2021年春夏コレクション デジタルが作る新たなショー

Beauty

ミュウミュウ

ニューヨークに始まり、ロンドン、ミラノ、パリ、東京と続いた2021年春夏コレクションが終了した。新型コロナウイルスの影響で、オンラインによる新作発表が中心。ランウェーショーと異なる多彩な表現は、新たなコレクションのスタイルを指し示した。

コレクション取材を始めて以来、経験したことのないシーズンだった。オンライン発表からは、モデルの足音も、観客らのざわめきや拍手も聞こえない。実際のランウェーショーで感じた迫力と熱気を思うと、物足りなさも感じた。

一方で、リアルにはないオンラインの良さもあった。これまでショー会場に招かれなかった一般消費者に向け、積極的なアプローチが試みられたからだ。

寄せられた質問に答えるプラダのデザイナー、ミウッチャ・プラダさん(右)とラフ・シモンズさん

例えば、プラダは動画での新作発表後に、デザイナーのミウッチャ・プラダさんとラフ・シモンズさんの対話を配信した。ファッション界を先導する2人が、「プラダらしさとは」など、世界中のファンから寄せられた質問に回答。ブランドを身近に感じた人は多かっただろう。

メゾン・マルジェラ

メゾン・マルジェラも、めったに表に出ないデザイナーのジョン・ガリアーノさんが動画に出演した。新作は、「パートナーを信頼してステップを踏むタンゴに想を得た」といい、自らステップを踏む姿も見せた。

ミュウミュウはブランドゆかりの女優らをオンライン会議システムでつなぎ、無観客ショーを行った会場の壁面に映し出した。多くの人が一緒にランウェーを見つめる、実際のショーのような雰囲気を演出した。

トム・ブラウン
モスキーノ

独創的な映像で視聴者を引きつけたのはトム・ブラウンだ。22世紀に月で開催されるスポーツ大会の開会式との奇抜な設定で、全身真っ白の装いを提案。モスキーノは小さな操り人形でランウェーショーを再現した。

ルイ・ヴィトン
コウザブロウ

ルイ・ヴィトンは顧客を招いたランウェーショーを開き、オンラインで中継した。中継画像に、映画「ベルリン・天使の詩」の映像を重ね、映画の中でショーが進行するような不思議な世界を創出。見る人に特別な体験を届けた。ニューヨークでAR(拡張現実)を使ったオンライン発表をした後、東京で無観客ショーを開いたコウザブロウのように、複数の手段で新作を披露するブランドもあった。

今季のコレクションについて日本ファッション・ウィーク推進機構理事の太田伸之さんは「デジタル技術の進化で、ブランドと消費者の距離が一気に縮まり、人を集めて新作を見せる従来型のコレクションが変わる転換点になった。デザイナーやブランドは服作りだけではない創造性が求められる」と話す。

ランウェーへの郷愁と、新たなコレクションへの期待――。複雑な思いが交錯するシーズンでもあった。(読売新聞生活部 谷本陽子)

※写真はいずれもブランド提供

あわせて読みたい