創作フレンチで格式ばらないクリスマスディナー

ごほうびフード×ぐるなび

 人知れず頑張っているあなたへ。すてきなレストランやワンランク上の手土産など、女性にとって最高の“おいしいごほうび”情報をお届けします。

鉄板焼きで楽しく華やかなフレンチを

 クリスマスディナーといえば、真っ先に思い浮かぶのがフレンチ。オーソドックスなコース料理もいいけれど、今年はライブ感あふれる鉄板創作フレンチで楽しく過ごしてみよう。

 東京・中目黒駅から徒歩5分、ゆるやかな上り坂を歩くと、シックな建物の2階に「BLOCKS(ブロックス)」がある。フレンチビストロの第一人者・木下威征たけまさシェフが手掛ける恵比寿の「AU GAMIN DE TOIKO(オー・ギャマン・ド・トキオ)」の系列店だ。

 「鉄板」「フレンチ」のキーワードを耳にするだけで思わず身構えてしまいがちだが、ドアを開けた瞬間に緊張はすぐに解ける。1900年代のアメリカをイメージしたウエスタン調のインテリアに、開放的なオープンキッチンと鉄板前のカウンター席。スイングドアで仕切られた個室から、鉄板とナイフの小気味よい音が聞こえてくる。「いらっしゃいませ!」と笑顔で声をかけてくれるスタッフはポロシャツ姿で、リラックスした空気を醸し出す。

 クリスマスコースは全8品の「冬の味覚コース」と、全10品の「黒トリュフコース」「白トリュフコース」の計3種。特別な夜なら、ぜひ豪華食材を惜しみなく使用する「黒トリュフコース」をセレクトしよう。

クリスマスの世界へ誘う盛りだくさんな前菜

 運ばれてきた前菜の色彩に思わず感嘆の声が上がる。赤や緑といったクリスマスカラーを意識した、華やかでどこか温かみのある色合いだ。

 まずは「フォアグラのテリーヌ・ブリオッシュ」をいただく。カリッと焼上がった自家製のブリオッシュと口を含めば、なめらかな口当たりのフォアグラのテリーヌが舌の上であっというまにとろけてしまった。

 続いて「蝦夷えぞ鹿と野生きのこのパテ」。フランス産のアンズダケ、黒ラッパだけといったユニークなキノコと、香ばしいエゾシカ肉の豊かな風味を堪能した後は、「黒毛和牛ローストビーフと彩り野菜ジュレ」を。まるで小さなお弁当箱のように金時人参とズッキーニで巻かれた菊花、初物の菜の花などの旬野菜が何とも愛らしい。サーロインを贅沢ぜいたくに使ったローストビーフのコクにはワインが進みそうだ。どれをとっても主役級の輝きを放っている。

オマール海老の音と香りもごちそう

 ジュージューと豪快な音が上がり、思わず鉄板に注目する。内田健太シェフが「オマール海老えびの鉄板焼き 海老ミソ濃厚アメリケーヌソース」を調理している最中だった。無駄のない仕事ぶりに見とれていると、いきの良いオマール海老がみるみるうちに鮮やかな赤色に焼き上がっていく。

 魚介料理と銘打つには、あまりにもカラフルな一皿。オマール海老のぷりぷりとした弾力に夢中になり、かめばかむほど優しい甘さがあふれ出てくる。オマール海の頭に詰まったミソを使った濃厚なソースと、カリフラワーのピューレを合わせればまろやかな舌触りになる。添えられたサフランの焼きリゾットも香ばしく、ここにも芽キャベツやちぢみほうれん草など旬の野菜が登場する。

滑らかな舌触り、贅を極めたメイン

 さて、お待ちかねのメインは「黒毛和牛フィレ肉とフォアグラのロッシーニ」。サシと赤身のバランスが絶妙な前沢牛のシャトーブリアンの上には、こちらも鉄板で丁寧に焼き上げられたフランス産のフォアグラも載せられ、トリュフのソースに染まっている。贅を尽くすとは、まさにこの光景。なめらかな肉汁とほんのり甘い上品なソースが絡み合い、柔らかな肉の舌触りに思わず目を閉じて、しばし、うっとりと堪能する。

 付け合わせはフランスのサボワ・ドーフィネ地方の伝統食「タルティフレット」をアレンジしたジャガイモのグラタン風。メークインとカマンベールチーズの繊細な味わいが、この一皿を親しみやすく優しい表情に見せてくれている。

五感が満足する「おいしい」「驚きのある」料理を

 「ブロックス」のコンセプトの一つが、「おいしくて、驚きのある料理」。オーナーの木下シェフが大事にするお客との距離感、ライブ感、何よりもおもてなしの心を体現する自由な発想で、多彩なメニューを生み出してきた。

 その“木下イズム”の後継者として公言されているのが内田シェフ。木下シェフが手がけるGAMINグループをオープン時より支え続け、2012年の「ブロックス」オープン時には初代料理長を務めた。その後、系列店を経て、昨年から再び「ブロックス」で活躍している。

 「シンプルですが、『どれを食べてもおいしかった』と思っていただけるような料理を提供したいんです。特にクリスマスは一年のなかでも重要なイベントとしてとらえている方は多いはず。せっかくの限定コースなので、どのコースでも満足していただけるようなサービスを提供させていただきます!」と胸を張る内田シェフ。その言葉通り、最初から最後まで食べ終えてしまうのが惜しいほどの逸品ぞろいだった。

(ライター/麻林由、カメラマン/片桐圭)

【クリスマスコース】(全て税込み・サービス料別)
「黒トリュフコース」(10品) 1万2000円
「白トリュフコース」(10品)1万5000円
「冬の味覚コース」(8品) 1万円
※12月22~25日限定、要予約

[店名]Plaque Cuisine de GAMIN “BLOCKS”
(プラック・キュイジーヌ・ド・ギャマン・ブロックス)
[住所]東京都目黒区上目黒3-16-13 CUBE-M 2F
[営業時間]
月~土18:00~24:00(L.O.23:00)、
日曜のみランチ11:00~14:30(L.O.13:30)、
ディナー18:00~23:00(L.O.22:00)
※クリスマス期間中の12月22~25日は17:30~
[定休日]無休(年末年始のぞく)
[問い合わせ先]03-5724-3461

●厳選したワンランク上のおすすめグルメはこちら●