「TOKYO RESTAURANT WEEK」で東京の“今”を体感

ごほうびフード×ぐるなび

 人知れず頑張っているあなたへ。すてきなレストランやワンランク上の手土産など、女性にとって最高の“おいしいごほうび”情報をお届けします。

この秋開催!TOKYO RESTAURANT WEEK

 食欲の秋にふさわしいイベントが、10月11日(水)〜24日(火)の2週間にわたって開催される。その名も「TOKYO RESTAURANT WEEK」。東京の“今”を知る21人のレコメンダーが選んだ63のレストランで、この期間だけの特別コースが用意されるのだ。コースの価格は、ランチ2,000円/3,000円/5,000円、ディナー5,000円/7,000円/10,000円のいずれかかで各店舗が設定。気になっていたお店へ足を運ぶ絶好のチャンスとなるはずだ。

驚きと発見の連続!『サーモン アンド トラウト』

 参加店の一つ「サーモン アンド トラウト」は、代沢の住宅街にあり、下北沢と三軒茶屋、どちらの駅からもアクセスできる。オーナーシェフの森枝幹さんによる料理は、食材の選び方、使い方、そして味の面でも独創的。料理とお酒のペアリングが楽しめ、アートディレクターやDJ、モデルなど各界で活躍するレコメンダーが推薦。香港など海外から駆けつける人も少なくない人気店だ。

食材の裏のストーリーを感じさせる料理

 ここでは「一体、どこでどうやって入手しているのか?」と不思議に思うほど、希少な食材が次々と登場する。「最近では、より自然栽培に近い、人間があまり手を加えていない食べ物の方がおいしい気がしてきているんです」と森枝さん。今の時期なら、長野のキノコ採り名人から直接取り寄せている天然キノコ。しかも、森枝さんは毎週のように名人の元を訪れ、自ら天然キノコを採っているのだとか。「森の空気や木の香りなど、天然キノコがどんなところで育ったのかを知っておきたい。それを知っているのといないのとでは、出来上がる料理が全く違うものになるんです」

 だから、食材を仕入れるタイミングは不定期。つまり、良いものがとれたときに買わせてもらうスタイル。だから、おまかせのコース内容は日々替り、訪れるたびに違った感動と喜びをもたらしてくれるというわけだ。

 「おなかがいっぱいになることと、おいしいことは外しちゃいけない。その上で、どこか懐かしさを感じてもらえる料理を目指しています」

料理とお酒のペアリングを味わってこそ

 そしてもう一つ、『サーモン アンド トラウト』で楽しんでほしいのは料理とお酒とのペアリング。お酒を担当するのは、シチリアでワイン作りに携わっていた経験を持つ柿崎至恩さん。ワイン、日本酒、焼酎など、ありとあらゆる種類のお酒の中から、森枝さんの料理一皿ごとにビシっと合うものをセレクトする。それも、温度や風味、成分までを考慮してベストなペアリングを追求する。

 日本酒を茶葉にくぐらせたり、珍しい焼酎を日本酒に1滴だけ加えてカクテルにしたりと、一筋縄ではいかない手法で料理とのバランスを絶妙に保っている。

 さて、今回のイベントのために用意されるのは7,000円で約10品のコース。「どんな方がいらっしゃっても普段通りの姿勢を崩さず、自分が正しいと思うことを貫いた料理を作りたい。食材との出会いを純粋に楽しめるような懐の広いお客さまと、一人でも多くお会いできるのを楽しみにしています」と森枝さん。

 外観はまるで自転車店。店名に「サーモン アンド トラウト」とあるけれど、サケ料理の専門店ではなく、既成概念を超えて多彩な味と人が融合するライブ感がこの店の魅力。ぜひこの機会に体感してみてほしい。

(取材・文/田中英代)

[メニュー]7,000円(税別)
ある日のコース例
  鮒鮨ふなずし/根セロリ/ヨーグルト
  天然キノコ/イチジク/地鶏 
  シラス/豆乳/きゅうり
  スズキ/天然アミタケ/トマト
  アユ/フィッシュ&チップス
  キウイ/コリアンダー/山椒さんしょう
  クマ/天然キノコ/ジャガイモ
  スッポン/牛テール/白菜
  ラベンダー/エルダーフラワー/桃樹液
  サツマイモ/ドライフルーツ/ラム (約10品)

[店名]Salmon&Trout(サーモン アンド トラウト)
[住所]〒155-0032 東京都世田谷区代沢4-42-7
[問合せ先]080-4816-1831
[営業時間]18:00~24:00(ラストオーダー23:00)
[定休日]日曜日、月曜日
[ホームページ]https://r.gnavi.co.jp/e0wz75tf0000/