サケの切り身まるごとクラムチャウダー「食べる美容液」のレシピ

おかえりスープ (4)

「お疲れさま。最近、ゆっくりと寝る暇がなくて疲れちゃった。目のクマも消えないし、肌もカサカサ……肌に良いスープってあるかな?」

午後10時。モコモコのブルゾンを羽織って、マスクをした彼女が、長財布を片手にふらっと訪ねてくれた。目元には疲れがにじんでいる。話を聞けば、昼から何も食べてないみたい。

「おかえり。ボリュームたっぷりの、肌にうれしいスープを作るよ!」

◇     ◇     ◇

こんばんは。エダジュンです。

彼女が帰ってきたのは、都内にある僕のキッチンアトリエ。

「おかえりなさい」の気持ちを込めて、今日も彼女にホッとするスープを振る舞います。

いつもは食いしん坊で、たくさんおいしいものを知っている彼女。新型コロナが感染拡大してからは、お取り寄せの食材なんかも教えてくれます。でも、年末に向けて仕事が立て込み、食べる暇もないほど忙しいみたい。仕事のスイッチが入ると、仕事以外が二の次になるタイプのようです。

だから、夜も深い時間に来てくれるのは、疲れた彼女の“SOS”の証し。食べることは、健康にも美容にも大切なこと。今日はほっこりサケを使った、具だくさんのクラムチャウダーを作ろう。

【まるごとサケのクラムチャウダー】
▽材料 1〜2人分
・サケ    1切れ
・アサリ缶  1缶(180g
・ジャガイモ 小1個(80g
・タマネギ  1/4個
・薄力粉   小さじ1
・バター   10g
・黒こしょう 少々
・牛乳    300cc
▽作り方
1 ジャガイモを1cm角に切る。タマネギは薄切りにする。
2 サケは両面に薄力粉をまぶす。
3 鍋にバターを溶かし、ジャガイモとタマネギを中火でいためる。ジャガイモの表面に焼き色がついたら、具材を鍋の隅に寄せ、サケ1切れを投入。両面をうっすら焼く。
4 3にアサリ缶を汁ごと入れて、中火で3〜4分ほど温める。牛乳を入れて弱中火で全体を煮込み、表面がふつふつとして気泡ができたら完成。最後に黒こしょうをふりかける。

先にアサリをつけ汁ごと煮込んでしまえば、牛乳で長時間煮込まなくてOK。牛乳が固まる失敗もありません。サケの表面にまぶした薄力粉のおかげで、うまみは逃げにくくなり、スープのとろみもつきます。

実は、サケは女性にうれしい食材。「リコピン」や「β-カロテン」の仲間の「アスタキサンチン」という栄養素が含まれているんです。抗酸化作用があり、紫外線によるシミ、シワ予防にも効果的。目の炎症の予防にも良いといわれていて、目の下にクマがある彼女にぴったりの栄養素です。ほかにも、ビタミンやタンパク質が含まれているので、サケは「食べる美容液」と言われたりもします。

具だくさんのクラムチャウダーが完成。

「疲れが和らぐといいな〜」

お皿を届けた瞬間、目を丸くして「おいしそう!」と笑顔がはじけた彼女。サケを崩しながら、アサリと一緒に頰張っている。

「ごはんと粉チーズももらえる?」

食欲が出てきたみたいだ。ごはんにスープと具材を載せて、チーズをふりかけ、リゾット風にして食べ進めている。よしよし、いつもの食いしん坊の彼女が戻ってきたな。

「クラムチャウダーって、アサリがメインのイメージだけど、サケもぴったりだね」

ホッとしたのもつかの間、また仕事との闘いに戻っていきました。あまり無理はしないでね。今日もお疲れさま。

※この連載はフィクションです。実在の人物や店舗などとは関係ありません。

【あわせて読みたい】

エダジュン
料理研究家/管理栄養士

1984年、東京生まれ。管理栄養士の資格を取得後、「スマイルズ」に入社。SoupStockTokyoの本部業務に携わり、2013年に料理研究家として独立。「パクチーボーイ」としても活動中。スープレシピ、お手軽アジアごはんや、パクチーを使ったレシピが得意。「野菜たっぷり具だくさんの主役スープ」(誠文堂新光社)など著書14冊。ホームページはこちら