イチゴの“宝石箱”に出会うアフタヌーンティー

ごほうびフード×ぐるなび

人知れず頑張っているあなたへ。すてきなレストランやワンランク上の手土産など、女性にとって、最高においしい“ごほうびフード”情報をお届けします。

今年もイチゴの季節がやってきました。都内のホテルではフェアが開催され、フォトジェニックなスイーツを求めて出かける人も多いのではないでしょうか。いつもよりぜいたくな時間を過ごしたいのなら、ホテル・アマン東京で開催中の「ベリーベリーガーデン」がピッタリ。女性客を中心に圧倒的な人気を誇るラグジュアリーなアフタヌーンティーが、期間限定でイチゴ尽くしとなっています。

ブラックが基調の大人空間で楽しむアフタヌーンティー

黒でコーディネートされた空間に合わせ展開されるアマン東京の「ブラックアフタヌーンティー」。今春は、「大手町の森でイチゴ狩り」をコンセプトに、2019年に好評を博した「ベリーベリーアフタヌーンティー」をアップグレードした内容に生まれ変わりました。

ブラックアフタヌーンティーを手掛けるのはエグゼクティブ ペストリーシェフの宮川佳久さん。フランスでの修業を経て、都内の菓子店やラグジュアリーホテルで研さんを積んだ実力者。多くの愛好家を魅了する独創的な世界観を堪能させてもらいましょう。

黒と赤の鮮やかな色彩美にうっとり

名物は、焼き菓子が入った“トランクボックス”。今回は、国産のイチゴがぎっしり敷き詰められた“宝石箱”としてお目見えしました。黒と赤のスタイリッシュなカラーを前に、一層気分は高揚します。

ボックスの引き出しに入っているプチスイーツは「苺とピスタチオのタルト」に「苺とチェリーのクランブルタルト」、「苺とブラウニー ガナッシュモンテ」、「苺のミロワール」、「苺とスパイスのサブレサンド」、「苺とキャラメルソース」。どれも魅力的で、ここから4種をセレクトするのは、何ともぜいたくな悩みです。

優美な黒竹三段トレーの上段には、植木鉢をかたどった「苺とチョコレートのテラコッタ」、酸味のアクセントがたまらない「苺とルバーブのタルト」がスタンバイ。下段のセイボリー(軽食)も、もちろんイチゴ尽くし。風味を最大限に引き出すため、ホタテやカモ、フォアグラムースやリゾットなど趣向を凝らした品が並びます。プレーンとミックスベリーのスコーンは、クロテッドクリームと自家製ジャム2種でいただきます。

落ち着いた空間で過ごす非日常の優雅な時間

非日常的なひと時を堪能するのが、アフタヌーンティーのだいご味。33階の大きなガラス窓越しに眺める風景は、皇居外苑の豊かな緑が広がっています。日本の伝統文化と現代性を兼ね備え、広々とした静けさが、アマン東京の掲げる空間コーディネートのテーマ。ラウンジ内は、障子をモチーフにした和紙を使った開放的な天井や、日本庭園をイメージした内装など、遊び心が随所に光っています。

ベリーベリーガーデンは、3月31日まで。今年のイチゴは、とびきり優雅に楽しんでみてはいかがでしょうか。(ライター/麻林由)

●お店とメニュー情報●

アマン東京「ザ・ラウンジ by アマン」

Very Berry Garden (ベリーベリーガーデン)」

期間:2020年1月15日(水)~3月31日()

時間:11:30~17:00(最終入店)

料金:5600円(税別・サービス料別途)

[定休日]無休

[問い合わせ先]:03-5224-3339

[ホームページ]https://www.aman.com/ja-jp/resorts/aman-tokyo/the-lounge-by-aman

厳選したワンランク上のおすすめグルメはこちら

dressing は、ぐるなびが運営するグルメメディアです。
食に深い知識と経験を持つ“食の賢人”たちが、ただ“おいしい”の枠を超えた最高の食生活を提案します。

【あわせて読みたい】

手土産のプロも推薦、プレミアムなホワイトデーギフト3選

気分が上がる!! NYスタイルな豪快グリル料理

究極のおでんと種類豊富なワインの隠れ家空間