癒やし効果絶大、猫社員とはたらけるIT企業

いろいろな猫の生き方(57)

 IT企業のファーレイ株式会社(東京)には、たくさんの“猫社員”がいます。つまり猫と一緒に働けるという、猫好きにとって夢のような会社です。2000年創業の同社は、不動産情報の管理システムを開発した先駆者的な存在で、現在もシステム開発を主体に、WEBページの制作や、SEO対策などの業務を行っています。「猫と働ける会社」と話題になり、会社説明会を開けば多くの就職希望の学生が集まり、海外メディアからの取材もひっきりなしだそうですが、時代の最前線を行くIT企業に、“猫社員”がいるとは、どこか不似合いな印象を受けます。では実際、猫たちは社内でどのように過ごしているのでしょう? それを確かめに同社を訪れました。

 中央区・晴海の高層ビル46階にあるオフィスを訪ねてみると、“人社員”のあいだに“猫社員”の姿が見えます。最初に人見知りをしない、好奇心旺盛な「バン」が出迎えてくれました。

 頭部がユニークなカツラをかぶっているようなバンは、まるで広報担当のような働きぶりです。取材が入るときは必ず絵になるポーズを提供する、サービス心旺盛な猫です。お座りやお手もできるんです。

 棚の上には、白に頭部のワンポイントが特徴の「ブラン」。バンとはきょうだいなのですが、活発な兄と違い、おとなしい性格。社内では生きたぬいぐるみのように周りを和ませています。

 ファーレイ代表である福田英伸さんの言葉を借りれば、「虫のように小さなとき」に会社にやって来ました。ゴミ置き場にいたところを運良く保護され、人社員によって迎え入れられたそうです。今では2匹とも立派な猫社員に成長しました。

 仕事柄“人社員”の皆さんは、パソコンの前でもくもくと仕事に集中しています。社員同士の連絡なども、パソコンのチャットで行うので、フロアは静かそのもの。なにか物音がするとすれば、それは猫社員たちの仕業です。

 猫社員”たちは、専用の爪研ぎがあるにもかかわらず、イスの背もたれでこのようにガリガリ爪研ぎをしています。でも、壁などでは一切やらないそうなので、被害は最小限です。イスは取り替えればいいだけですからね。

 黒猫の「すばる」は、机の下でパソコン機器と配線のチェックでしょうか? すばるの飼い主である人社員は、入社をきっかけにすばるの里親になったそうです。会社へは、自転車で一緒に出勤。同社は、社員がそれぞれの飼い猫と一緒に働ける会社なのです。さらに、保護猫など恵まれない猫を引き取り、飼育している社員には毎月「猫手当」が支給されています。

 同フロアにもう一つ部屋があり、そちらは女の子の猫社員専用です。男女一緒にすると男の子のバンが興奮して騒いでしまうので、猫社員に限っては、男女で部屋を分けられています。

 サビ柄猫の「V(ブイ)」のセクシーポーズ。賢いVは、福田さんがこのポーズをお願いすると披露してくれます。Vと姉妹の三毛猫の「うめ」。2匹とも子猫のときに、保健所から社に迎え入れた保護猫。いまでは仲良しの立派な猫社員に成長しました。

 Vと姉妹の三毛猫の「うめ」。2匹とも子猫のときに、保健所から社に迎え入れた保護猫。いまでは仲良しの立派な猫社員に成長しました。

 正午と午後7時、1日2回の猫社員のごはんタイムは絶対的なものです。時間になると猫たちの催促が始まります。仕事柄、人社員は仕事に没頭しがちになってしまいますが、猫社員たちが居ることで、いい意味での切り替えになっているようです。

 人見知りなムギワラ柄猫の「昆布巻」は、この1枚の写真を撮らせてくれたあとは隠れてしまいました。でもいいんです。積極的な猫社員もいれば、おとなしい猫社員もいて、それが個性ですからね。

 こちらの部屋も、仕事に集中する人社員と、自分のしたいように過ごす猫社員。猫って自分に構い過ぎる人が苦手だから、この状態は猫にとっても居心地がいいのでしょう。

 Vを抱っこする福田さん。人はカメラを向けるとどうしても表情が硬くなりがちですが、猫がいるだけで人をニッコニコの笑顔にさせてしまいます。これも猫パワーですね。

 人社員同士のコミュニケーションも、猫をきっかけに生まれるし、猫がいるだけで癒やされます。仕事の成果を上げるのは人社員ですが、それを支えているのはまぎれもなく猫社員たちです。

 ファーレイを訪ねてみて、猫が作業の効率アップに一役買っていることが、よくわかりました。随時ツイッターで猫たちの様子がアップされているので、猫たちが気になった方は一度のぞいてみてください。

 

ファーレイ株式会社

ホームページ

ツイッター

インスタグラム

南幅俊輔(みなみはば しゅんすけ)
デザイン事務所コイル代表。ソトネコ写真家&グラフィックデザイナー

猫の島「田代島」を訪れたのがきっかけで、「ソトネコたち」の生き方に興味を持ち、瀬戸内や九州の島で猫たちの写真を撮っている。ソトネコサイトの管理者。著書に「ソトネコJAPAN」「ねこ柄まにあ」「のんびり猫旅」「ねこ暦 七十二候」「サーバルパーク」「ワル猫だもの」「どやにゃん」「ワル子猫カレンダー2019」「辛口こねこカレンダー2019」ほか。

ソトネコ facebook sotoneko

怖い! かわいい!笑っちゃう?ドヤ顔だけ集めたねこ写真集。
「どやにゃん」南幅俊輔著。(辰巳出版、842円・税込み)
「辛口こねこカレンダーMOOK 2019」南幅俊輔著(OAK MOOK、800円・税込み)
「ワル猫カレンダーmook 2019」南幅俊輔著(SUNエンタメ MOOK、800円・税込み)