「砂漠の天使」スナネコの赤ちゃん誕生!

いろいろな猫の生き方(84)

国内初、那須どうぶつ王国でお披露目

今年3月に紹介した、国内初展示のスナネコ。そのスナネコに、なんと赤ちゃんが誕生したんです。以前は神戸どうぶつ王国のスナネコのカップルを紹介しましたが、今回赤ちゃんが生まれたのは、栃木県の那須どうぶつ王国。シャリフ(オス)とジャミール(メス)のペアに赤ちゃんが生まれました。「砂漠の天使」といわれるスナネコの赤ちゃんは、やっぱり天使のようなかわいさでした。

4月27日に誕生したスナネコの赤ちゃんは、数日前に哺育室から特設展示場に移動したばかり。それでも、スヤスヤと安心しきって寝ていました。

右はパパのシャリフ、左がママのジャミール。仲良しの2匹は「保全の森」で一緒に過ごしています。赤ちゃんと離れているのは、初産のジャミールが育児に戸惑いを見せたため。赤ちゃんの命を優先して人工哺育を決めたそうです。

寝ていた赤ちゃんが目を覚ましました。スナネコの特徴である大きな耳が、赤ちゃんだとますます目立ちます。実は、赤ちゃんスナネコは3匹誕生したのですが、死産でこの子だけが助かりました。

約20から25センチくらいの大きさの、まだ小さいスナネコの赤ちゃんですが、生まれた時より約10倍の体重まで増えました。既に大人のスナネコのように砂を掘って用を足すこともできます。

飼育員さんが動かすタオルやロープにじゃれている仕草しぐさがまた愛らしい。赤ちゃんにとって、こうした遊びは、運動不足解消と体の成長のため、毎日定期的にしているそうです。

かわいい赤ちゃんですが、もともとスナネコは人に慣れたりすることのない動物。成長して体が大きくなったら飼育員と直接触れ合うことは避け、間接飼育になります。

体をいっぱい動かした後は離乳食がすすみます。赤ちゃんは6月13日から一般公開されていますが、運が良ければごはんタイムを見ることができます。ぜひ、かわいい天使に会ってみてください。現在、赤ちゃんの名前も公募中です。

那須どうぶつ王国
所在地:栃木県那須郡那須町大島1042-1
電話:0287-77-1110
.【休園日】《6月中》水、木曜日(変更になる場合もあります)
ホームページ  Instagram  Twitter

※お知らせ(営業時間について) 開園情報につきましては、ホームページにてご確認ください。


【動画】「砂漠の天使」スナネコの赤ちゃんお披露目
(撮影:那須どうぶつ王国、南幅俊輔)

南幅俊輔(みなみはば しゅんすけ)

盛岡市生まれ。グラフィックデザイナー&写真家。デザイン事務所コイル代表。現在、デザイン以外にも撮影、編集、執筆を手がける。2009年より外で暮らす猫「ソトネコ」をテーマに本格的に撮影活動を開始。日本のソトネコや看板猫のほか、海外の猫の取材・撮影を行っている。著書に「ソトネコJAPAN」「猫と世界遺産の街カレンダー」(洋泉社)、「ワル猫カレンダー」「ワル猫だもの」「サーバルパーク」(すべてマガジン・マガジン)、「どやにゃん」(辰巳出版)など。企画・デザインでは「ねこ検定」「パンダのすべて」「ハシビロコウのすべて」(すべて廣済堂出版)など。

Facebook:Sotoneko Japan Instagram:sotoneko_japan

SOTONEKO JAPAN(rakuten)

【あわせて読みたい】
やっと会えた砂漠の天使「スナネコ」
京都のカフェ、看板猫のセクシーポーズ
猫カフェ発祥の台湾、猫たちの自由な花園
マラッカの隠れたお土産は猫?

怖い! かわいい!笑っちゃう?ドヤ顔だけ集めたねこ写真集。
「どやにゃん」南幅俊輔著。(辰巳出版)
2019年9月27日発売!
美しい世界遺産のある街の たくましく生きる猫たちの姿。
「猫と世界遺産の街カレンダーMOOK 2020」 南幅俊輔著(洋泉社MOOK 780円・税抜き)
2019年11月5日発売! みんなで暮らすにゃんこ大集合! 16か月間カレンダーで猫まみれで楽しめる。 「群れ猫カレンダーMOOK2020」 南幅俊輔著 (マガジン・マガジン 800円・税抜き)