恋愛とお騒がせに変化? ジャスティン・ビーバー

セレブ☆スタイル

(ロイター)

 2015年にリリースしたアルバム「パーパス」が大ヒットし、昨年からワールドツアーを行っているジャスティン・ビーバー。12月、出演したテレビ番組で恋人がいないと宣言し、話題を呼びました。

Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)1994年3月1日、カナダ・オンタリオ州生まれ(ロイター)

 

有名アーティストの娘とは短期間で破局

 昨年、ジャスティンの恋愛で注目を集めた相手が、ライオネル・リッチーの娘でモデルのソフィア・リッチーです。8月、ジャスティンが自身の「パーパス・ワールドツアー」の公演で来日した際には彼女が同行しており、上野公園などでデートする姿がキャッチされました。

 ジャスティンはソフィアとのツーショットを画像共有ソフト「インスタグラム」で公開。ところが、彼女への批判的なコメントが多数投稿されたのです。ソフィアの「インスタグラム」でも同様の事態が起こりました。そこで、ジャスティンは「悪口をやめなければ非公開にするよ。手に負えない状態だからね。本当のファンだったら、僕の好きな人にこういうことはしないはず」とコメントを投稿しました。

2011年11月、ロサンゼルスで行われた「アメリカン・ミュージック・アワード」には当時の恋人セレーナ・ゴメスと一緒に出席しました(ロイター)

 そこで反応したのが、元恋人のセレーナ・ゴメスです。「もし悪口を書かれることに対処できないなら、ガールフレンドの写真を投稿するのをやめればいいじゃない(笑)。ふたりの間の特別なことのはずよ。ファンに怒らないで。誰よりも前から、あなたを愛して支えているのだから」とジャスティンに対してコメントを書き込んだのです。

 その後、ジャスティンは「インスタグラム」のアカウント自体を削除。途中からセレーナが加わったことで、この一連のやりとりは大きく報じられました。そして9月、ジャスティンとソフィアの破局が明らかに。交際が発覚してから約6週間という短さでした。

 ソフィアとの破局以降、ジャスティンには今のところ恋人と呼ばれる存在はいない様子です。12月にテレビ番組「エレンの部屋」に出演した際には、「誰ともデートしてないよ。シングルなんだ」とコメントしました。

お騒がせの代償は大きかった?

昨年10月、デンマーク・コペンハーゲンで「パーパス・ワールドツアー」のオフィシャルグッズを販売していたショップ「STORM」を訪れたジャスティン(ロイター)

 過去にはお騒がせに事欠かなかったジャスティンですが、少し変わってきたようです。ワールドツアーでステージに立つことが多いせいか、昨年はファンとの関係についての言動が目立ちました。

 5月、当時まだアカウントのあった「インスタグラム」で、もうファンとは一緒に写真を撮らないと宣言。その理由は、まるで動物園にいる動物のように感じてしまうからだと明かしました。

 また、10月にイギリス・マンチェスターで行われたライブでは、観客に曲の間の叫び声をやめるように言った後、ステージから去ってしまったのです。結局はステージに戻ってきたものの、この出来事は大きく報じられました。

昨年5月、モナコで開催されたF1モナコ・グランプリのレース終了後、シャンパンを飲むジャスティン(ロイター)

 11月にはファンとのもめ事が勃発しました。英紙「デイリー・メール」電子版によると、スペイン・バルセロナで車に乗っていたジャスティンは、ファンの男性に開いた窓から手を入れて触られそうになり、彼の顔にパンチ! その男性が流血する騒ぎとなりました。ただし、身を守るためのとっさの行動でもあることから、ジャスティンだけが非難されることはありませんでした。

 一時期多かったパパラッチとのもめ事は減ってきたようですが、12月、過去の代償を払わなくてはならないことが発覚。アルゼンチンでジャスティンが窃盗と暴行の容疑で起訴されたと米芸能サイト「TMZ」が報じたのです。2013年、ボディーガードにパパラッチを殴り、金品などを盗ませたという容疑がかかっており、アルゼンチンに入国すると逮捕されてしまうのだとか。トラブルと無縁になるのはなかなか難しいようです。

ツアーのお供は愛犬

昨年5月、ラスベガスで行われた「ビルボード・ミュージック・アワード2016」では、ステージでメドレー曲をパフォーマンス(ロイター)

 昨年、ジャスティンのファンに対する言動に関しては、ポジティブな出来事もありました。英紙「デイリー・ミラー」電子版によると、10月、ロンドンでクラブを訪れたジャスティンは、待っていた女性ファンらに笑顔でバラの花を配ったそうです。

 また同時期、ジャスティンがロンドンにある学校でサッカーの練習をしていた一般の男子生徒たちに加わって一緒に楽しんだと、英紙「ザ・サン」が報じました。その場にいた教師は「彼はとても地に足が着いている人で、まるで生徒の一人のようでした。ただ楽しんでいた様子で、およそ30分間の間、一緒に過ごしました」とコメント。こうしたエピソードからは、トップスターではない彼の素顔が伝わってきます。

 そんなジャスティンは米テレビ番組「エレンの部屋」に出演した際、日々ライブを行うツアーについて率直な思いを打ち明けました。「おそらく最もハードなことだね。常に一人なんだよ」とコメント。寂しさを紛らわせるために愛犬を連れていくことも明かしました。

 2月に授賞式が行われる第59回グラミー賞では、主要2部門を含む4部門にノミネートされているジャスティン。今年もさらなる飛躍を期待したいですね!

【Profile】Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)1994年3月1日、カナダ・オンタリオ州生まれ。12歳の頃に動画共有サービス「ユーチューブ」に投稿したパフォーマンスが話題を呼び、14歳でレコード会社と契約を結ぶ。デビュー以降、アルバムはメガヒットを記録し続け、アイドルとして人気を博す。2015年にリリースしたアルバム「パーパス」はアメリカを始めとする各国のチャートで1位を獲得。

桜井美和(さくらい・みわ)
海外セレブ専門のフリーランスライター&エディター

海外セレブ専門誌編集を経て、現在フリーランスで活動。アンジェリーナ・ジョリー、キャメロン・ディアスなど大人セレブからティーンセレブまで、ゴシップと私服は欠かさずチェック。海外ドラマを観るのが日課で、恋愛、クライム系とジャンルを問わず何でも大好き。原稿はボン・ジョヴィ(大ファン☆)を聞きながら、テンションあげて書いてます。

CELEB☆TiMES