グラマラスなスワロフスキーの新作腕時計

Baselworld 2017

「クリスタリン・アワーズ」クオーツ、ローズゴールドのコーティングをしたステンレススチール、ケース径:38mm、7月上旬発売予定、63,504円税込み

 クリスタルで知られるオーストリアのブランド「スワロフスキー」は、時計の最大級の見本市「バーゼル・ワールド2017」で新作ウォッチを発表しました。

 今シーズンのテーマは、都会の街をイメージした「アーバンファンタジー」。デザインを手がける、クリエイティブ・ディレクターのナタリー・コランさんは、「腕時計は、機能性を持ったジュエリー。グラマラスでありながら、装いにシックでエレガントなポイントを与えてくれる」と話しています。

スワロフスキーのクリエイティブ・ディレクター、ナタリー・コランさん(バーゼルにて)

 中でもひときわファッショナブルでモダンな印象なのが、新シリーズ「クリスタリン・ピュア」。同ブランドの持つ精巧な加工技術で、クリスタルを盤面にちりばめてあります。合わせるファッションやジュエリーを選ばず、気軽に身につけられそう。

「クリスタリン・ピュア」クオーツ。ケース径は34mmで、左はステンレススチールで59,724円税込み(発売中)。右はローズゴールドのコーティングをしたステンレススチールで66,960円税込み(7月上旬発売予定)

 昨年に登場した、同ブランド初の女性向けの機械式時計「クリスタリン・アワーズ」は、クオーツ電池のムーブメントを搭載して、より手頃な価格となりました。文字盤に敷き詰めた約2000個ものクリスタルがまばゆい輝きを放ち、手元をエレガントに演出します。

 コランさんは「ジュエリーや腕時計は、幸運をもたらしてくれるお守りのようなもの。自分のパーソナリティーにあうものを身につけていると、自信が持てたり、自分の力を発揮したりする助けになるわ」。日本の女性たちに、「自分に自信を持って。同時に、女性らしさを大切にしてほしいと思う」とメッセージを送りました。(広告局・佐川悦子)

 問い合わせは、スワロフスキー・ジャパン(カスタマーサービス) 0120・10・8700