ヘイリー・ボールドウィン 「ミセス・ビーバー」の座を射止めたセレブ

セレブ☆スタイル

ヘイリー・ボールドウィン(インスタグラムのスクリーンショット)

 7月初めに、大人気ポップ歌手ジャスティン・ビーバーとの婚約のニュースが世界中を駆け巡り、一躍、時の人となったヘイリー・ボールドウィン。どんな人物なのか、気になります。

有名人ファミリー出身の2世セレブ

 未来の「ミセス・ビーバー」となるヘイリー・ボールドウィンは、モデルとして活躍中の21歳。父親は映画「ユージュアル・サスペクツ」「7月4日に生まれて」などに出演した俳優のスティーヴン・ボールドウィンで、伯父は人気テレビ番組「サタデー・ナイト・ライブ」でトランプ大統領の物まねをして話題になった有名俳優アレック・ボールドウィン。アレックの元妻は大女優のキム・ベイシンガーという、有名人ファミリー出身の2世セレブです。

Hailey Baldwinさん(@haileybaldwin)がシェアした投稿

 ブラジル人の元モデルを母に持ち、抜群のスタイルのヘイリーを周囲が放っておくわけもなく、2014年にモデルの仕事をスタートしたそうです。「ラルフローレン」や「トミーヒルフィガー」のキャンペーンモデルを務めるなど、さまざまな仕事をこなして、着実にモデルとしてのキャリアを歩んでいます。

 また、ケンダル&カイリー・ジェンナー姉妹、ジジ&ベラ・ハディッド姉妹といった大人気モデルたちと子どもの頃から仲が良いヘイリーには、SNSの影響力という彼女たちとの共通点があります。ヘイリーも1400万人超のフォロワーがいるインフルエンサーのひとりで、その私服ファッションは若い世代から大注目を集めています。

ジャスティンのファンだった

 米サイト「ピープル」によると、ヘイリーとジャスティンの出会いは2009年。当時、ヘイリーはまだローティーンでした。その後、ふたりは友人から恋人の関係になったものの、やがて破局。しかし、今年6月頃に復縁し、7月のスピード婚約となりました。

 ヘイリーが以前からジャスティンの熱狂的なファンだったことは、過去の数々のツイートからもうかがえます。ジャスティンはかつて、歌手セレーナ・ゴメスと破局と復縁を繰り返していました。ふたりは、ファンが名前を合わせて“ジェレーナ”と呼ぶほどのカップルでした。ヘイリーも“ジェレーナ”のファンだったようで、数年前には「誰がなんと言おうと気にしない。ジャスティンとセレーナが一緒にいるのは10代の夢よ」などとツイートしていたのです。

ジャスティンに婚約指輪をプレゼント

 バハマで婚約したジャスティンとヘイリーは、米国に帰国後すぐに婚約指輪のサイズ直しのため宝石店へ。そこでヘイリーは、ジャスティンに「JB」のイニシャルが刻まれた特注のダイヤモンドの婚約指輪をプレゼントし、自分には「Baby」と刻まれたリングを買ったと報道されています。

Justin Bieberさん(@justinbieber)がシェアした投稿

 そんなゴージャス婚約が話題のふたりですが、結婚式については、家族だけのこぢんまりとした式を希望しているとのウワサ。日程など詳細はまだ一切わかっていませんが、世界中が注目しています。

【Profile】Hailey Baldwin(ヘイリー・ボールドウィン)1996年11月22日、アメリカ・アリゾナ州生まれ。14年からモデルの仕事をスタート。米ブランド「ゲス」「ラルフローレン」などの広告に登場するかたわら、セレブ同士のラップ対決番組「Drop The Mic」の司会を務めるなどテレビ界でも活躍。今年7月、ジャスティン・ビーバーと婚約。

【あわせて読みたい】

トム・クルーズさん 全治9か月の骨折、6週間で撮影現場に復帰

「驚くほど美しい」メーガン妃のドレスの伝統とダイバーシティー

太田万紀子(おおた・まきこ)
海外セレブゴシップライター&エディター。
海外セレブ専門誌編集を経て、現在フリーランスで活動。アンジェリーナ・ジョリー、ビクトリア・ベッカムの子供たちをはじめ、続々デビューする2世セレブのウォッチングに加えて、ジェニファー・ロペス、グウィネス・パルトロウなど、本業の他に子育て、恋愛、サイドビジネスに大活躍のアラフォーセレブの動向に注目しています。
Celeb Extra