映画「メットガラ ドレスをまとった美術館」セレブが集うパーティーの裏側

シネマレビュー

(C)2016MB Productions,LLC

 ニューヨークのメトロポリタン美術館(MET)で5月に開かれるパーティー「メットガラ(MET GALA)」。豪華なドレスを身にまとったセレブが集い、「世界最大のファッションイベント」とも言われます。このパーティーの裏側を追ったドキュメンタリー映画「メットガラ ドレスをまとった美術館」が4月15日に封切られます。


 「メットガラ」は、同美術館の服飾部門の活動資金を集めるため、理事でもあるアメリカ版「ヴォーグ」編集長のアナ・ウィンターが主催しています。パーティーは同美術館の特別展にあわせて開かれ、映画では、2015年の特別展「鏡の中の中国」とガラパーティー開催までの8か月を追っています。
 同美術館の服飾部門主任キュレーター、アンドリュー・ボルトンが発案したこの展覧会は、中国と西洋との関係にファッションや文化の面から光をあてるもの。独創的な企画を実現させるまでの過程は、美術館内の確執や米中の政治的な関係までからんで、実にスリリングです。


 また、メットガラを仕切るアナ・ウィンターは、映画「プラダを着た悪魔」の編集長のモデルとも言われる迫力のある女性。セレブの席次表に悩む彼女の姿や、自宅での風景も撮影し、日ごろ見ることのできない舞台裏が満載です。
 そして、なんといっても見ものは、ガラにやってくるセレブたち。レッドカーペットを歩くリアーナやアン・ハサウェイなどのドレスは圧巻。ガラパーティーの1人あたりの席料はなんと2万5000ドル(約275万円)! それでも600席が満席になるそうです。
 今年5月には、日本の女性デザイナー、川久保玲とそのブランド「コム・デ・ギャルソン」の展覧会が開催され、1日にガラが行われる予定です。今回、どんなゲストがどんな服で登場するのでしょうか。その予習として見るのもよいかもしれません。(宮智泉)


 4月15日(土)より、Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国で順次公開
 (C)2016MB Productions,LLC
公式サイトはこちら