「ブルガリ」が作るチョコレートのジュエリー

マリ・クレール スタイル

ブルガリ「チョコレート・ジェムズ」5個入り、左から、パンフォルテ、オリーブオイル、いちじく&くるみ、アーモンドプラリネ、フルーツ&リコッタチーズ/5400円(税込み)(ブルガリ イル・チョコラート)

世界的に有名なジュエリーブランド「ブルガリ」は、チョコレートから「宝石」を作っています。それも、東京にあるアトリエで――。宝石の名前は「チョコレート・ジェムズ」。1884年にローマで創業した「ブルガリ」は、2007年に初めて東京で、ジュエラーとしての誇りと情熱をチョコレートに向けました。

「チョコレート・ジェムズ」とは「チョコレートの宝石」という意味。クオリティーの高い素材を選んでパーフェクトな形を追求するのは、ジュエリーもチョコレートも同じですが、「チョコレート・ジェムズ」には、さらに求められる大切なことがあります。それは五感のうちの「味覚」を満たすものであること。

5個入りのアソートはブランドの代表作を集めたもので、すべてにイタリアの素材が使われています。ビターチョコレートとシチリア産の青みがかったオリーブオイルがとろけるようにマリアージュする「オリーブオイル」、イタリアのアイスデザートをホワイトチョコレートであらわしたチャーミングな「フルーツ&リコッタチーズ」、「アーモンドプラリネ」はアクセントに甘夏みかんのピールを加えることで、さわやかな風味のプラリネに。クルミの香ばしさとイチジクの弾ける食感にときめく「いちじく&くるみ」には、金箔(きんぱく)が輝き、「パンフォルテ」は、イタリアの伝統菓子をモダンに再構築した一粒。ドライフルーツとスパイスとチョコレートから、いくつもの複雑な香りがあらわれます。

フルーツ&リコッタチーズ
パンフォルテ

チョコレート作りを手がけるのは、メートルショコラティエの齋藤香南子さん。どの「チョコレート・ジェムズ」からもハンドメイドならではの繊細さと、みずみずしい感性があふれています。ハイジュエラーらしい高級感のあるボックスに入ったラグジュアリーなチョコレートは、大切な人にこそ贈りたいもの。

東京で作られる「チョコレート・ジェムズ」を求めて、今も世界中から日本を訪れる人が後をたたないそうです。日本に住む私たちは、「ブルガリ イル・チョコラート」の歴史が、東京でスタートしたことを喜びましょう。

(c)marie claire style/selection, text:Ayumi Ichikawa

市川歩美(いちかわ・あゆみ)
チョコレート・ジャーナリスト

 日本で唯一のチョコレートに特化したジャーナリスト、コーディネーター。365日、日本国内やカカオ生産地をはじめ世界各地を取材し、最新のトレンドをメディアで発信する。チョコレート愛好家歴は25年以上。

マリ・クレール スタイルのPDFマガジンをチェック!

マリ・クレール スタイルで最新情報をチェック!
マリ・クレール スタイル公式ウェブサイトでは、毎月刊行される『marie claire style』マガジンの誌面と連動し、更に詳しい内容を掲載。東京、パリ、ミラノ、ニューヨークなど世界各国からえりすぐったファッション情報をデイリーに発信しています。欲しいモノや知りたい情報が必ず見つかるはず! 読み応えたっぷりのPDF版マガジンも無料でダウンロードできます。