秋の味覚・栗がたっぷり! ぜいたくスイーツ3選

ごほうびフード×ぐるなび

人知れず頑張っているあなたへ。すてきなレストランやワンランク上の手土産など、女性にとって、最高においしい“ごほうびフード”情報をお届けします。

栗は、秋の到来を告げる味覚の一つ。9月になると、栗きんとんに栗ご飯、渋皮煮など食卓に栗を使った料理が並ぶ機会も増えるのではないでしょうか。今回はデザートにいただきたい、栗をたっぷりと使ったぜいたくなスイーツをセレクトしてみました。

小麦粉不使用で作り上げた、美しき“日本菓子”

「栗をそのまま食べるよりも、上品な味わいを」をテーマに開発された「栗ケーキ」は、日本らしさを追求した“日本菓子”をコンセプトにしている兵庫の洋菓子店「パティスリー クリ」の看板商品です。個包装を開けて、まず目に入るのは大粒の実。つやつやとした質感は、しばらくうっとりと眺めてしまうほど。

しっとりとしたスポンジ部分は、ラム酒がほんのり香る濃厚な味わいがします。これは、小麦粉を一切使用しない代わりに、アーモンドプードルの生地に裏ごしした栗を練り込んで焼き上げているからなのだそう。いただくときは香り高い緑茶やコクの深いコーヒーをお供に、ゆったりとした時間を過ごしたくなります。

甘みと酸味のハーモニーがおいしいマロンケーキ

スイーツプロデュースカンパニー「ヌメロサンク・パリ」は、東京・目黒にアトリエがあります。フランス人パティシエ・ショコラティエのマチュー・パンソン氏が手掛けるマロンケーキは、目にも華やか。スタイリッシュなギフトボックスを手にした瞬間から、期待に胸が弾みます。

カットした断面に、まるまるとした栗の実が現れます。マロンペーストが練り込まれた生地は、もっちりとした食感です。添えられたドライフランボワーズと一緒にいただくと、酸味が栗のまろやかな甘みを引き立ててくれます。赤がアクセントとして映える見た目も愛らしいですね。

高級和栗づくし! 魅力が凝縮されたテリーヌ

兵庫・芦屋市の「パティスリーエトネ」の「和栗のテリーヌ」は、栗の魅力をたっぷりと堪能するためのこだわりが凝縮されています。

希少といわれる熊本県産の和栗をふんだんに使用。生地全体の7割に、栗ペーストが練り込まれているのだそう。テリーヌの醍醐だいご味でもある舌触りの心地よさを演出するため、温度管理も徹底されています。ゴロゴロと入った栗の実も食べ応え抜群です。

ビタミン類なども豊富! 栄養価の高い食材

栗はおいしいだけでなく、ビタミン類やカリウム、タンニンなど美容や健康にもうれしい栄養がたっぷり含まれた優れもの食材です。自分で調理するのはちょっぴり手間ですが、職人技が光るデザートをいただくなら、心も体もうれしさ満点。お気に入りの栗スイーツを見つけて、ぜいたくな秋のひと時をお過ごしください。(ライター/麻林由)

【紹介した商品】 ※すべて税込み

■パティスリー クリ「栗ケーキ」(10個入り)
2808円
https://gurusuguri.com/shop/m672400/temi01/

■Numéro 5 Paris 「マロンケーキ1本(栗とフランボワーズ)」 
3000円
https://gurusuguri.com/shop/numero5paris/N5P-P-002/

■パティスリーエトネ「贅沢ぜいたく 和栗のテリーヌ」 
6885円
https://gurusuguri.com/shop/etonne/mterrine/

あわせて読みたい