シンシア・ニクソン 「SATC」のミランダがニューヨーク州知事を目指す

セレブ☆スタイル

3月20日、ニューヨーク・ブルックリンでニューヨーク州知事選へのキャンペーンをスタートさせたシンシア・ニクソン(ロイター)

 大人気ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ(SATC)」でキャリアウーマン弁護士のミランダ・ホッブスを演じたシンシア・ニクソン。先月、ニューヨーク州知事選に民主党から立候補することを発表しました。

「ニューヨークを愛している」

 シンシア・ニクソンは3月19日、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のツイッターに投稿した動画で出馬宣言。動画ではまず、シンシアが家族と過ごす様子が映し出され、「ニューヨークは私のホームです。私はニューヨークで育ち、子供を育てています」と地元愛をアピールしています。続いて、高層ビル街と老朽化した家が並ぶ貧困エリアを映し、「ニューヨークは全米で最も不公平な州だ」とし、地元を愛するがゆえに「変化が必要」と、立候補の理由を明かしています。

 そうした自身の考えや信条を述べるシンシアの姿は、SATCのミランダを彷彿ほうふつさせるものがあり、ドラマのファンにとってシンシアの選挙活動は、昨秋に製作中止が発表されたSATCの映画版第3弾の代わりになるかもしれません。

女優、母、活動家として生きる

 SATCで世界的に知られるようになったシンシアですが、14歳でブロードウェー・デビューし、舞台女優としては米演劇界で最も権威があるトニー賞を2006年と17年に受賞しています。

昨年の第71回トニー賞では「子狐たち」で演劇助演女優賞を受賞しました(ロイター)

 米テレビ界の最高峰・エミー賞も04年と08年に受賞しており、09年には朗読を担当した「不都合な真実」のオーディオブックでグラミー賞を受賞するなど、舞台、テレビ、映画、朗読と幅広く活躍している実力派です。

 私生活では、元パートナーの男性との間にもうけた2児と、12年に同性結婚したクリスティン・マリノニさんが第三者からの精子提供を受けて出産した1児の、計3人の子どもがいます。さらに社会的活動にも早くから興味を示していて、「13歳から避妊、人工中絶について声を上げていました。そして、母親が乳がんサバイバー(経験者)だったので、早期発見の大切さを訴えてきました。妻(クリスティンさん)と付き合い始めてからLGBTQ(性的少数者)のための活動もしています」と米誌「グラマー」のインタビューで語っています。なかでも、過去17年間で最も力を入れてきたのは、公立校への資金調達だといいます。そんなシンシアにとって、政治家への転身は自然な流れだったのかもしれません。

共演者も応援を表明

 シンシアの知事選立候補を受け、SATCの共演者たちも次々とサポートを表明しています。

2010年、東京で行われた映画「セックス・アンド・ザ・シティ2」のフォトコールにて。左から、シンシア、クリスティン・デイヴィス、キム・キャトラル、サラ・ジェシカ・パーカー、マイケル・パトリック・キング監督(ロイター)

 キャリー役のサラ・ジェシカ・パーカーは写真共有サービスのインスタグラムに「私の愛とサポートと投票はあなたのものよ」と投稿し、シャーロット役のクリスティン・デイヴィスはツイッターで「彼女以上に、すべての人が公平な変化と良い教育を受けられるようにと考えている人はいない」と太鼓判。サマンサ役のキム・キャトラルも「すべての元共演者が自分でキャリアを選択する権利をリスペクトし、サポートする」とツイートしました。

 9月13日の民主党予備選で候補に選ばれ、11月6日に行われる州知事選で当選すれば、女性初、そして同性愛を公表している初めてのニューヨーク州知事となるシンシア。まずは予備選に注目です。

 【Profile】Cynthia Nixon(シンシア・ニクソン)1966年4月9日、アメリカ・ニューヨーク州生まれ。80年、「フィラデルフィア物語」でブロードウェー・デビューして以来、舞台、映画、テレビ等で活躍。98年から出演したテレビドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」で主要キャストのひとりミランダ・ホッブスを演じ、世界的にブレイクした。今年3月、ニューヨーク州知事選への立候補を表明。

 

Old friends ran into each other at a @tmagazine shoot today…miss you @sarahjessicaparker ❤️

Cynthia Nixonさん(@cynthiaenixon)がシェアした投稿 –

【あわせて読みたい】

ミランダ・カー モデルからビジネスにシフト中

マライア・キャリー 減量成功で新たなスタート?

カーリー・クロス 世界を変える「リケジョ」なスーパーモデル

太田万紀子(おおた・まきこ)
海外セレブゴシップライター&エディター。
海外セレブ専門誌編集を経て、現在フリーランスで活動。アンジェリーナ・ジョリー、ビクトリア・ベッカムの子供たちをはじめ、続々デビューする2世セレブのウォッチングに加えて、ジェニファー・ロペス、グウィネス・パルトロウなど、本業の他に子育て、恋愛、サイドビジネスに大活躍のアラフォーセレブの動向に注目しています。
Celeb Extra