歌舞伎俳優・中村萬太郎さん「歌舞伎は難しいから面白い」

インタビュー

 歌舞伎俳優の中村萬太郎まんたろうさんが、3月3日から国立劇場(東京・半蔵門)で始まる歌舞伎公演に出演します。演目は「梅雨小袖昔八丈つゆこそでむかしはちじょう髪結新三かみゆいしんざ―」。髪結いの新三が身代金目当てに、材木商の娘を誘拐したものの、老かいな長屋の大家にしてやられる……。江戸情緒と人情の機微が生き生きと描かれた世話物の名作です。新三の弟分・下剃勝奴したぞりかつやっこを演じる萬太郎さんが、役者としての熱い思いや歌舞伎の魅力を語ってくれました。

勝奴は芝居全体をサポートする、潤滑油のような存在

―――「梅雨小袖昔八丈」で、萬太郎さんが演じられる下剃勝奴はどのような役でしょうか。

 このお芝居は通称「髪結新三」と申しまして、尾上菊之助さんが主役の新三を演じます。勝奴は新三の弟分で、一緒に暮らしながら仕事や身の回りの世話をします。髪結い道具の手入れをするなど、新三のサポートをする役回りです。

―――新三は男前の小悪党で、大店のお嬢さんを誘拐して金をせしめる、いわば「女の敵」。弟分の勝奴も小悪党ですよね。

 誘拐に一役買っているので、勝奴も真っ当な人間とは言えません。悪いところも含めて、兄貴分の新三を目指しています。自分で言うのも何ですが、私はいい人に見られがちなんです。だから、勝奴とはやや遠いところにいるわけで。「悪いやつだけど、嫌なやつじゃない」という勝奴を演じようと思っています。

「先輩方の芝居を見ることも大事ですね。そういう意味では恵まれています。毎日、歌舞伎が見られる環境にありますから」。歌舞伎への情熱が伝わってくる

―――勝奴の見せ場を教えてください。

 勝奴は主役である新三の邪魔をしない、さりげない芝居が要求されます。そのうえで、新三とは別の視点を持った芝居も見せていく。例えば、新三が長屋の大家さんに丸め込まれて15両取られてしまいますが、勝奴は先に「これはおかしいぞ」と気がつきます。このとき、私のセリフの言い回しや芝居で、お客さまの笑いを誘えたらいいですね。勝奴は潤滑油のような存在だと思っています。新三だけでなく芝居全体をサポートする重要な役割ですが、それをお客様に悟られてはいけないという難しさがあります。

きりっとした着物姿に思わずうっとり。「以前は、着物は母が選んでいましたが、結婚してからは自分で選んでいます」と萬太郎さん

―――「髪結新三」のような世話物と呼ばれる演目では、江戸の人々の暮らしや、市井の風物、季節感などが描かれます。時代性を出すため、特に工夫されることはありますか。

 世話物を演じるときは、その時代の生活感を大切にします。演じることを超えて、「そこで生活している」ことが大事。そうでないと芝居に説得力が生まれません。歌舞伎役者は日頃から着物を着る機会も多いですし、1か月のうち25日間、休みなく舞台に立ち、3、4日空けて次の稽古に入る。このような生活が一年中続きますから、場数という意味では、歌舞伎以外の役者さんより圧倒的に多いです。先輩方の歌舞伎の舞台を見ることや、自分自身も舞台に立つことで、その時代の生活感を肌身に染みつかせるようにしています。江戸を知らないお客さまに「どこか懐かしい」と共感していただける芝居をしたいと思っています。

自分の器を広げながら、演じる役をステップアップ

―――歌舞伎には、女形、立役(男役)、敵役などの役柄があります。萬太郎さんは立役が多いですね。お好きな役はありますか。

 私は荒事(武士や鬼神などの荒々しさを誇張して演じること)が好きですね。自分の中のすべてを解放して、バーンと押し出せる。例えば、国立劇場でやらせていただいた「菅原伝授手習鑑すがわらでんじゅてならいかがみ」(車引)の梅王丸ですね。男らしくて豪快な役です。(故・十代目)坂東三津五郎のおじさまから丁寧に稽古をつけていただいて、これも貴重な経験になりました。おじさまは、どんな役でもしっかり仕事をこなされる、いぶし銀のようで、かっこいい方でした。私が目指している、あこがれの歌舞伎役者の一人です。

舎人梅王丸 平成26年3月歌舞伎公演「菅原伝授手習鑑」吉田社頭車引の場(国立劇場提供)

―――先々にやってみたいと思う役はありますか。

 とてもありがたいことに、私は階段を上がるように役をつけていただいています。例えば、『魚屋宗五郎』という演目ですと、最初に演じたのがとびの吉五郎、次が宗五郎の弟分・三吉で、その次がお殿様――。いきなり大役がついても、器に合っていなければ受け止めきれないでしょう。私は少しずつ自分の器を広げていきたいと思っています。勝奴を精いっぱい演じたら、次のステップを上りたいです。

―――歌舞伎漬けの多忙な毎日ですが、ストレス解消法はありますか。

 ストレス解消法は、自宅で妻と話すことでしょうか。「きょう、こんなことがあった、あんなことがあった」と話しているときが一番リラックスできますね。休みの日には二人で映画や芝居を見に行って、感想を言い合うんですけど、そういう相手がいることが、今は楽しいです。

「お客さまに結婚して変わったと言われます。自分では変わってないと思うんですけど……」。奥様のお話をするときはやわらかい表情に

―――これから歌舞伎を見たい、知りたいという読者に、歌舞伎の魅力や楽しみ方などをアドバイスしてください。

 私にとって歌舞伎はすごく面白いものですが、難しそうと思う方もいるでしょう。でも、食わず嫌いはもったいない。まずは気軽に見てほしい。堅苦しく考えないで、ショッピングの帰りにでも見に来てください。3階席でもいいんです。私は1階席のお客さまにも、3階席のお客さまにも、同じ楽しさを提供したいと思っています。どちらのお客さまにも同じように心に響かなかったら、役者としての力が足りない。そう思って励んでいます。歌舞伎は難しいと思う方は、無理してわかろうとしなくていいと思います。1回で何でもわかったら、つまらないじゃないですか。わからないことも楽しみながら何回も見て、かみしめて、少しずつわかった方がずっと楽しい。「あれって、なんだったんだろう?」が次につながる。歌舞伎はそういう芝居だと思います。

 (聞き手:読売新聞メディア局・後藤裕子、撮影:金井尭子)

中村萬太郎
中村萬太郎(なかむら・まんたろう)
歌舞伎役者

 萬屋。平成元年5月12日生まれ。中村時蔵の次男。6年6月歌舞伎座<四代目中村時蔵三十三回忌追善>の「道行旅路の嫁入」の旅の若者にて初代中村萬太郎を名乗り初舞台。25年1月と7月、26年3月、27年7月国立劇場奨励賞。

【公演日程】

国立劇場3月歌舞伎公演

「増補忠臣蔵―本蔵下屋敷―」出演:中村鴈治郎、中村梅枝、市村橘太郎、片岡亀蔵 ほか

「梅雨小袖昔八丈―髪結新三―」出演:尾上菊之助、中村梅枝、中村萬太郎、寺嶋和史、市村橘太郎、片岡亀蔵、河原崎権十郎、市村萬次郎、市川團蔵 ほか

公演期間:2018年3月3日(土)~27日(火) 開演時間:正午(終演・午後3時55分予定)

※16日(金)、23日(金)は午前11時30分開演(午後3時25分終演予定)・午後4時30分開演(午後8時25分終演予定)の2回公演。※10日(土)・11日(日)は休演日

チケット情報 

OTEKOMACHIの読者はチケット料金から5%引きになります。

チケット料金:1等A席=9800円(学生6900円)、1等B席=6400円(同4500円)、2等A席=4900円(同3400円)、2等B席=2700円(同1900円)、3等席=1800円(同1300円)※いずれも税込み。

【電話・窓口販売】
国立劇場チケットセンター(0570-07-9900)
読売新聞読者割引を希望することと、合言葉「国立劇場」をお伝えください。
【インターネット】
(1)国立劇場法人会員サイトhttp://ticket.ntj.jac.go.jp/hojin/(パソコンのみ)にアクセスします
(2)はじめに会員登録を行います。法人番号「E4UTDB92IV」をご入力ください。
(3)登録完了後、会員IDがメールで届きます。IDと登録したパスワードでログ
インし、ご購入ください。
【問い合わせ】国立劇場チケットセンター(午前10時~午後6時)/0570(07)9900/03(3230)3000[一部IP電話等]