イタリアンチョコレート「ヴェンキ」の伝統とモダン

マリ・クレール スタイル

イタリアのトリノ空港で、私が必ず買うのは「ヴェンキ」のチョコレート。「ヴェンキ」はトリノ市内のあちこちにある1878年創業の老舗チョコレート店で、現地では知らない人がいないほど有名です。空港内のショップでは1個から量り売りしてくれるので、気分に合わせてチョイス。イタリアらしいキラキラのラッピングを広げてチョコレートをほおばるのが、フライトを待つ間の楽しみです。

そんな、トリノの有名店「ヴェンキ」が2019年12月、東京・銀座に初出店しました。ギフトにふさわしいチョコレートボックスがそろいますが、中でも伝統と進化を感じさせるのが「スモール ホライゾン ハンパー」です。甘さをおさえた「ビター」なチョコレートだけが4種16個入り。甘すぎるものが苦手な方はぜひ。「歴史あるブランドの代表作は総じて甘いのでは?」というイメージが覆ります。

東京・銀座松屋通りにオープンした、日本第1号店。量り売り形式での販売もしていて、気になる味を1個ずつ楽しめるのもうれしい

ボックスをあけたら、まずはトリノで生まれた名作チョコレート「エクストラダーク ジャンドゥイオット」を味わってください。ビターチョコレートとなめらかに溶けあうヘーゼルナッツペーストの香りがふわり。

キューブ形の「クレミノ エクストラダーク」は、カカオとアーモンドとヘーゼルナッツのとろけるような三重奏です。カリッと香ばしいヘーゼルナッツがまるごと3粒入った「ダークチョコレート プレンディヴォーリア」も代表作。

「キュボット チョキャビア 75%」は2005年生まれの新しい「ヴェンキ」のアイコンです。ダークチョコレートクリームを包んだ、丸みを帯びたキューブ状のダークチョコレートシェルに、「チョキャビア(キャビアのように小さい粒のチョコ)」がまぶされ、食感のコントラストを一層おいしくしています。

スモール ホライゾン ハンパー/5500円・税別(ヴェンキ/ヴェンキ お客様専用窓口)

オレンジにゴールドをあしらったボックスはイタリアの夕日をイメージ。ブルーのリボンは地中海のカラー。シックなデザインは、よいものを知る男性へのギフトにも。イタリアンブランドの楽しさがあふれています。

(c)marie claire style/selection,text:Ayumi Ichikawa

※新型コロナウイルス対策に関して緊急事態宣言の延長を受け、「ヴェンキ 銀座店」は当面の間、臨時休業。「ヴェンキ 東武池袋店」は当面の間、11:00~18:00(短縮営業)。今後の営業再開などはホームページにてご案内します。

市川歩美(いちかわ・あゆみ)
チョコレート・ジャーナリスト

 日本で唯一のチョコレートに特化したジャーナリスト、コーディネーター。365日、日本国内やカカオ生産地をはじめ世界各地を取材し、最新のトレンドをメディアで発信する。チョコレート愛好家歴は25年以上。

マリ・クレール スタイルのPDFマガジンをチェック!

マリ・クレール スタイルで最新情報をチェック!
マリ・クレール スタイル公式ウェブサイトでは、毎月刊行される『marie claire style』マガジンの誌面と連動し、更に詳しい内容を掲載。東京、パリ、ミラノ、ニューヨークなど世界各国からえりすぐったファッション情報をデイリーに発信しています。欲しいモノや知りたい情報が必ず見つかるはず! 読み応えたっぷりのPDF版マガジンも無料でダウンロードできます。