「静かなる情熱 エミリ・ディキンスン」魂と向き合った女性詩人を描く

シネマレビュー

(C)A Quiet Passion Ltd/Hurricane Films 2016. All Rights Reserved.

 エミリ・ディキンスン。米国を代表する詩人だが、生前に発表された作品はごくわずか。マサチューセッツ州アマストの名士の家に生まれた彼女は、そこで営々と詩作を続け、1886年、無名のまま55歳で亡くなった。才能が広く発見されたのは死後、彼女がのこしていた1800編近くの詩稿が見つかってから。 

 何を求めて書き続けていたのか。「遠い声、静かな暮し」などで知られる英国の名匠、テレンス・デイヴィス監督は、ピューリタニズムの伝統が残る田舎町に生きた女性詩人の軌跡をたどりつつ、心のひだに分け入る。その後半生を演じるのはシンシア・ニクソン=写真中央=。彼女が朗読するディキンスン作品とともに、光と影があやなす魂の肖像画が描き出される。

 その人は、自分に正直であろうとするがゆえに孤立する。信仰や女性のあり方に対し、誰かが作った決まりごとをそのまま受け入れることができず、自分の心の中の真実を問い、道を探り続ける。大いなる存在と、己の魂をしかと向き合わせるために。夜ごと詩を書きながら。

 時がたつにつれ、主人公は隠とんする傾向を強めるが、映画そのもののスケールはどんどん広がりを増していくように感じられる。

 大きな役割を果たすのは、ふと織り交ぜられる彼女の詩。たとえば南北戦争をめぐる家族の会話シーンに重なるのは、心の中で孤独な闘いを繰り広げる者についての一編。それは場面に深みを与えるだけでなく、真の勇ましさについて観客の思考を促す。

 ほかにも、様々な事柄が時空を超えて胸に迫ってくる。女であること、愛への憧れ、名声に関する複雑な感情、そして生と死――。デイヴィス監督は、ディキンスンの詩をもって、その私的なドラマを掘り下げると同時に、詩人が自己の内面を突き詰めることによって永遠なるものに触れていったことの証左を提示しているようでもある。

 その構造、細部まで神経を行き渡らせた美しい映像に、ディキンスンへの敬愛がにじむ作品。演じるニクソンも、恐れ、揺らぎながらも率直に生きようとする女性を真摯しんしに演じ、観客が素直に共鳴できるいとおしい存在に見せる。妹(ジェニファー・イーリー)や女ともだちとの豊かな会話もなんと魅力的なことか。

 見る者を自然にひきつけ、魂の自由を問う。今こそ見られるべき大事な一本だ。2時間5分。神保町・岩波ホール。(恩田泰子)