始球式27回! 神スイングの稲村亜美さん、夢は五輪リポーター

DTDX×OTEKOMACHI

 特技の野球を生かして活躍中のタレント・稲村亜美さん。始球式などでダイナミックなピッチングフォームを披露することも多く、ゲスト出演した「ダウンタウンDX」(日本テレビ系、24日午後10時から放送予定)では、中学生の野球大会の始球式で大勢の球児に取り囲まれたことも紹介されます。番組の収録後、野球との出会いや、あと2年に迫った東京オリンピックへの思いを聞きました。

――収録を終えての感想は?

 ダウンタウンDXにはこれまでも何回か出演させていただいて、現場の雰囲気にはだいぶ慣れました。でも、何回出てもなかなかうまくしゃべれないので、本当に難しいなと感じますね。

――稲村さんと言えば、「野球」のイメージが強いですね。とりわけ、プロ・アマ問わず、始球式に招かれることが多いと思います。今まで始球式には何回ぐらい出ているのですか?

 27回です。毎回、少しでも良いパフォーマンスをしたいと思いながら、ストライクゾーンをめがけて思いっきりボールを投げています。球速は103キロが最速。始球式以外では105キロを出したことがあります。

野球経験ムダではなかった

――小学校1年の時に野球を始めたそうですね。

 兄が2人いて、2人とも野球をやっていました。それで、自然な流れで私も野球をやるようになって、中学3年生までの9年間続けました。小学校時代のチームには、各学年に女の子が私ともう1人ぐらいいたのですが、中学生になってシニアリーグでプレーする頃には、私の住んでいた地域では女子選手は私一人だけでしたね。

――将来、タレントになって野球に関わる仕事で活躍するなんて、想像していましたか?

 まったく想像もしていませんでした。高校入学後は野球をやめていましたし。中学までの野球経験がムダにならなかったので、すごくうれしいです。

徳井さんにデッドボール当てた

――芸能界に入ったきっかけは?

 高校では部活にも入らず、何もやることがなくて。そんな時、たまたま池袋でスカウトされて「(タレント活動を)やってみよう」と。元々、芸能界へのあこがれもありましたし。

――稲村さんが一躍、注目を浴びたのは、2015年のトヨタ自動車のウェブCMでしたね。ラストシーンにOL風の格好をして登場した稲村さんが、豪快なバットスイングでホームランを放つ演出が「神スイング」と絶賛されました。

 あのCMがきっかけで、多くの方々に私のことを認知してもらえたんじゃないでしょうか。自分のやってきた野球があんなふうにCMに使われるなんて、まったく考えてもいなかったし、反響も大きくて驚きました。野球をやっていた頃のチームメートの父兄の方に「あれは亜美なんだね」と言われたり(笑)。

――今は野球チームに入っていないのですか?

 (お笑いコンビの)スピードワゴンの小沢(一敬)さんの草野球チームに入っています。紅白試合をすることが多くて、私はピッチャーをしたり、セカンドやショートを守ったりしています。

――100キロ台のスピードで投げられたら、相手バッターはそんなに打てないのでは?

 いやいや、私、コントロールが悪いんですよ。この間も、(お笑いコンビ・チュートリアルの)徳井(義実)さんにデッドボールを当てたばかりなんです(笑)。

オリンピックのリポーターになりたい

――仕事の面で何か目標はありますか?

 大きな目標の一つが、2年後の東京オリンピックでリポーターとしてお仕事をすることです。東京オリンピックでは、野球とソフトボールが競技種目に復活しますし、野球に限らず、いろんなスポーツに関わってみたいと思っています。オリンピックが東京で開催されるのが決まった時はまだ高校生で、「学校の先生たちがずいぶん喜んでいるな」ぐらいの感覚だったんです。まだスポーツ関係の仕事もしていなかったし、あまりピンとこなかったのですが、その後、いろんなアスリートの方にお会いするようになったことで、今はオリンピック関係の仕事に関わりたいという思いが強いです。でも、オリンピックまであと2年。なんだか焦りますね。

――他に関心事は?

 バク転です。バク転ができるようになりたいです。

――なぜ?

 一芸を持っているって、いいじゃないですか。今まで「特技は?」と聞かれて、野球ぐらいしか答えられなかったので、「特技・野球、趣味・バク転」にしたいです。バク転ができるようになれば、体操関係の仕事もいただけるかもしれませんし。バク転を教えてもらえる教室に通おうと思っているんです。

――健康のために気をつけていることはありますか?

 暴飲暴食が激しいので、しないように気をつけています。誘われて、つい夜中におすしを食べたり、焼き肉を食べたり、お酒をたくさんいただいたりしてしまうんですよ。これ以上、体重が増えるのが怖いので、この春からジムに通うようになり、ヨガも始めました。

――「こんな人生を歩みたい」といった願望はありますか?

 今までもけっこう幸せな人生を送ってきていると思っているので、これからもこのまま、にこやかに過ごしていきたいですね。将来的には子供を3人産みたいと思っています。私自身が3人きょうだいなので、子供は3人がいいです。

【あわせて読みたい】
小島瑠璃子さん「バラエティーの企画で歌を出したい!」
りゅうちぇるさん パパになっても「ありのままで」
浜口京子さん つらいときも「大丈夫、私には乗り越えられる」

稲村 亜美(いなむら・あみ)

1996年生まれ。東京都出身。15年4月、トヨタ自動車のウェブCMでの豪快なバッティングが「神スイング」として話題となる。現在、バラエティー、スポーツ番組、CM出演など幅広く活躍中。