ケンカ疲れの心をほぐす、キノコのうまみたっぷりポトフ

おかえりスープ (2)

「ただいま〜。今日は野菜がたっぷり食べられるスープが食べたいな」

午後7時。彼女からそんなリクエストがありました。

いつもはそんなことは言わない彼女。少し力のない笑顔を作る口元にはニキビがあり、お疲れの様子です。

「おかえりなさい。そしたら、ごろごろ具材のあれがいいかな!」

そう言って、僕はいつものキッチンに小走りで向かいます。

◇     ◇     ◇

こんばんは。エダジュンです。

彼女が帰ってきたのは、都内にある僕のキッチンアトリエ。訪れたみなさまをホッと温かい気持ちに包みたいなと思い、「おかえりなさい」の気持ちを込めたスープを振る舞っています。

ナチュラルメイクの彼女は、ふと見せるほほえみがすてき。細身の体に淡いグレーのロングカーディガン。玄関で脱いだ白いコンバースのスニーカーは、飾らない人柄を感じさせます。

今日は、誰かからの連絡を待っているのかな。スマホをしきりに確認しては、小さくため息をついています。聞けば、数日前に仲の良い友達と少しケンカしたみたい。

いつもポタージュをリクエストしてくるのに、野菜を食べたいなんて、気分を変えたいんだろうなあ。ご飯もあまり食べられていないのかも。今日は、ハーブ香るポトフ風スープにしよう。

【キノコとミニトマトのうまみたっぷりポトフ風スープ】
▽材料(1人分)

ウィンナーソーセージ   3本
シメジ          1/2パック
ニンジン         1/4本
ミニトマト        4個
A
水            300cc
コンソメスープの素    小さじ1(キューブの場合は1/2個)
ローズマリー       1枝
▽作り方
1 シメジは石づきを切り落とす。ニンジンは7ミリくらいの厚さにななめ切りにする。ミニトマトはヘタをとる。
2 小鍋にA、ニンジン、シメジを入れて中火で温める。沸騰したら弱火にして、ソーセージを加え、5分ほど温める。最後にミニトマトを入れて火を止め、お皿に盛り付ける。

うまみのあるシメジやミニトマトのおかげで、スープのコクが増します。さっぱりと食べ進められるよう、ローズマリーを入れて、香り豊かな味わいに仕上げました。ニンジンには、皮膚や粘膜の健康維持を助けてくれる「β―カロテン」が、ミニトマトには、肌のうるおいを助けてくれる「リコピン」が含まれていて、肌トラブルにも効果的です。

10分ほどで完成。

「ゆっくりと召し上がれ」

アトリエの窓側の特等席で、外を眺めながら、彼女は静かにスープをすすります。ゆっくり、じっくり。なんだか大切なものを味わっている感じ。

「ごちそうさまでした。ミニトマトとシメジでこんなにうまみを感じられるのね。スープのお気に入りが増えちゃった」と言った顔には、少し笑顔が戻っていました。よしよし! 少しでも心が休まったかな。帰り際、着信音が鳴り、急いでスマホを見た彼女はニッコリ。どうやらケンカをしていた友人と仲直りできたみたいだ。よかったね。

今日もお疲れさまでした。

※この連載はフィクションです。実在の人物や店舗などとは関係ありません。

【あわせて読みたい】

エダジュン
料理研究家/管理栄養士

1984年、東京生まれ。管理栄養士の資格を取得後、「スマイルズ」に入社。SoupStockTokyoの本部業務に携わり、2013年に料理研究家として独立。「パクチーボーイ」としても活動中。スープレシピ、お手軽アジアごはんや、パクチーを使ったレシピが得意。「野菜たっぷり具だくさんの主役スープ」(誠文堂新光社)など著書14冊。ホームページはこちら