ケンダル・ジェンナー…スーパーモデルで、お騒がせセレブは注目の的

セレブ☆スタイル

今年5月、カンヌ国際映画祭のレッドカーペットに登場したケンダル・ジェンナー(ロイター)

 名メゾンのショーや広告、ファッション誌に引っ張りだこのスーパーモデルとして活躍中のケンダル・ジェンナー。その美貌だけでなく恋愛、トラブルまで、すべてに注目が集まるヤングセレブです。

セレブキッズへの偏見を克服

 現在21歳のケンダルは既にシャネルやマーク・ジェイコブスなどのランウェイを飾り、時代を象徴するイットガールとして認められるなど、ファッション業界で成功を収めています。異父姉はお騒がせセレブとして知られているキム・カーダシアン、実父はトランスジェンダーを公表したケイトリン・ジェンナーで、一家全員が有名人というセレブファミリーの出身です。

 ケンダルは家族総出演のリアリティー番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」に子供の頃から登場していたため、10代半ばでモデルとして働き始めたときにはすでに有名人でした。

 しかし、ファッションモデルとして仕事をするには、そのバックグラウンドが足かせになったようです。かつてケンダルは英「ラヴ」誌に、「みんな私に成功が転がり込んできたと思っているけど、私が持って生まれたものはマイナスに働いたわ。テレビ番組のせいで、誰もファッションモデルとして真剣に見てくれなかった」と語っていました。

 本人は否定していましたが、同業のモデルたちから嫌がらせを受けていたようです。

 そうしたマイナス条件を一生懸命働くことで克服し、今やモデルとして成功。さらにリアリティースター業を両立させているケンダルは、美しいだけではない“努力の人”と言えそうです。

恋愛は語らない主義

交際のうわさがあるラッパーのエイサップ・ロッキー(左)とケンダル(ロイター)

 かつてはワン・ダイレクションのハリー・スタイルズとのデートが目撃されたケンダルですが、昨年8月からラッパーのエイサップ・ロッキーと交際中とのウワサ。野外フェスやメットガラのようなファッションイベントで親しげな様子が目撃されています。

 しかし、二人とも交際については語っていません。米エンタメサイト「ハリウッドライフ」はその理由について、「二人はそれぞれの分野で成功を収め、努力してここまで到達したので、どんな形であれ、お互いのキャリアを融合させることでその成功を希薄化させたくないようです」という関係者のコメントを紹介。

 ケンダルは今のところ、恋愛よりも仕事優先の姿勢を貫いているようですね。

Tシャツ販売中止、そのデザインで炎上

 ケンダルは、妹カイリーとアパレルブランド「ケンダル+カイリー」コレクションを展開しています。しかし、6月に発売したヴィンテージ風Tシャツをめぐって批判が殺到しました。絵柄にオジー・オズボーンやピンク・フロイドなど、著名なバンドやミュージシャンを用い、その上に自分たちの顔などをプリントしたデザインでした。「音楽界のレジェンドへの敬意を欠く」などといった批判が殺到し、大炎上してしまいました。

 これに対し、ケンダルとカイリーはすぐに商品を回収し、謝罪コメントを発表しましたが、背景に使われたミュージシャンの写真の著作権を持つカメラマンから今月、訴えられる事態になってしまいました。

 このような騒動も含め、今やゴシップ&ファッション界の中心人物となっているケンダル。これから仕事と恋愛をどう展開させていくのか、目が離せない存在です。

 【Profile】Kendall Jenner(ケンダル・ジェンナー)1995年11月3日、アメリカ・カリフォルニア州生まれ。子供の頃から家族の日常生活をとらえた人気リアリティー番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」に出演。その一方でモデルとしても活躍中。2015年より2年連続でヴィクトリアズ・シークレット・ファッションショーに出演。

昨年、ロンドンの「マダム・タッソー」にケンダルの等身大フィギュアが登場(ロイター)
太田万紀子(おおた・まきこ)
海外セレブゴシップライター&エディター。
海外セレブ専門誌編集を経て、現在フリーランスで活動。アンジェリーナ・ジョリー、ビクトリア・ベッカムの子供たちをはじめ、続々デビューする2世セレブのウォッチングに加えて、ジェニファー・ロペス、グウィネス・パルトロウなど、本業の他に子育て、恋愛、サイド ビジネスに大活躍のアラフォーセレブの動向に注目しています。
Celeb Extra