「セールスマン」性暴力を描くアカデミー受賞作

シネマレビュー

ⓒMEMENTOFILMS PRODUCTION-ASGHAR FARHADI PRODUCTION-ARTE FRANCE CINEMA 2016

非情な現実、土壇場の人間愛

 非情な現実を突きつけ、憎悪と愛を描くサスペンス。監督はイランの名匠アスガー・ファルハディ。今年、米アカデミー賞で外国語映画賞を受賞した注目作だ。

 テヘラン。地元の劇団に所属する若い夫婦、エマッド(シャハブ・ホセイニ)とラナ(タラネ・アリドゥスティ=写真)が暮らすアパートは、隣接地で強行された工事の影響で倒壊の危機に。移り住んだ新たなアパートでラナは暴漢に襲われるが、警察への告訴をかたくなに拒否。エマッドは単独で犯人を追い始める。

 妻は夫に訴えるようなまなざしを向け、夫の表情は復讐ふくしゅう心にゆがむ。心が砕け散る音が聞こえてくるような、迫真の演技である。冒頭、部屋の壁に亀裂が入るのも不吉で示唆的。心がざわつく映像に、観客は直感的に事件の悲惨な真相に気づくだろう。

 夫婦は劇団で、アーサー・ミラーの「セールスマンの死」を演じている。時代に取り残され、過去にすがる老セールスマンを演じながら、エマッドは日常を奪われた悲しみと怒りも表現する。映画の中でもう一つの役を演じることで、急変するイラン社会の現状と彼の本心とが浮き彫りに。計算し尽くされた、緻密ちみつな演出だ。

 何より名誉を重んじる厳しい社会規範が壁となり、声を上げられない犯罪被害者――。悲劇的な結末だが、そこにあるのは絶望ではない。土壇場でラナが見せる人間愛に、胸が締めつけられる。2時間4分。渋谷・ル・シネマなど。

(武田裕芸)