「レッド・スパロー」ジェニファー・ローレンスの鮮烈な女スパイ

シネマレビュー

「レッド・スパロー」(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

 肉体関係を利用して、工作対象を操る。「スパロー(スズメ)」とは、そんなハニートラップ専門の情報員のこと。過酷な任務を遂行するロシアの女スパイを、陰のある美貌びぼうが魅力のオスカー女優、ジェニファー・ローレンス=写真左=が演じる。元CIA局員によるベストセラー小説の映画化。

 ボリショイ・バレエ団に所属するドミニカ(ローレンス)は、大けがを負い、バレリーナの道を断たれる。救いの手を差し伸べたのはロシア情報庁幹部の叔父。一晩だけ国家のために働けば、病気の母の治療費を援助するという。だが、彼女をスパローに仕立てるのが真の狙い。ワナにはめられたドミニカは、養成学校へ送られる。

 そこでの“授業”が実に陰惨だ。監督官に皆の前で「服を脱げ」と命じられるのは序の口。暴力とエロチシズムのにおいが漂い、目を背けたくなるシーンも。しかし、生き残るために腹をくくったヒロインは、氷のような表情で突き進む。一糸まとわぬ姿で周囲に向ける、挑むようなまなざし。これほどパワフルなヌードも珍しい。「ハンガー・ゲーム」シリーズでも彼女とタッグを組んだフランシス・ローレンス監督が、女の生まれ変わる瞬間を鮮烈に映し出す。

 激しい国際諜報ちょうほうの一端がうかがえるニュースも多いだけに、二重スパイを巡って情報庁とぶつかるCIA捜査官がお人よし過ぎる気もしたが、ローレンスの渾身こんしんの演技が見られたら満足だ。2時間20分。TOHOシネマズ日比谷など。(山田恵美)