秋食材とジビエをいただく ブラッスリーで気ままにフレンチ

ごほうびフード×ぐるなび

人知れず頑張っているあなたへ。すてきなレストランやワンランク上の手土産など、女性にとって最高の“おいしいごほうび”情報をお届けします。

街中のレストランをのぞくと、秋の食材を使ったメニューが増えてきています。栄養豊富な旬食材をフレンチでより気軽に味わいたい――そんなわがままをかなえてくれるブラッスリーをお教えします。

異国情緒あふれる本場ブラッスリー

都営浅草線・宝町駅から徒歩4分、深いガーネット色の外壁が、ひときわ人目を引くBrasserie Gyoran(ブラッスリー ギョラン)。2013年に都営三田線、東京メトロ南北線・白金高輪駅近くの魚籃坂ぎょらんざかそばにオープンし、15年に現在地へ移転しました。渡仏修業を経て、都内の名店でシェフを務めた羽立昌史さんが腕を振るう、伝統を重んじたフレンチが話題に。ミシュランガイドではビブグルマンに選出されています。

フランスのブラッスリーをイメージした内装は、まるで映画のワンシーンのよう。シカのはく製に洋書、中2階を使ったレイアウトに冒険心をくすぐられながらも、テーブルとカウンター合わせて35席と、どこかホッとするアットホームな空間です。ここではアラカルトでフレンチ定番メニューと、名物のジビエ料理をオーダーしました。

栄養たっぷりの秋鮭を低温コンフィで

前菜からは「岩手・宮古産 秋鮭あきざけの低温コンフィ 秋ナスのピューレ・生イクラ」をセレクト。淡く愛らしいピンク色のサケと宝石のようなイクラ、ピューレと葉野菜が織りなすコントラストが美しい一品です。

サケは子持ちのメスを買い付けてまるごと使用。身はマリネ、冷凍を経てオリーブオイルに漬け込んでから低温調理で仕上げており、なめらかな食感が印象的です。アンチョビとニンニクの利いたピューレとの相性は言わずもがな。プチプチとはじけるようなイクラの食感が新鮮さの証拠です。産卵のために川に戻る直前、パワーをたっぷり蓄えたサケは栄養満点な食材。抗酸化成分のアスタキサンチンが豊富に含まれ、お肌にもうれしい効果が期待できそうです。

オマールエビはブルターニュから産地直送

フレンチの高級食材といえばオマールエビ。同店では「食材は一番おいしい場所で捕れたものを」との思いから、名産地として知られるフランス北西部のブルターニュから直接取り寄せています。「ブルターニュ産 オマールエビのロースト」は羽立シェフのスペシャリテです。

真っ白な皿に、エビのうまみが存分に溶けだしたソースがよく映えます。横たわるオマールエビのプリプリとした身にたっぷりまとわせると、濃厚な甘みが絶品。素材自体の滋味をひしひしと体感することができます。添えられた季節の野菜も華やかな彩りを与えてくれます。同店で使用する野菜のほとんどは、シェフが直売所で買い付けているそうです。

貴重な肉との出会いも期待できるジビエ

ここ数年ブームとなっているジビエ。もともとは野生鳥獣の肉を意味するフランス語で、フレンチでは貴族の伝統料理として受け継がれてきました。同店はウサギやシカをはじめ、スコットランド産のライチョウなど豊富なラインアップをそろえ、ジビエ好きから熱い支持を得ています。狩猟期間になると、狩猟免許を持つ羽立シェフ自ら捕ってきたメニューが登場することもあるそうです。

羽立シェフのおすすめは「岡山産 イノシシもも肉」。4人前となる1本丸ごと焼き上げた大皿は大迫力です。肉はオーブンでシンプルにこんがりと焼き上げ、サッパリとした口当たりでくさみがなく、なめらか味です。シェリー酒、桂花陳酒からなるフルーティーなソースが、弾力のある肉とよく絡まり旨みを引き立てます。辛めの白、もしくはエレガントな赤ワインと合わせるのがおすすめです。

リーズナブルな日替わりランチも大人気

「料理はもちろん、内装や外観などお店に関するものはすべて古き時代のフランスをイメージしたもの。食材をいかすフレンチの技法を守りつつ、親しみを持っていただけたら」と羽立さん。ワインはフランス産を主軸に100種以上。アミューズ、オードブル、メイン料理からそれぞれ1品ずつセレクトするプリフィクスコース(税別5000円~)など、コース料理も魅力的です。

さらに、平日の日替わりランチは税別1000円で味わうことができるとあって、女性客を中心に人気を集めています。スープカレーやハンバーガーなど、ディナーでは味わえないユニークなメニューが登場することも。ホームページで日替わりメニューをチェックしながら、次回、お昼休みの再訪を固く決意しました。(ライター/麻林由、カメラマン/片桐圭)

●お店とメニュー情報●

[メニュー]※税別
■岩手・宮古産 秋鮭の低温コンフィ 秋ナスのピューレ・生イクラ 2000円
■ブルターニュ産 オマールエビのロースト  3000円
■岡山産 仔イノシシもも肉         3000円

[店名]Brasserie Gyoran(ブラッスリー ギョラン)
[住所]東京都中央区八丁堀2-1-9 川名第一ビル1F
   (宝町駅から徒歩4分、八丁堀駅から徒歩5分、東京駅から徒歩12分)
[営業時間]【平日】11:30~14:00(L.O.14:00)、
          18:00~23:00(L.O.22:00)
      【土曜】12:00~14:00(L.O.14:00)、
          18:00~22:00(L.O.21:00)
[定休日]日曜、月1回不定休
[問い合わせ先]050-3373-6061
[ホームページ]https://r.gnavi.co.jp/9pc5muhe0000/

dressing はぐるなびが運営するグルメメディアです。
食に深い知識と経験を持つ“食の賢人”たちが、ただ“おいしい”の枠を超えた最高の食生活を提案します。