サマーリース ベルデ さわやかな白ブドウのアイスケーキ

瀬戸理恵子のおやつ便り

 今日のおやつの時間は夏のティーパーティーを気取って、みんなで切り分けながら華やかなアントルメ・グラッセ(アイスケーキ)を。選んだのは、見た目にも涼やかな「メゾン ジブレー」の「サマーリース ベルデ」です。

 日本各地の農園を訪れて、果物や野菜を育てる生産者と交流を深めている、「メゾン ジブレー」オーナーシェフの江森宏之さん。シェフ・グラシエ(アイスクリーム職人)、シェフ・パティシエ(菓子職人)として、その質の高い素材を使ったケーキやジェラートをつくり、四季折々の味わいを届けています。

 「サマーリース ベルデ」の主役は、岩手・松原農園の「ナイアガラ」という名の白ブドウです。特長はなんといっても、フレッシュ感あふれる芳醇ほうじゅんな香り! 「完熟すると甘くて、香りがすごいんです。ほかのブドウとは違う、なんとも言えない魅力的な香りがします。収穫時期は秋なのですが、このおいしさをぜひ暑い季節に楽しんでいただきたくて、去年採れた実をピュレにして冷凍保存し、夏のアントルメ・グラッセに仕立てました」と江森さん。

 ブドウの房をかたどった、淡い緑色が美しいナイアガラのシャーベットを口に入れると、シャリッと溶けてフルーティーでさわやかな味と香りが体中を駆け抜けます。それを支えるのが、サクサク香ばしいタルトと、ラズベリーを混ぜこんだコクのあるバニラアイスクリーム、そして、やわらかな酸味を放つヨーグルトのシャーベット。間にはサクッ、ホロッとしたシュトロイゼルもところどころ散りばめられていて、まるでケーキのような味わいのマリアージュと食感の変化が心憎い! ひと口食べれば蒸し暑さなんてどこへやら、という気分にさせてくれる、ひんやり、みずみずしい夏のごちそうスイーツです。

サマーリース ベルデ
 6号 4500円(税抜き)
オンラインショップでも購入可能(送料別途)
店舗 メゾン ジブレー
神奈川県大和市中央林間4-27-18
電話 046-283-0296
営業時間 10:00~19:00
月曜休、火曜不定休

瀬戸 理恵子(せと・りえこ)
フードエディター・ライター

 瀬戸 理恵子(せと・りえこ) フードエディター。 1971年東京都生まれ。銀行勤務を経て2000年にパリへ製菓留学し、エコール・リッツ・エスコフィエ、ル・コルドン・ブルー パリで菓子ディプロムを取得。ピエール・エルメ氏のもと研修を重ねる。2001年帰国し、月刊誌「料理王国」、「料理通信」の編集部を経て、2009年独立。お菓子を中心にフリーランスのフードエディター・ライターとして活動中。監修・共著に「東京手みやげ 逸品お菓子」(河出書房新社)など。このほか、「『オーボンヴュータン』河田勝彦の郷土菓子」(誠文堂新光社)など、パティシエの書籍製作も手がける。

【あわせて読みたい】

アーリーサマー 初夏を彩るさわやかパフェ

ゴーフレット 奥深いコクと「ジャリリ」に魅せらせて

生いちご 氷の絶壁を流れ下る真っ赤な果実

ローズカップケーキ ティータイムにバラの花束を

グリオット かわいくて甘酸っぱいサクランボ