「ル・プーレ ブラッスリーうかい」究極のロティサリーチキン

ごほうびフード×ぐるなび

 人知れず頑張っているあなたへ。すてきなレストランやワンランク上の手土産など、女性にとって最高の“おいしいごほうび”情報をお届けします。

ロティサリーチキンで勝負する、うかいのブラッスリー

 会社帰り、「ごほうびフード」を目当てに友達と集まるなら、オフィス街が便利だ。今回、訪ねるのは東京・千代田区の大手町駅に直結した「LE POULET BRASSERIE UKAI(ル・プーレ ブラッスリーうかい)」。

 名前のとおり、「うかい亭」や「とうふ屋うかい」を展開するうかいグループが、今年2月にオープンしたブラッスリーだ。“Le Poulet”はフランス語で「鶏」。デイリーに利用できる店を目指し、ロティサリーチキンをメインにした新ブランドで勝負をかけてきたのだ。

キッチンの中心で、回りながら焼かれる鶏にくぎ付け

 女性4人で訪れ、驚いたのがロケーション。大手町だから、ビルの谷間にあると思いきや、皇居のお堀に面したガラス張りの開放的なつくり。雰囲気のある夜もすてきだが、テラス席もあるので、昼も緑と風が気持ちよさそうだ。

 私たちは窓側のテーブル席に通された。ほかにカウンター席やセンターテーブル席もあり、ゲストの視線がブルータイルに囲まれたオープンキッチンに集まりやすいようにレイアウトされている。キッチンに目をやると、若いスタッフたちがきびきびと立ち働く様子が見えるが、注目したいのはロティサリーマシーン。丸々と太った鶏が大きな串に刺され、炎の前でくるくると回っているではないか! ロティサリーチキンは、数年前から流行しているため、提供するレストランは多いが直火で全面をあぶるマシーンは初めて見た。何ともフォトジェニックかつ、食欲を誘う仕掛け。もちろん私たちは、フルサイズのロティサリーチキンをオーダーした。

ワインはお手ごろ価格。シャンパンの種類の豊富さもチェック

 乾杯は皆でボトルワインにしようと、ワインリストをめくる。白ワインも赤ワインも3500円からあり、3800円、5800円、7800円と2千円刻みとなっている。そのなかで目にとまったのは、シャンパン。6種類から選べてどれも7800円なのだ。頼まない手はない。

 シャンパンで華やかに乾杯した後は、オーダーしたサラダやキッシュの大皿がテーブルに並んだ。女子会はこうして大皿を皆で取り分けて食べるのが会話もはずんで楽しい。店内に飾られた鶏をモチーフにしたオブジェもかわいらしく、会の雰囲気を盛り上げてくれた。

香ばしい皮目の脂のうまさと肉質のバランスの良さに驚き

 席について1時間が経った頃だろうか、メインのロティサリーチキンがやってきた。私たちは、歓声を上げて出迎える。間近で見ると、予想よりも大きく、丸々とした肉厚な鶏。こんがりと焼けたモモ肉やムネ肉には、“立派”という言葉がふさわしい。食べやすくいったんキッチンで切り分けて、再び運んできてくれるようだ。

 いよいよ、ロティサリーチキンが目の前に到着。鶏肉をナイフで大きめにカットし、かじりつく。香ばしく焼けた皮のパリッとした歯ごたえを感じ、むとあふれ出す脂身の深みのある味に驚く。鶏肉の脂にこんなにうま味があるとは。そして、噛み応えのあるしっかりとした肉質。閉じ込められた肉汁が口の中にあふれ、肉の食べ応えとジューシーさが見事なバランスだった。皮の食感とうま味がクセになり、部位ごとの味わいを存分に堪能した。こちらの鶏はスペイン産若鶏とメニューにあったが、一体どんな鶏なのだろう?

究極の鶏肉を求めてたどりついた、“プーレ・ジョンヌ”

 その疑問に答えてくれたのは、うかいの洋食事業部で統括料理長を務める細渕賢一さん。「使っているのは、スペイン産のプーレ・ジョンヌという黄色い鶏肉。放し飼いで、とうもろこしを中心にした餌で育てています」。オープンにあたり、メイン料理にふさわしい鶏を探し求めて見つけたものだという。さまざまな種類の鶏を試食した結果、肉と皮の間の脂がしっかりとしていて、肉質のバランスも優れていたのが、プーレ・ジョンヌ。「ロティサリーチキンとして提供するにあたり、満足のいく理想の鶏肉でした」と胸を張る細渕さん。

 さらに、あのロティサリーマシーンも鶏をおいしく仕上げるためには欠かせない調理機器だという。その最大のポイントは、丸鶏を刺した棒が回り、鶏肉全体にまんべんなく火を入れられる点。肉汁を閉じ込めながら巡らせて焼くことができるのだ。なるほど、だからパリッとした皮とジューシーな肉のバランスが保てていたのか。

 博多名物の鳥皮といい、北京ダックといい、鳥類の皮には人をトリコにさせる魅力がある。しかも、「ル・プーレ ブラッスリーうかい」のロティサリーチキンは下味をつけなくても塩と火入れだけで見事な味に仕上がっている。今回は、改めて鶏肉の実力に感服した。こちらのロティサリーチキンは、ランチでもセットを食べられるという。また近いうちに、足を運ぶことになりそうだ。(ライター・岡本のぞみ)

【メニュー】(すべて税込み)
ディナー
ロティサリーチキン スペイン産若鶏
・フルサイズ(3〜4人前)8,000円
・ハーフサイズ(2人前)4,000円
・骨つきもも肉(1人前)2,000円

[店名]LE POULET BRASSERIE UKAI(ル・プーレ ブラッスリーうかい)
[住所]東京都千代田区大手町1−1−1 大手町パークビルディング1F
[営業時間]ランチ11:00〜15:00、ディナー17:00〜23:00(L.O.21:30)
[定休日]日曜日
[問い合わせ先]03−3217−5252
[ホームページ]https://r.gnavi.co.jp/fzapkfuu0000/

 

●厳選したワンランク上のおすすめグルメはこちら●

dressing は、ぐるなびが運営するグルメメディアです。
食に深い知識と経験を持つ“食の賢人”たちが、ただ“おいしい”の枠を超えた最高の食生活を提案します。