トム・クルーズさん 全治9か月の骨折、6週間で撮影現場に復帰

News&Column

約2年ぶり、23回目の来日を果たしたトム・クルーズさん

 米俳優のトム・クルーズさんが、主演作「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」(8月3日公開)のPRのため来日し、18日に都内で記者会見を行いました。約2年ぶり、通算23回目の来日となるクルーズさんは「家に帰ってきたような気がする」とあいさつし、命がけで撮影した映画について熱い思いを語りました。

 今作は「ミッション:インポッシブル」シリーズの6作目。クルーズさんは、ビルの屋上から隣のビルへ飛び移るシーンを撮影中、足首を骨折する重傷を負い、撮影が一時中断するというアクシデントに見舞われました。クルーズさんは「ビルの壁にぶつかった時に『折れた』と思った」と率直に語りました。「けれど芝居上、カメラの前を通過しなければいけないので、起き上がり、痛いのを我慢して走ったんだ。このシーンはそのまま映画に取り入れられています」と笑顔で振り返りました。

 その時点で撮影は半分ほど終わっていたのだそうですが、「脚本が最後まで出来上がっていなかった。だから(トムのケガで)時間が稼げた(笑)」と、会見に同席したクリストファー・マッカリー監督が明かしました。

 クルーズさんは「病院では、医師に『治るのに6か月から9か月はかかる』と言われたけれど、僕は『6週間で撮影現場に戻りたい』と言ったんだ。医師はあきれた顔をしていたけど、結局、6週間後に撮影に戻れた」と驚きの状況を話しました。

 崖の上での激しい戦闘シーンが、骨折から復帰して初めてのシーンだったそうですが、クルーズさんは「そのときも、もちろんケガは完治していなかった」と発言し、報道陣を驚かせました。

(左から)ヘンリー・カヴィルさん、クリストファー・マッカリー監督、トム・クルーズさん、サイモン・ペッグさん

 「ミッション:インポッシブル」シリーズの監督は毎回代わるのが定番でしたが、今作は前作「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」に引き続き、マッカリー監督がメガホンを取りました。「前作を撮り終えたあと、『次回作の監督はかわいそうだ。だって(ローグ・ネイションで)全てやり尽くしたから』と思っていたのに、まさか、また自分がやるとは……」と話し、笑いを誘っていました。

 アクションシーン満載の今作ですが、それでも少々カットしたそうです。「テスト試写をした際に、アクションが多すぎると言われたんだ」とマッカリー監督。数々のアクションシーンをこなした共演者ヘンリー・カヴィルさんとサイモン・ペッグさんに小声で謝ると、ペッグさんは「DVDを楽しみにしているよ(笑)」と返答。撮影中のチームワークの良さを反映するような雰囲気を醸し出していました。

 「毎日がチャレンジだ」と話すクルーズさんは、撮影前の1年半の間、ヘリコプターの操縦の訓練を受けたそうです。クルーズさんがヘリコプターを駆使するシーンは見どころの一つとなっています。

 「どんな映画でもチャレンジし続け、観客のみなさんのために、私は人生を映画にささげている」と話すクルーズさん。「観客のみなさんには、映画を“見る”のではなく、“経験”してほしい」と熱く語っていました。