J&M デヴィッドソン 愛のあり方と遊び方が変わった

マリ・クレール スタイル

落ち感のある軽やかなジョーゼットのブラックワンピースは、シンプルなデザインながら襟元の前後にスリットが入り、さりげないディテールにセンスが宿る。ワンピース 9万5000円・税抜き(J&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン 青山店)

私は、ずっとジョン&モニクが大好きだった。J&M、そう、ブランドの創設者デヴィッドソン夫妻。レセプションや取材で何度かお会いしたけれど、本当にクールな2人だった。イギリス人のジョンと、フランス人のモニク。「僕は彼女の感性を心から愛している」とジョン。「自宅でもオフィスでもずっと一緒なのよ」と困った顔をしながらも、ジョンの姿が少しでも見えなくなると、不安そうな顔をするモニク。

ベルトのデザイン、販売からスタートしたブランド「J&M デヴィッドソン」が、バッグやシューズ、アパレルにまで大きく広がったのは、この2人の愛のあり方や、存在感が大きかったはず。今でも大ヒットを記録している、“カーニバル”というバッグは、モニクが「昼間使うバッグを、ジョンや仲間と夜遊びをするときにも持てるようにデザインした」そうで、2人の生活に密着しているアイコニックなアイテムの一つ。

今後はインテリアにも興味があると言っていたのに、2人は退任を発表。デザインやディレクションをケイティ・ヒリヤーに譲った。ジョンと同じイギリス人のケイティ。2人の愛情をたくさん受けて育ったブランドがどうなるのかな、と思っていたら、シンプルに言えば、とても素敵すてきになっていた! 素敵に――というのは、さまざまな意味が含まれていて、今っぽい、気持ちが強く動かされる、パワフル、などいろいろ。

ジェントルで思いやりの深い2人の「J&M デヴィッドソン」が、その愛のあり方を、いい意味でクローズドな形で表したものだとしたら、ケイティの解釈するブランドは、もっと、オープントゥエブリバディ。国籍や性別やライフスタイルを限定しない、という意味では、「今までのアイデンティティ」を軽々と飛び越えてみせた感じだ。

たとえば、このジョーゼットのワンピースは、一見クラシカルでコンサバティブだけれど、絶対にそんなことはない! ケイティなら、きっと、「ドクターマーチン」のブーツで「はずして」、彼女の新しい解釈による“カーニバル”を持つはず。一方で、ボウ付きのバレエシューズで正統に、もあり。

そう、目の前にいる相手への無償の愛を秘めたブランドは、今、大きな意味での他者に優しい視線を送るダイバーシティなブランドに成長したのだ。

(c)marie claire style/text: Naoko Okusa

大草直子(おおくさ・なおこ)
コンセプトディレクター

 1972年生まれ、東京都出身。大学卒業後、現・ハースト婦人画報社へ入社。雑誌の編集に携わった後、独立。ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。WEBマガジン「mi-mollet」のコンセプトディレクター。新媒体「AMARC」(amarclife.com)を主宰。インスタグラム@naokookusaも人気。

マリ・クレール スタイルのPDFマガジンをチェック!

マリ・クレール スタイルで最新情報をチェック!
マリ・クレール スタイル公式ウェブサイトでは、毎月刊行される『marie claire style』マガジンの誌面と連動し、更に詳しい内容を掲載。東京、パリ、ミラノ、ニューヨークなど世界各国からえりすぐったファッション情報をデイリーに発信しています。欲しいモノや知りたい情報が必ず見つかるはず! 読み応えたっぷりのPDF版マガジンも無料でダウンロードできます。