アドラーと猫の心理テスト23:世代間ギャップを埋めるには

ネコロジー(ビジネス編)

 

※アドバイスをじっくり読みたい場合は、画像の左端にある<マークを押してください。

A:このテストで分かることは…

「目下の人間にどう思われているかがわかります」
 猫が苦手な人にとっての猫のイメージは、「気まぐれ」「わがまま」「マイペース」「つかみどころがない」などなど、あまり芳しいものではありません。そして、そのイメージの多くは、年上の人から見た若者のイメージとダブります。このテストは、苦手なイメージに何を選んだかで、あなたが目下の人にどう思われがちかをチェックしようというものです。

『世代間ギャップを埋める方法』

 若者に多い悩みのひとつ、それが「本当にやりたい仕事が見つからない」というもの。そんな若者たちに、アドラー博士はちょっと辛口のコメントをしています。やりたい仕事が見つからないのではなく、働きたくないから「見つからない」ことを言い訳にしているのではないかと。
 耳の痛い指摘に聞こえる人もきっといることでしょう。でも、やりたい仕事がないからといって、働かずに生きることはできません。たとえ生きられたとしても、そんな暮らしに生きがいは感じられません。やりたい仕事を探す方法のひとつは、自分がどんなことに興味を持っていたか、からヒントを得るというもの。あなたには時間がたつことさえ忘れて何かに熱中した経験はありませんか?それこそがあなたが興味を持っているもの。まずはそこから、自分の天職を探ってみましょう。

ネコロジー~アドラーと猫の心理テスト~」とは…

 猫の写真から出題される質問に答えると、 あなたの隠された深層心理が明らかに!
 このテストはあなたの持つコンプレックスや性格タイプを知ることにより、ストレスフル社会を生き抜くヒントを、嫌われても構わない振る舞いが逆に愛される猫と、現代人の幸福論を示す心理学者アドラーの教えから学びます。
※ネコロジーは猫(ネコ)と心理学(サイコロジー)の造語。
監修:心理カウンセラー 清田予紀、写真:南幅俊輔

清田予紀(きよた・よき)
心理カウンセラー

熊本県出身。早稲田大学卒。自己実現を促す心理学講座やカウンセリングを通して、主に若者の心理をモニタリングし、研究成果を著作活動に生かしている。猫との付き合いは半世紀近くと長く、猫の心理や猫語の解読に関しても一家言を持っている。著書に『人間心理のふしぎがわかる本』『9割の相手を思いのままにする心理術』(以上三笠書房)『愛されながら人を操る心理法則』(PHP研究所)『猫に名言』(主婦と生活社)など多数

facebook 清田予紀

南幅俊輔(みなみはば・しゅんすけ)
デザイン事務所コイル代表。ソトネコ写真家&グラフィックデザイナー

2009年猫の島「田代島」を訪れ、「ソトネコたち」の生き方に興味を持ち、月1回、瀬戸内や九州の島で猫たちの写真を撮っている。ソトネコサイトの管理者。著書に『ソトネコJAPAN』、『ねこ柄まにあ』、『のんびり猫旅』、『ねこ暦 七十二候』、『ワル猫カレンダー2017』、『ワル猫だもの』、『サーバルパーク』ほか

ソトネコ facebook sotoneko

「ネコロジー 〜アドラーと猫の心理テスト〜」 共著:清田予紀(心理カウンセラー)+南幅俊輔(写真) 主婦と生活社(1296円・税込み)
「知れば知るほど面白い人間心理の謎がわかる本 」清田 予紀著、王様文庫(702円・税込み)
「猫に名言 ~フロイト、ユング、アドラーの50の言葉~」共著:清田予紀(心理カウンセラー)+南幅俊輔(写真) 主婦と生活社(1400円・税込み)