オシャレな猫カフェの「どやにゃん」たち

いろいろな猫の生き方(9)

 今回紹介するのは、猫カフェの猫たち。人懐こかったり、マイペースだったり、猫それぞれの愛らしさで、もてなしている。ところが、原宿のオシャレなエリアにある猫カフェ「MoCHA(モカ)」(東京・原宿)で、愛らしさどころか「どや顔」を振りまいている「猫ホスト」を発見してしまった。もちろん始終、「どや顔」ではない。普通にしていれば、かわいい猫なのだが、時おり見せるワル顔にびっくりなのだ。

 

たいが(2016 年7月8日生まれ、オス)

 写真左の「たいが」はベンガル猫。スラリとした体と運動神経が優れていて、おやつタイムには、最前線でゲット。夢中になるあまり、鼻に縦皺たてじわが寄っていますよ! その隣で短い足ながらかぶりつくのは、マンチカンの「ごましお」。

ごましお(2016 年7月31日生まれ、オス)

 

  毛繕いをしている脇を他の猫が通っただけで、どや顔をする。ごましおはこだわりが強い性格のようだ。店内の様子を端から見る仕草が多く、何かと目が合う。1歳とまだまだ若い猫だが、ひと言いいたそうな顔だ。

ぽむ(2016月8月7日生まれ、メス)

 ぽむもまだ1歳程の若い猫なのに渋い表情が板に付いている。マイペースな子で、他の猫を気にすることなく、自由に気の向くままに行動している。マンチカン特有の短い足でよたよたするのに、この表情。そのギャップのせいか、お店でも人気者だ。

 「猫カフェMoCHA 原宿店」(Tel.03-6447-2665)はJR原宿駅正面のビルの4階にある。流行最先端の街・原宿にふさわしいオシャレな店内だ。18匹もいると性格の違いも猫それぞれ。人懐こい子、ぼんやりとした子。寄ってこない子。それぞれの反応が面白いが、基本的には猫同士みんな仲良しだ。猫たちにモテモテになれる「おやつサービス(有料)」がお勧め。

猫カフェ「MoCHA」ホームページ

南幅俊輔(みなみはば しゅんすけ)
デザイン事務所コイル代表。ソトネコ写真家&グラフィックデザイナー

2009年猫の島「田代島」を訪れ、「ソトネコたち」の生き方に興味を持ち、月1回、瀬戸内や九州の島で猫たちの写真を撮っている。ソトネコサイトの管理者。著書に『ソトネコJAPAN』『ねこ柄まにあ』『のんびり猫旅』『ねこ暦 七十二候』『ワル猫カレンダー2017』『ワル猫だもの』『サーバルパーク』『どやにゃん』ほか

ソトネコ facebook sotoneko

南幅俊輔写真展「ワル猫&どやにゃんin 奥州」

場所:奥州市立胆沢図書館 (猫ノ図書館&猫ギャラリー)
開催日時:7月25日(火)~8月20日(日)火~日9:30-19:00 月・祝日休館
電話:0197-46-2133
奥州市ホームページ
 怖い、可愛い、笑っちゃう、ワル猫&どやにゃんが夏休みの1か月間、図書館内に勢ぞろいします。「行くぜ!東北。」

怖い! かわいい!笑っちゃう?ドヤ顔だけ集めたねこ写真集。
6月15日発売「どやにゃん」南幅俊輔著。(辰巳出版、842円・税込み)
「ワル猫だもの」南幅俊輔著(SUN-MAGAZINE MOOK刊、800円・税込み)
「サーバルパーク」南幅俊輔著(マガジン・マガジン刊、800円・税込み)