「三度目の殺人」闇を知る男同士の駆け引き

シネマレビュー

「三度目の殺人」(C)2017 フジテレビジョン アミューズ ギャガ

 事件が解決して一件落着、というミステリーを期待して見ると、肩すかしを食うかもしれない。スッキリしないからだ。だが、本作の面白さはそこにない。ベネチア国際映画祭のコンペティション部門に出品された是枝裕和監督の新作は、殺人犯と弁護士の心理戦を軸にした、見応えのある法廷サスペンスである。

 殺人の前科がある三隅(役所広司=写真右)という男が、自分を解雇した工場の社長を殺し、火をつけたとして起訴された。犯行を認めており、死刑は確実な状況だった。弁護を担当することになった重盛(福山雅治=同左)は、無期懲役に持ち込もうと調査を始めるが、三隅の供述は二転三転し、三隅と被害者の娘・咲江(広瀬すず)に、接点が浮かび上がる。

 本当に三隅が殺したのか? だとすれば動機は? 咲江をかばっているのではないか? 重盛の中で生じる疑念。被告人の権利や利益を守るのが弁護士で、「真実」の究明は必要ないと考えてきた冷徹な弁護士は初めて、真実を知りたいと願い始める。

 法廷に立つ咲江に、ここでは誰も真実は言わないという趣旨のセリフがある。確かに司法制度に疑問を投げかけている部分もあるが、それを告発する映画ではない。「怪物とたたかう者は――」という哲学者ニーチェの言葉ではないが、重盛が、三隅の“闇”にのみ込まれていく恐ろしさこそが、本作の妙味だろう。

 善人なのか悪人なのか。何が本当で何がウソなのか。えたいの知れない男を演じる役所の演技にはすごみさえ漂う。緩急自在。変幻自在。しかし、圧倒的な演技に、福山も見事に反応している。

 最大の見せ場は、何度も出てくる、2人が接見室で 対峙たいじするシーン。シネマスコープの横長の画面が、2人の顔をクローズアップで映し出し、表情とその奥にあるものを捉える。2人の駆け引きに引き込まれ、横顔が重なるシーンに、鼓動が速くなった。

 冒頭の犯行シーンを見る限り、三隅が手を下したことに疑いはないが、真相は明示されない。そして、三隅の言葉に翻弄ほんろうされた重盛は、あり得ない光景を夢想するようになる。不可解な出来事に直面した時、人は目の前の事実を、「こうあってほしい」と思うストーリーに当てはめ、それが真実だと思い込むようになる。そんな人の認識の危うさを、この映画は伝えている。

 2時間4分。日比谷・TOHOシネマズスカラ座など。(田中誠)