3ステップでできる! トマト料理で疲れを吹き飛ばす

キレイをつくる野菜レシピ

 毎月一つの野菜をテーマに、「とことん簡単で、食べて美味おいしく、ヘルシーなレシピ」を紹介しているこのコーナー。今月は、カゴメ「野菜と生活 管理栄養士ラボ」の山口彩夏がお届けします。

 7月のテーマは、甘くて真っ赤な、今が旬の「トマト」です。

ヨーロッパの「おふくろの味」

 トマトは、うまみ成分である「グルタミン酸」「アスパラギン酸」の宝庫です。日本で昆布だしやかつおだしが、さまざまな料理に使われてきたように、南ヨーロッパの地中海地方では18世紀頃から、うまみの豊富なトマトが親しまれています。イタリアの家庭において、トマトソースはまさに“おふくろの味”です。

 値打ちの高い果物や野菜を「リンゴ」と呼ぶ習慣のあるヨーロッパで、「ラブ・アップル(愛のリンゴ)」や「ポモドーロ(黄金のリンゴ)」などと称されることからも、トマトが欠かせない存在であることが分かりますね。

おいしいトマトの選び方

 トマトを買う時は、肩の部分やそのまわりが、よく張って固く締まったもの、そして手に取ってずっしり重いものを選びましょう。皮はよく色づいてムラがなく、ヘタは濃い緑色のものがおすすめです。キズのあるものは、いたみやすいので避けるのが無難です。

 トマトに含まれる「リコピン」という成分は、体の調子を整えてくれます。旬のトマトをいっぱい食べて、夏の疲れを吹き飛ばしましょう!

◇ ◇ ◇

〈おだしのうま味 冷製トマト〉

 

◇材料
トマト 2個
めんつゆ(ストレート) 150ml
しそ 適量
【作り方】
1.トマトを湯むきする。
 ※丸ごと冷凍した場合、水につけるだけで皮がむけます。
2.めんつゆにつけ、冷蔵庫で2時間ほど冷やす。
 ※濃縮タイプのめんつゆは、希釈しましょう。
3.千切りのしそを上に載せる。

〈ブルスケッタ〉

 

◇材料
トマト 2個
バケット 8枚
チューブにんにく 1センチ
オリーブオイル 小さじ2杯
粉チーズ、塩コショウ 少々
【作り方】
1.トマトを1センチ角に切る。
2.チューブにんにく、オリーブオイル、粉チーズ、塩コショウと(1)のトマトを合わせる。
3.(2)をこんがり焼いたバケットに載せる。

◇今日の栄養メモ~リコピン~

 トマトが真っ赤なのは、リコピンが含まれているから。植物などに含まれる赤色やオレンジ色の色素成分・カロテノイドの一種で、抗酸化作用が強いことでも知られています。油に溶ける性質を持つため、油と一緒にとると吸収率が高まります。熱に強いので、いためたり、煮込んだりしても、成分が変化しにくいのが特長です。

 「いつ取るか」も重要なポイント。トマトジュースを飲んだとき、朝昼晩どの時間帯がリコピンの吸収率が良いか、カゴメが研究をした結果、朝の吸収率が一番良いことが分かっています。効率良く、おいしい食べ方を試してみてくださいね。

山口 彩夏(やまぐち・あやか)

 カゴメ「野菜と生活 管理栄養士ラボ」所属・管理栄養士。2016年にカゴメ入社。カゴメ オムライス検定1級。野菜摂取の重要性を発信する活動を担う。特技はトマトの薄切り。包丁の先端を使うのがポイントです。

「野菜と生活 管理栄養士ラボ」
 カゴメ「野菜と生活 管理栄養士ラボ」は、管理栄養士資格保持者による専門チーム。カゴメのトマトを中心とする野菜の研究活動で培った知見や、お客さまとのコミュニケーション活動で培った提案力を生かして、「食と健康」に関するコンテンツの開発・提案を行っている。