「ペンタゴン・ペーパーズ」名優とスピルバーグの思いを込めた社会派ドラマ

シネマレビュー

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」©Twentieth Century Fox Film Corporation and Storyteller Distribution Co., LLC.

 一流の落語家が語れば、「魚を三枚におろす」手順ですら、聞く人を笑わせることができる。同じように、名人が演出し、名優が演じれば、まじめなテーマの社会派ドラマも、一級の娯楽作になる。

 監督はスティーブン・スピルバーグ、主演はメリル・ストリープとトム・ハンクス。1971年、泥沼化していたベトナム戦争について調査・分析した政府の機密文書の存在を、政権の圧力に屈せずに報じたワシントン・ポスト紙の、実話に基づく物語である。

 死んだ夫の後を継いで、同紙の発行人となったキャサリン・グラハム(メリル・ストリープ=写真右)。報道経験のない女性経営者を、編集主幹ベン・ブラッドリー(トム・ハンクス=同左)らは、あまり信頼していなかった。

 そんな中、ライバル紙ニューヨーク・タイムズが、歴代政権がつき続けてきたウソを暴く文書をスクープ、しかし裁判所から出版差し止め命令を受ける。ポスト紙も文書を入手して掲載を試みるが、経営陣や弁護士は、会社の将来を危険にさらすとして、「待った」をかける。

 報道の自由か、会社の存続か――。後世の部外者なら、前者を選ぶのが当然だ、という建前を語れるが、当時の関係者の葛藤はいかばかりだったろう? 専業主婦だった女性が、国家を揺るがす重大な決断を迫られる。その戸惑いや苦悩を、ストリープがこまやかに演じる。いつものことだが、本当にうまい。硬骨漢を演じたハンクスは、いつもよりちょっと格好良く見える。

 主な舞台は新聞社やグラハムの自宅。文書を公表するか、見送るかを議論するシーンが中心で、極秘文書は割と簡単に手に入る。古くは「大統領の陰謀」、最近では「スポットライト 世紀のスクープ」のように、真実に迫っていく面白さには乏しいが、競合する新聞各紙が共闘する一幕、グラハムとブラッドリーの心が一つになる瞬間に、胸が熱くなる。その後ポスト紙が追及する、あの事件につながるラストシーンも心憎い。

 スピルバーグ監督は、製作準備中だったSF大作をおいて、この映画に取りかかった。背景には、トランプ政権の誕生があったとされる。「報道の自由は、報道によって守られる」「新聞は、権力者のためではなく、国民のためにある」。言うまでもないことだが、今、言わねばならないことなのだろう。1時間56分。TOHOシネマズ日比谷など。(田中誠)