アンジェリーナ・ジョリー 大物プロデューサーのセクハラを告発

セレブ☆スタイル

今年のトロント国際映画祭で、「最初に父が殺された」のプレミア上映に参加したアンジェリーナ・ジョリー(ロイター)

 昨年9月、ブラッド・ピットと破局し、離婚を申請したアンジェリーナ・ジョリー。最近では、ハリウッドの大物プロデューサーからセクシュアル・ハラスメントを受けたことを告発して、大きな話題を呼びました。

20代前半の時、セクハラ被害に

 10月初旬、米紙「ニューヨーク・タイムズ」の告発記事で明らかになった、映画プロデューサー、ハーベイ・ワインスタイン氏の女優やモデルに対するセクハラ疑惑。その後、他の女優ら20人前後が同様の被害を訴え、なかでもアンジェリーナとグウィネス・パルトロウのコメントが注目を集めました。

 アンジェリーナはメールで同紙に、1990年代後半、出演映画「マイ・ハート、マイ・ラブ」の公開時に、ホテルの部屋でワインスタイン氏に関係を迫られて拒んだことを明かし、「若い頃、ハーベイ・ワインスタインに嫌な目に遭ったので、二度と一緒に仕事をしないことを決め、彼と仕事をすることになった他の人に警告することにしたのです」とコメント。「どんな分野でもどんな国でも、女性に対するこのような行動を容認することはできません」と彼を批判しました。

 一方、グウィネスは、同紙によると、ホテルの部屋でワインスタイン氏から迫られて拒否。当時恋人だったブラッド・ピットにそのことを打ち明けたところ、彼はワインスタイン氏に抗議したのだとか。

 最近になってワインスタイン氏は、米アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーから会員資格を剥奪され、事実上、映画界から追放されることになりました。

ブラピとの関係について告白

 ブラッドとの破局で様々な臆測が飛び交ったものの、自ら語ることはなかったアンジェリーナですが、今年7月、米誌「Vanity Fair」のインタビューで、彼との結婚生活などについて明かしました。

 昨年夏、監督を務めた動画配信サービス「Netflix(ネットフリックス)」のオリジナル映画「最初に父が殺された」の編集作業を行っている間に、二人の関係は「困難な状態」になったといいます。

今年9月、カナダで開催されたトロント国際映画祭で、自身がプロデュースしたアニメ映画「The Breadwinner(原題)」のプレミア上映に子どもたちと登場。写真左から、アンジェリーナ・ジョリー、ヴィヴィアンちゃん、シャイロちゃん、ノックス君、ザハラちゃん(ロイター)

 ハリウッドでは、「世界中を旅するライフスタイルがブラッドに負担をかけている」とか、「ブラッドは安定した、普通の生活を切望している」などとうわさされていました。「アンジェリーナのライフスタイルが破局の原因では?」という質問には、「それは問題ではないわ。子どもたちに与えられる素晴らしい機会の一つであり、これからも同じよ」と答えています。

 ブラッドとの関係については「お互いを気遣い、家族を気遣って、同じ目標に向かって努力しているの」とコメント。自身が幼い頃に、父ジョン・ボイトと別れて苦労続きの母親を心配しながら過ごしたことから、子どもたちには心配をさせないことや涙を見せないこと、シャワーを浴びながら泣くのがとても大事だと考えていることなども明かしました。

 現時点ではまだ離婚成立は報じられておらず、9月には復縁のうわさも浮上しました。今後も彼らの動向に注目したいところです。

来年のオスカー受賞に期待

 アンジェリーナの監督作「最初に父が殺された」は、70年代、反政府勢力クメール・ルージュ(ポル・ポト派)の支配下にあったカンボジアで幼い少女が生きていく様子を描いた、実話に基づくヒューマンドラマ。カンボジアから養子に迎えたアンジェリーナの長男マドックス君が、わずか16歳で製作総指揮を務めています。

 同作は、カンボジア代表で2018年の米アカデミー賞外国語映画賞にエントリーされ、アンジェリーナが監督として初のオスカー受賞となるか、期待が高まっています。また、全米で11月から公開されるアニメ映画「The Breadwinner(原題)」をプロデュースしています。

 実子3人と養子3人、6人の子どもたちの母であり、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の特使としても活躍するなど、多忙を極めるアンジェリーナ。今年は女優ではなく製作側での活動が目立っていますが、スクリーン上の彼女にも会いたいですね!

 【Profile】Angelina Jolie(アンジェリーナ・ジョリー)1975年6月4日、アメリカ・カリフォルニア州生まれ。82年、俳優の父ジョン・ボイトと映画「大狂乱」で共演し、演技のキャリアをスタート。テレビ映画「ジア/悲劇のスーパーモデル」で注目を集め、映画「17歳のカルテ」でアカデミー賞助演女優賞を受賞。「トゥームレイダー」や「Mr. & Mrs. スミス」など、多くのヒット作に出演している。

今年9月、ニューヨークの国連本部を訪れ、アントニオ・グテーレス国連事務総長と会談したアンジェリーナ・ジョリー国連難民高等弁務官(UNHCR)特使(ロイター)
桜井美和(さくらい・みわ)
海外セレブ専門のフリーランスライター&エディター

海外セレブ専門誌編集を経て、現在フリーランスで活動。注目している女性セレブはジジ・ハディッドやケンダル・ジェンナー、セレーナ・ゴメスなど。男性セレブはブラッド・ピットやジョニー・デップらの動向をチェックしている。

CELEB☆TiMES