シャーリーズ・セロン 壮絶な役作りをするオスカー女優

セレブ☆スタイル

 映画「タリーと私の秘密の時間」(公開中)で役作りのために約23キロも増量し、育児に奮闘する母親を演じているシャーリーズ・セロン。プライベートでの彼女は2人の養子がいるシングルマザーです。

養子を育てることは人生の一部

 過去にスチュアート・タウンゼントやショーン・ペンら人気俳優と交際していたシャーリーズですが、現在、彼女の愛情を一身に受けているのがジャクソン君とオーガストちゃんです。

 シャーリーズは、2012年に自身の故郷である南アフリカからジャクソン君を、15年にはアメリカかでオーガストちゃんを養子に迎えました。

 米誌「ELLE」のインタビューによると、20代の時はパートナーと一緒にバックパックで旅行をしたり、夜遊びをしたりと自由な生活を送っていましたが、パートナーと別れてからは、母親になりたいという欲求を強く感じるようになったのだとか。「パートナーがいる時でも、私にとって養子を育てることはいつも一番の選択だった」「(養子を育てることは)人生の一部でなければならなかった」ともコメントしています。

 しかし、養子を迎えるまでのプロセスにおいては精神的な苦労があったそう。それを乗り越えて母親となった彼女は、自身を振り返って、「20代や30代の時よりも現在の40代の自分を愛している」と明言しています。

Charlize Theronさん(@charlizeafrica)がシェアした投稿

“ワンオペ育児”で疲れ切った母親を熱演

 「タリーと私の秘密の時間」は、そんなシャーリーズが母親の顔をのぞかせている作品。人に頼らず、仕事、家事、育児と頑張り過ぎていた主人公マーロ(シャーリーズ)が、夜間だけのベビーシッター、タリー(マッケンジー・デイヴィス)との交流によって、本来の自分を取り戻していくという物語です。

 シャーリーズは産後うつ病に苦しむ役を演じるため、50ポンド(22.6キロ)も体重を増やしたそうです。役作りのために体形を変えることはこれが初めてではなく、米アカデミー賞主演女優賞を受賞した03年の映画「モンスター」でも30ポンド(13.6キロ)増やしていました。

 けれど、42歳(撮影当時)のシャーリーズは、27歳だった「モンスター」の時よりも減量するのがかなりキツかったと米誌「People」に語っています。

 米情報番組「Entertainment Tonight」のインタビューでは、体重を増やすために、人生で初めてたくさんの加工食品と加糖飲料を摂取したことで、うつ状態になり、増えた体重を元に戻すのに1年半を要したと明かしました。

 そんな努力のかいもあって、ワンオペ育児に奮闘するマーロの姿はとてもリアル。シャーリーズは、映画をた多くの父親から、母親の苦悩を知らなかったと打ち明けられたといい、「妻は夫に自分の気持ちを伝えることが重要だ」とコメントしています。

「#MeToo」時代をリードする女優に

  オスカー女優となり、アクションスターとしての地位も確立し、さらには映画のプロデュースを手がけているシャーリーズですが、男性社会であるハリウッドならではの苦労もあったそうです。オーディションの際に、自分の尊厳がそれほど重要ではないと感じたことがあったと、米紙「シアトル・タイムズ」のインタビューで明かしています。

 16年に公開された映画「スノーホワイト/氷の王国」でシャーリーズは、共演のクリス・ヘムズワースと同額の1000万ドル超のギャラを要求。結果的に彼女は勝ち取ることができましたが、「家計を支えなければならなかったり、役を降ろされる恐怖があったりで、他のすべての女性が同じように主張できるとも限らない。そういう女性を私は手助けしたいの」とシャーリーズは語っています。

 今年2月に行われたイベントでは「#MeToo」運動について、「私たち女性としての成功は、お互いをサポートし、この瞬間を止めないことによってもたらされると考えているわ」とコメントしました。

 今年5月、セクハラ被害を訴えた実在の女性キャスターを描いた映画で主演することが明らかになったシャーリーズ。「『#MeToo』時代に最も期待されている映画の一つ」と報じられるなど、大きな注目が集まっています。

Profile】Charlize Theron(シャーリーズ・セロン)1975年8月7日、南アフリカ・ハウテン州生まれ。モデルとして活動した後、ハリウッドで女優としてのキャリアをスタートし、映画「2 days トゥー・デイズ」でデビューする。「モンスター」でアカデミー賞主演賞を受賞。「スタンドアップ」「ヤング≒アダルト」「スノーホワイト」シリーズなど、数々のヒット作に出演している。

Charlize Theronさん(@charlizeafrica)がシェアした投稿

【あわせて読みたい】

トム・クルーズさん 全治9か月の骨折、6週間で撮影現場に復帰

「驚くほど美しい」メーガン妃のドレスの伝統とダイバーシティー

桜井美和(さくらい・みわ)
海外セレブ専門のフリーランスライター&エディター

海外セレブ専門誌編集を経て、現在フリーランスで活動。注目している女性セレブはジジ・ハディッドやケンダル・ジェンナー、セレーナ・ゴメスなど。男性セレブはブラッド・ピットやジョニー・デップらの動向をチェックしている。

CELEB☆TiMES