッキングをかぶり、耳の部分はストッキングの足先を切って丸めて耳にかけています。棒を持つ時は家にあった古い蛍光灯を使います。宝珠(先が少しとがった玉)はタマネギですね。仏像に親近感を持ってもらいたくて、身近にあるものを使って表現しています。顔はメイクで似せるようにしています。

――お坊さんから怒られたことはありませんか?

 それが一度もないんです。逆に「面白いね」と言っていただけます。今年の「ニコニコ超会議」(千葉・幕張メッセ)で行われたイベント「袈裟コレクション」では司会を務めました。

アイドルや戦隊ものと思って

――仏像というと、なかなかとっつきにくいイメージがありますが、みほとけさんのツイッターを見ていると、楽しそうです。東京国立博物館(東京・上野)で開催されている特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」では、鎌倉時代に活躍した仏師、運慶の弟子・定慶が作った「六観音菩薩像」や、快慶の晩年の名品として知られる「十大弟子立像」などが展示されています。楽しみ方を教えてください。

特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」の様子

 例えば、観音様は、人々を助けるシーンや目的によって姿を変えることができるので、まるで変身する戦隊ヒーローみたいなんです。お釈迦しゃかさまの弟子の中でも、とりわけ優れていた人物10人を取り上げた「十大弟子」は、それぞれ得意なことが違うので、個性豊かなアイドルグループ。そういう視点で見ると面白いですよ。

――十大弟子の中で、みほとけさんはどれが好きですか?

十大弟子の一人、富楼那に変身

 私はMCがうまくなりたいので、どんな人でも説得できる「説法第一」の富楼那ふるなが好きですね。なんとなく顔の輪郭も自分に似ているので、まねもしやすいんです。次に好きなのは阿那律あなりつ。お釈迦さまの説法中に居眠りしちゃったことを反省して、眠らないでいたら目が見えなくなってしまったと言われている人です。代わりに心の目が開いて、何でも見通せるようになったのですが、針に糸を通せなくてお釈迦さまに通してもらった、というエピソードが好きですね。

お気に入りの仏像見つけて

――とても詳しいですね。

 エピソードもそうですが、一人ひとりの個性的な顔立ちも飽きません。あと、鑑賞する時は、より迫力が感じられるように、しゃがんで見るのがオススメです。ぜひ、お気に入りの仏像を見つけてください。

(取材・文/山口千尋、写真/高梨義之)

みほとけ

 本名・野口実穂。1994年、神奈川県生まれ。2015年にアイドルグループ「WenDee」に加入。16年ミス鎌倉。ツイッターに仏像の物まね画像を投稿して話題に。

特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」

東京国立博物館 平成館特別第3・4室
〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9
電話:03-5777-8600(ハローダイヤル)
2018年10月2日(火)~2018年12月9日(日)
一般 1400円 / 大学生 1000円 / 高校生 800円 / 中学生以下 無料