秋冬コーデはレザーを主役にニットでアレンジ

宮田理江のモード日和

2020-21年秋冬シーズンの注目ルックはレザー(合皮を含む)です。レザーはハードなイメージを持たれがちですが、アレンジ次第でフェミニンにもカジュアルにも着こなせます。普段の装いにスパイスを利かせ、レザーのスタイリッシュさを引き出すのが、アレンジのポイント。パリ発のブランド「ZADIG & VOLTAIRE(ザディグ エ ヴォルテール)」のランウェイルックは格好のお手本です。

レザースカートに異素材を合わせて

つややかなレザーには、柔らかい素材感のニットを合わせてみましょう。クールなレザーが引き立つコーデです。

スカートとブーツのレザーコンビネーションでクール感を倍増

黒のレザースカートを主役にしたシックな装い。あえて、ジグザグ柄のスクールガール風ニットトップスを合わせて、抜け感をプラスしました。チェック柄のジャケットを肩に掛け、大人っぽさを漂わせて。今秋、大ブレイク確実なロングブーツで足元をタイトに引き締めました。

バッグストラップを腕に巻いた、クラッチ風の持ち方が新鮮

黒いレザーボトムスには、好対照の赤系トップスを合わせれば、上下のメリハリがくっきり。レザーの質感も際立ち、印象深い着こなしが完成します。

レザースカートに、ざっくり編みのニットセーターを合わせて、素材と色のコントラストを利かせました。セーターの裾の前部分だけゆるくウエストインして、エフォートレスな着映えに。ロングブーツをくしゅっとたるませたのも、巧みな小技です。

レザーパンツですっきりレッグライン ニットトップスを相棒に

レッグラインをすっきり見せるには、レザーパンツがオススメです。重く映りがちな秋冬ルックをシャープに仕上げてくれます。

Vネックとひもチョーカーでデコルテにもコントラストを

着心地が楽ちんで、暖かいニットチュニックは秋冬に大活躍するアイテム。質感の異なるレザーパンツと合わせれば、スパイシーな装いに変身します。レギンスと合わせるとラフに見えるニットチュニックも、レザーパンツならスタイリッシュにイメージアップします。

ニット×レザーの好対照なマッチングがポイント

細身のレザーパンツは、スレンダー感を印象づけやすいボトムスです。トップスをコンパクトにまとめると、さらに細見えします。

黒のレザーパンツが凜々りりしいスタイリング。ジグザグ柄のニットですっきりしたムードに。ニットを重ね着したようなデザインが遊び心を感じさせます。正面に配したウエストポーチが立体感を出して、腰から下をシャープに見せます。

リッチなクラス感があるレザーのセットアップにニットで抜け感をプラス

レザーを主役にするなら、ジャケットとボトムスのセットアップ(上下)が効果的です。トップス次第で、雰囲気を自在にスイッチできます。

ニットカーディガンをブラウス感覚で

タフでクールなレザーのジャケット&スカートのセットアップには、真っ赤なカーディガンを合わせて、女性らしい「たおやかさ」を盛り込みました。ニットのおかげでレザーコーデが強くなりすぎず、ほどよい抜け感が加わりました。袖先や裾からあふれるニットがリラックスムードを添えてくれます。

パンツと同系色のクラッチバッグを差し色に

ダークカラー以外のレザーをまとうと、質感を生かしつつ、明るい印象の装いになります。さらに、ジャケットとボトムスで色を変えると、動きが加わります。

タフな印象のレザーブルゾンも、ナチュラルなネイビーグレー系を選べば、軽やかな着映えになります。ブラウンのレザーパンツはほのかな温かみを演出します。ケーブル編みのニットセーターは、フェミニン感をプラス。レザーとの異素材感が際立っています。

1970年代のファッションをレザーアイテムで現代流にアップデート

「ザディグ エ ヴォルテール」の今秋冬はレザーをキー素材に、ロックテイストを利かせた装いを打ち出しました。アーティスティックディレクターのセシリア・ボンストロム氏の故郷であるスウェーデンの70年代風ファッションを現代のパリに持ち込んで、新トレンドを加味したミックススタイルを提案しています。日本では新たに公式オンラインストアがオープンしました。

「革ジャン」のイメージが強いレザーウェアですが、アレンジ次第でしなやかな着映えになります。お仕事ルックやデイリーコーデにも生かしやすくなるので、この秋冬はレザーの新スタイリングに注目してみてくださいね。

画像協力:ザディグ エ ヴォルテール
https://zadig-et-voltaire.jp/

宮田理江
宮田理江(みやた・りえ)
ファッションジャーナリスト

 ファッションブランドの販売員としてキャリアを積んだ後、バイヤーやプレスも経験してジャーナリストへ。海外コレクションのリポートや次シーズンのトレンド予測、着こなしのアドバイスといった原稿執筆のほか、セミナー・講演なども手掛けている。著書に「おしゃれの近道」(学研パブリッシング)など。

公式サイト