アドラーと猫の心理テスト9:「どいて」といったら猫は?

ネコロジー(アドラー編)

写真を見て直感で答えなさい

A:このテストで分かることは…

「当たり前のことに、あなたがブレーキをかけてしまう理由がわかります」

 道に捨てられた空き缶をあなたは拾うでしょうか。電車でお年寄りに席を譲るでしょうか。選挙には必ず行くでしょうか。もし行動することを躊躇するとしたら、それはどんな心理が働くからなのでしょう。
 このテストは、当たり前のような行動についついブレーキをかけてしまうあなたの本音に迫るテストです。あなたが選んだ猫のセリフには、まさにその理由が暗示されているのです。

人生の傍観者にならニャい生き方を!

 『傍観者効果』という心理用語があります。これは、誰かを援助すべき状況であっても、周囲に多くの人がいると援助行動が抑制されてしまう心理をいいます。その場にいる人数が多ければ多いほど、傍観者になってしまい、自ら行動を起こさないようになるという心理現象です。一人ひとりの責任感や危機感が希薄になってしまうのでしょうね。あなたにも、そんな経験があるのでは?
 この効果は、その場にいるのが自分だけであれば意外と表れません。ひとりだと援助行動をとる確率が高くなるのです。あなたは、周りに流されず、自分らしい行動がとれる自信はどれくらいあるでしょうか。アドラー博士も、大事なのは「一人ひとりが自分らしく、しかもお互いが協力し合える関係」、つまり『共同体感覚』だと言っています。

ネコロジー~アドラーと猫の心理テスト~」とは…

 猫の写真から出題される質問に答えると、 あなたの隠された深層心理が明らかに!
 このテストはあなたの持つコンプレックスや性格タイプを知ることにより、ストレスフル社会を生き抜くヒントを、嫌われても構わない振る舞いが逆に愛される猫と、現代人の幸福論を示す心理学者アドラーの教えから学びます。
※ネコロジーは猫(ネコ)と心理学(サイコロジー)の造語。
監修:心理カウンセラー 清田予紀、写真:南幅俊輔

清田予紀(きよた・よき)
心理カウンセラー

熊本県出身。早稲田大学卒。自己実現を促す心理学講座やカウンセリングを通して、主に若者の心理をモニタリングし、研究成果を著作活動に生かしている。猫との付き合いは半世紀近くと長く、猫の心理や猫語の解読に関しても一家言を持っている。著書に『人間心理のふしぎがわかる本』『9割の相手を思いのままにする心理術』(以上三笠書房)『愛されながら人を操る心理法則』(PHP研究所)『猫に名言』(主婦と生活社)など多数

facebook 清田予紀

南幅俊輔(みなみはば・しゅんすけ)
デザイン事務所コイル代表。ソトネコ写真家&グラフィックデザイナー

2009年猫の島「田代島」を訪れ、「ソトネコたち」の生き方に興味を持ち、月1回、瀬戸内や九州の島で猫たちの写真を撮っている。ソトネコサイトの管理者。著書に『ソトネコJAPAN』、『ねこ柄まにあ』、『のんびり猫旅』、『ねこ暦 七十二候』、『ワル猫カレンダー2017』、『ワル猫だもの』ほか

ソトネコ facebook sotoneko

「ネコロジー 〜アドラーと猫の心理テスト〜」 共著:清田予紀(心理カウンセラー)+南幅俊輔(写真) 主婦と生活社(1296円・税込み)
「知れば知るほど面白い人間心理の謎がわかる本 」清田 予紀著、王様文庫(702円・税込み)