旬のオーバーサイズコート ゆったりフォルムで細感コーデ

宮田理江のモード日和

今季も人気継続中のオーバーサイズコートは、ワードローブから外せないアイテムです。ジャケットタイプ、メンズライク、ドレスのようなシルエットなど、バリエーションもますます豊かに。ビッグシルエットを生かして、ゆったりまとうのが着こなしのコツです。着ぶくれ感なしで軽やかに見せる細感コーディネートを、人気セレクトショップ「GALLARDAGALANTE(ガリャルダガランテ)」の新ルックから紹介します。

ジャケット感覚でざっくり羽織る

メンズっぽいオーバーシルエットのフォルムは、気負わないムードを漂わせてくれます。あえて、レディーライクなボウタイ・ブラウスで合わせてざっくり羽織ると、異なるテイストがミックスされて、新鮮なコーデに。

パイソン柄のブーツがモノトーンルックにスパイスを添えています

クラシカルなボウタイとミリタリー風味のアウターとのズレ感が、こなれたテイストを醸し出します。

ゴールドのボタンがムードをきりっと引き締めます

プレッピー(米国大学生のトラッド)を思わせる、ピーコート風シルエットのコートもおすすめです。肩を落としたシルエットはリラックスムードを感じさせます。オフネックのタートルニットとプリーツ入りのラップパンツを合わせて、「きちんと感」を演出。おしゃれの幅が広がります。

フェミニン×メンズライクでバランスよく

ロマンティックなロングワンピースも今シーズンの人気アイテム。甘めのデザインのワンピースには、英国紳士が着るようなチェスターコートを合わせると、甘辛ミックスのバランスのよいコーデに仕上がります。

足元は紳士靴風の黒革シューズをアクセントに

前を留めずにざっくり着ると、ビッグアウターのゆったり感が強調され、細見え効果が期待できます。コートの隙間から、ちらりとのぞくワンピースが女っぽさをさりげなく印象づけます。

ミリタリー風のカーキ色が意外感を添えます

上下を同系色でまとめる「ワントーン」のコーデは、おしゃれの基本技。白の上下にカーキ色のキルティングコートをオン。別色のコートを合わせることで、白ルックの統一感が際立ちます。

ロング&ロングで縦長シルエット

丈の長いコートは前を開けて羽織ることで、すっきりした縦長シルエットを強調します。インナーを少し見せて、縦ラインを作るのがポイントです。

トレンチコートはオーバーサイズでゆったり着こなして

パンツスーツの上から、やわらかい生地で仕立てたトレンチコートを重ねて、落ち感を強めました。裾幅が広めのパンツがくつろいだ雰囲気に。

ロングブーツでほっそりした印象に

縦長イメージを引き出すには、ハイネックのニットトップスが効果的です。ふくらはぎまでのロングコートに合わせた「ロング&ロング」で、縦落ち感を増幅しましょう。フードをコートの上に出して、視線を上に集めることで、さらに立体感をアップ。

自分らしい「おしゃれの軸」を持つ大人女性に支持されているセレクトショップが「ガリャルダガランテ」です。今年の秋冬テーマは「ロンドン」。コートをドレス感覚でまとうアレンジや英国調のレトロ感を帯びた装いなど、ロンドンの街並みに溶け込みそうなニュアンスルックを提案しています。

着ぶくれの原因になりがちなコートですが、縦に長いシルエットを作れば、むしろすっきりとした着映えにまとまります。今年の秋冬ルックのレパートリーに加えれば、着回しのバリエーションも広がりそう。似たような着こなしになりがちなコートルックに、新コーデを生かしてイメージチェンジを試してみませんか。

画像協力:ガリャルダガランテ
http://www.gallardagalante.com/

宮田理江
宮田理江(みやた・りえ)
ファッションジャーナリスト

 ファッションブランドの販売員としてキャリアを積んだ後、バイヤーやプレスも経験してジャーナリストへ。海外コレクションのリポートや次シーズンのトレンド予測、着こなしのアドバイスといった原稿執筆のほか、セミナー・講演なども手掛けている。著書に「おしゃれの近道」(学研パブリッシング)など。

公式サイト