中目黒にまた一つ、焼き鳥の新店が登場

ごほうびフード×ぐるなび

 人知れず頑張っているあなたへ。すてきなレストランやワンランク上の手土産など、女性にとって、最高においしい“ごほうびフード”情報をお届けします。

 人気店がひしめく焼き鳥激戦区でもある東京・中目黒に、また一つ新たな焼き鳥店が登場した。東京メトロ・中目黒駅の中央改札を出て、目の前の横断歩道を渡ってすぐ。居酒屋「塚田農場」だった場所に今年3月オープンしたのが、今回ご紹介する「焼き鳥つかだ」。運営しているのは「塚田農場」と同じエー・ピーカンパニー。同社が社運をかけて取り組む新ブランド「つかだ」の第1号店にあたるという。

コンセプトは「大人の入り口」。リーズナブルに味わう

 ゆっくりスライドする大きなガラスの自動ドアから店内へと一歩足を踏み入れると、奥へ伸びるカウンターと並行して4人がけのテーブルが配置されて、ひらがなの「つ」のロゴマークが描かれたのれんの奥には、掘りごたつの別空間が隠れている。

 店舗プロデュースを手掛けたのは、日本を代表するアートディレクターとして知られる佐藤可士和(かしわ)氏。装飾は最小限に抑え、ステンレスと木材というシンプルな素材感で統一された落ち着いた店内は、照明の光量やBGMのボリュームにいたるまで、すべて料理を引き立たせるために計算されているという。

 17時の開店と同時に予約客が次々と来店。客のお目当てはやはり、焼き鳥。宮崎の「みやざき地頭鶏じとっこ」を使った焼き鳥と一品料理は、ここでしか味わえないものだ。

自社農場で高品質と低価格を実現

 「焼鳥つかだ」で提供されている「みやざき地頭鶏」は、すべて宮崎県にある自社養鶏場で育てられたもの。県内でも限られた農家にしか生産が許されていない、地鶏でもある。毎日約1000羽の中から最も状態の良い鶏が選ばれ、その2日後には下処理を施した状態で店の厨房(ちゅうぼう)へ届けられるという。肉質はしまっていながら柔らかく、かむほどにうまみが湧き出る。職人によって火入れされた焼き鳥を一口味わえば、その明らかな味の違いに驚くはずだ。

初めて訪れるなら迷わずこれ!「焼き鳥おまかせ五種」

 初めて訪れる人はもちろんのこと、リピーター客のほとんどが注文するメニューが「焼き鳥おまかせ五種」(1500円・税別)。希少部位の「ふりそで」に始まり、ささみ磯辺巻、もも、ハツ、月見つくねまで、食べる人のペースに合わせて、焼きたてが1種類ずつ提供される。

 「ふりそで」(写真手前)は手羽先の付け根にあたる部分。カリッとした皮の内側からジューシーなうまみが染み出し、1本目からすっかり心をつかまれることだろう。肉質の良さをダイレクトに味わう焼き鳥の王道「もも」(写真中央)は3番目、コリッとした食感の変化を楽しむ「ハツ」(写真奥)は4番目に登場する。

 2番目に登場するのが、こちら「ささみ磯辺巻」。昆布で締めたささみの表面を軽く(あぶ)ることで炭の香りをまとわせ、モチッとした弾力が魅力だ。

 最後はオレンジ色の卵「塚だま」の黄身が添えられた「月見つくね」。濃厚な黄身を絡ませながらいただく肉厚なつくねは、ボリュームがあってなかなかの満足度。鶏のさまざまな部位を使えるからこその多彩な味わいが、この五種でしっかり堪能できる。

 ここから先は、お酒の中からお気に入りを単品で頼むのもよし、お品書きの中から気になる串や料理をアラカルトで楽しむのもよし。一品料理の中には「塩もつ煮込み」(580円・税別)、「ハツユッケ」(680円・税別)と、心引かれるメニューが並ぶ。いろいろ頼んで、お気に入りを見つけるのもまた楽しいだろう。

こだわりが満載!焼き鳥屋で味わう「極上親子丼」

 「極上親子丼」(800円・税別)も人気メニューの一つ。器の蓋を開けると、真ん中には「塚だま」の濃いオレンジの黄身。それを崩して絡めながらいただく。丼のどこをすくっても鶏肉がしっかり入り、半熟の溶き卵とトッピングの黄身がふっくらアツアツの長野県産コシヒカリと絡み合う。まるで、たまごかけご飯を食べているような感覚。かつおだしの風味も、食欲をそそるのに十分だ。

 そして、「焼鳥つかだ」のもう一つのお楽しみが、料理と組み合わせて楽しむワイン。ボトルは3500円からそろい、グラスワインはオール650円(価格はすべて税別)。グラスに注がれるワインの量を変えることによって、高い銘柄のワインも同一価格で味わえ、ワイン初心者でも気後れなくチャレンジできる。焼き鳥とワインを合わせながら、マイベストなペアリングを探す面白さを体験してみよう。(ライター・田中英代)

[店名] 焼鳥 つかだ
[住所] 東京都目黒区上目黒1-20-5
[問合せ先] 050−5828-2751
[営業時間] 17:00~24:00(23:00 ラストオーダー)
[定休日] 不定休
[ホームページ]  https://www.yakitori-tsukada.jp/

●厳選したワンランク上のおすすめグルメはこちら●

dressing は、ぐるなびが運営するグルメメディアです。
食に深い知識と経験を持つ“食の賢人”たちが、ただ“おいしい”の枠を超えた最高の食生活を提案します。