一夫一婦制には反対? スカーレット・ヨハンソン

セレブ☆スタイル

今年3月、ニューヨークでの映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」プレミアに登場したスカーレット・ヨハンソン(ロイター)

 米誌「フォーブス」による「2016年に最も興行収益を上げた俳優」ランキングでトップを獲得したスカーレット・ヨハンソン。女優業では絶好調の一方、今年3月、離婚を申請するなど私生活は波乱に満ちた状況です。

円満に見えた夫との破局

 フランス人ジャーナリストのロマン・ドリアックさんとの交際が明らかになったのは2012年のことでした。翌年、ふたりは婚約し、14年9月に長女ローズちゃんが誕生。出産から約1か月後、極秘で結婚式を挙げました。

 スカーレットは私生活について多くを語らないものの、映画のロケ先に家族と共に滞在するなど、円満な夫婦生活を送っている様子でした。夫妻は、昨年10月、パリにポップコーン専門店「ヤミー・ポップ」を開き、12月のグランドオープニングでは、ふたりそろってメディアに仲むつまじい様子をアピールしていたのです。ところが今年1月、夫妻の破局が報じられました。

 米誌「ピープル」に情報筋が語ったところによると、ふたりは昨年夏から別居していたのだとか。そして3月、スカーレットが離婚を申請したことが明らかになりました。ロマンさんは現在、ニューヨークでアートキュレーターとして働いています。

理想の男性はシェフ

今年1月、ワシントンで行われた女性の権利を訴え、女性蔑視のトランプ大統領に抗議する「ウーマンズ・マーチ」に参加し、笑顔を見せるスカーレット(ロイター)

 離婚申請が明らかになってから、スカーレットは「結婚の解消についてコメントするつもりはまったくない」と声明を発表。米紙「USAトゥデー」にロマンさんの弁護士が明かしたところによると、ロマンさんは娘の共同親権を要求。一方、スカーレットは共同親権に加えて、娘と一緒に暮らすことを求めているそうです。米メディアは「スカーレットが親権バトルに向けて準備」などと報じており、離婚成立までしばらくの間は世間を騒がせそうな気配です。

 そんな彼女が、今年2月に発売された米誌「プレイボーイ」のインタビューで結婚についてコメント。「結婚というアイデアはとてもロマンチックだと思うわ」と前置きをした上で、「一夫一婦制が自然だとは思わないの。こう言うと批判されるかもしれないけれど、結婚は仕事だと思うわ。とても大変な仕事なのよ」と明かしています。

 スカーレットは11年に前夫ライアン・レイノルズさんと離婚しており、ロマンさんと離婚が成立すればバツ2に。2度の結婚を経てたどり着いた境地なのかもしれません。

 独身時代は恋多き女優として名をはせた彼女だけに、今後の恋愛が気になるところ。米ラジオ局SiriusXMのトーク番組に出演した際、世界一ホットな男性は誰かと尋ねられたところ、スカーレットはセレブシェフとして知られるゴードン・ラムゼイさんの名前を挙げました。

ストイックな生活で美ボディーに

 私生活の話題で世間を騒がせつつ、女優業でも注目の的。士郎正宗の人気SFコミック「攻殼機動隊」をハリウッドで実写化した映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」(公開中)では、主人公・少佐を演じています。

 映画「アベンジャーズ」シリーズなどへの出演で、今やアクション・スターとしても知られるスカーレットは今作でも華麗なアクションを披露。そして、引き締まった体にフィットしたボディースーツ姿は完璧な美しさです。

 米エンタメサイト「E! Online」が報じたインタビューでは、撮影中の生活について「起きてジムに行って、体に良いものを食べて長時間働くの。それからベッドに入ってよく眠るわ。翌日も同じことの繰り返しよ」とストイックな日々であることを明かしました。

 グラマラスでセクシーな女優から、強くてカッコイイ女優へと変貌を遂げたスカーレット。公私ともに、今後どんな話題を提供してくれるのでしょうか。

今年3月、パリでの映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」プレミアに共演者のジュリエット・ビノシュ(左)と登場(ロイター)

【Profile】Scarlett Johansson(スカーレット・ヨハンソン)1984年11月22日、アメリカ・ニューヨーク州生まれ。幼い頃からエンターテインメントの世界で活躍し、映画「ロスト・イン・トランスレーション」でブレイクを果たす。主な出演作に「それでも恋するバルセロナ」「幸せへのキセキ」「アベンジャーズ」シリーズなどがある。

桜井美和(さくらい・みわ)
海外セレブ専門のフリーランスライター&エディター

海外セレブ専門誌編集を経て、現在フリーランスで活動。注目している女性セレブはジジ・ハディッドやケンダル・ジェンナー、セレーナ・ゴメスなど。男性セレブはブラッド・ピットやジョニー・デップらの動向をチェックしている。

CELEB☆TiMES