高橋一生さん “運命の恋”に落ちる現代版「シンデレラ」に仏女優と出演

News&Column

役への思いを熱く語る高橋一生さん

 俳優の高橋一生さんがフランスの宝飾ブランド「ブシュロン」のオリジナルショートフィルム「Cinder Ella(シンデレラ)~ある愛と自由の物語~」に出演することになり、4月26日に東京都内で行われた制作発表会に出席しました。

 この作品はブシュロン創業160周年記念プロジェクトで、フランスの詩人シャルル・ペローの童話「シンデレラ」を現代的に再解釈。共演は、ブシュロンのアンバサダーを務める仏女優のレティシア・カスタさん。芥川賞作家の本谷有希子さんが脚本を、話題のミュージックビデオを数多く手がける映像ディレクター・関和亮さんが監督を担当し、豪華な制作陣も話題を呼びそうです。

 ストーリーは、恵まれない環境で生きる女性(カスタさん)と、城に住む男性(高橋さん)が、お互いにかれあいながらも、ままならない恋の行方を描きます。

高橋一生さんとレティシア・カスタさん

 高橋さんは、「この役をいただけたことは非常に光栄です。歴史あるブランドの世界観を損なわないように、できる限り自分ができるお芝居をやるという思いで演じました」と話しました。

 “運命の恋”に落ちる役について、高橋さんは「自分の思う正しさを貫くことは、誰かの正しさとぶつかることでもありますね。その中で、どうやってすり合わせをしていくのかが恋愛の駆け引きだと思います。これを役として体験することによって、(彼らの気持ちが)自分の心の中でに落ちていくことは多かった」と話します。

 今回、日本の映画人と仕事をするのが初めてというカスタさんは、「シンデレラは非常に良く知られたストーリーですが、今回の作品には少しの毒があって、オリジナルな形で表現されているところが、とても面白いと思いました」と振り返ります。

 ラブストーリーなのに、高橋さんとカスタさんは別撮りが多かったため、会見前日の東京での撮影がなんと初対面だったそう。「高橋さんとお会いしたのは(昨日の)シーンが初めてで、2回目にお会いした時には、私は彼の腕の中に抱きしめられていました」とカスタさんが明かし、会場は笑いに包まれました。なかなか会えない設定の2人ということで、あえてそのような撮り方にすると監督が決めたそうです。

 同作は、5月24日からブシュロンの公式ホームページなどで公開されます。

「Cinder Ella(シンデレラ) ~ある愛と自由の物語~」から(BOUCHERON)