泥沼離婚バトルでイメージダウン? ジョニー・デップ

セレブ☆スタイル

(ロイター)

 ハリウッド屈指の人気を誇り、最も稼ぐ俳優のひとりとしても知られるジョニー・デップ。そんな彼の知られざる一面にスポットライトを当ててしまったかもしれない、世を騒がせたアンバー・ハードとの離婚バトルを振り返ります。

Johnny Depp(ジョニー・デップ)1963年6月9日、アメリカ・ケンタッキー州生まれ(ロイター)

始まりは金銭バトルと思われた離婚劇

 ハリウッドのおしどり夫婦として知られ、来日し たときもアツアツぶりを見せてくれていたジョニー・デップとアンバー・ハード。ふたりは2015年2月に結婚したばかりだったため、今年5月にアンバーが 離婚を申請した際は世界中を驚かせ、たちまちビッグニュースとなりました。
昨年10月に行われた映画「ブラック・スキャンダル」のロンドンプレミアでのジョニーとアンバー(ロイター)
 当初、離婚の理由として挙げられていたのは、和解しがたい不和で、これはセレブ同士の離婚によく使われるあいまいな理由です。そして、アンバーはジョニーに配偶者扶養料の支払いを求めましたが、ジョニーは裁判所がアンバーへの配偶者扶養料支払いを命じる権限を行使しないよう嘆願書を提出。その支払いを拒否する姿勢を示したことで、離婚の問題点は金銭バトルだと思われていました。
 その後、ジョニーはいつも通りに映画のプレミア に出席し、自身が加入するロックバンド、「ハリウッド・ヴァンパイアーズ」のツアーに出発。離婚のニュースと同時に、ジョニー最愛の母親ベティ・スー・パーマーさんが数日前に亡くなっていたことがわかり、当初はジョニーに同情する声が多かったのです。

衝撃のDV疑惑が浮上

 しかし、その数日後、アンバーがジョニーからの家庭内暴力を訴え、接近禁止令を申請したため、騒動はDV(配偶者や元配偶者などによる暴力被害)問題へと発展。目の下にあざができた状態で裁判所に現れたアンバーは、数日前にジョニーとの口論中に携帯電話を顔に投げつけられた証拠として、あざができた写真を提出したのです。

昨年11月、アンバーが出演した映画「リリーのすべて」のLAプレミアにカップルで出席(ロイター)

 これに対し、ジョニーの離婚弁護士は、DV疑惑はアンバー側が離婚を金銭的に有利に進めるためと主張。さらにジョニーの娘リリー・ローズは赤ん坊時代の自分と父ジョニーの写真を写真共有サービスのインスタグラムにアップして、「私の父は、最もスイートで愛すべき人間。私と弟にとって素晴らしい父親以外なにものでもない」とジョニーを擁護するコメントをシェア。リリー・ローズの母親でジョニーと14年にわたる事実婚パートナーだったバネッサ・パラディも、ジョニーが女性に暴力を振るうような人ではないという手書き の手紙を裁判所に提出したと伝えられています。

 

 しかし8月に入り、アンバーが撮影したと言われる、自宅キッチンで口汚くののしりながら棚を蹴ったり、ワインボトルやグラスを割ったりと大荒れのジョニーを映した動画が米ゴシップサイトの「TMZ」に流出。その数日後には、アンバーの浮気を疑ったジョニーが酔っ払ってボトルや窓を割った末に、指の先を切断してしまったと伝えられ、その衝撃写真が「TMZ」に掲載される事態に。さらに、ジョニーは切断された指を青いペンキにつけて鏡に「尻軽なアンバー」と書き殴るという尋常でない行動をしたと伝えられてしまいました。
アリス・クーパー(右)、エアロスミスのジョー・ペリー(中央)とハリウッド・ヴァンパイアーズを結成したジョニー。今年のグラミー賞授賞式に登場しました(ロイター)

慰謝料7億円で合意

 そうした動画や写真の流出によるイメージダウンを食い止めるためか、今月16日にふたりの間で和解が成立し、離婚が決まったことが発表。ジョニーがアンバーに700万ドル(約7億円)払う代わりに、アンバーはジョニーに対する接近禁止令の要求を取り下げました。

今年5月、マッドハッターを演じた映画「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」のヨーロッパプレミアでアリス役のミア・ワシコウスカと写真撮影(ロイター)

 さらに、ふたりは「私たちの関係はとても情熱的で不安定な時もありましたが、常に愛情で結ばれていました。どちらも金銭的な目的のために事実に反する主張をしてはいません。身体的、感情的に傷つける意図もありませんでした。アンバーはジョニーの幸せを願っています。アンバーは離婚により得た金銭をチャリティーに寄付します」という共同声明を発表。

 

 金銭目的でもなく、お互いを傷つけようとしたこともないという、突然の円満ムードな声明に納得できない部分もありますが、米誌「ピープル」によると、ジョニーは離婚問題のカタがついてほっとしていると友人が語ったそうです。さらに、彼の家族のなかには、元パートナーのバネッサとの復縁を望む声もあるというウワサも浮上しています。それが実現するかはわかりませんが、約3か月間、ファンにはショッキングすぎるお騒がせが続出したジョニー。今後はお酒を控えめにして、俳優として今まで以上の活躍をしてくれることを願うばかりです。

【Profile】Johnny Depp(ジョニー・デップ)1963年6月9日、アメリカ・ケンタッキー州生まれ。84年に映画「エルム街の悪夢」でスクリーンデビューして以来、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズなど数多くの映画に出演。98年から交際し事実婚パートナーだったバネッサ・パラディとの間に2児をもうけるも2012年に破局。15年、映画「ラム・ダイアリー」で共演したアンバー・ハードと結婚。今年8月、離婚で合意した。

太田万紀子(おおた・まきこ)
海外セレブ専門のフリーランスライター&エディター

海外セレブ専門誌編集を経て、現在フリーランスで活動。ブリトニー・スピアーズ、リンジー・ローハン、パリス・ヒルトンなど元祖お騒がせセレブに加えて、アイドル、セレブキッズの動向から目が離せず、海外雑誌やサイトを見まくる日々。シャイロちゃん、スリちゃんの成長ぶりに癒やされています。

CELEB☆TiMES