ハリー・ウィンストン ハイジュエラーだけが生み出せる時計

マリ・クレール スタイル

(c)HARRY WINSTON

ニューヨーク五番街718番地は、宝石を愛する女性たちのあこがれの場所。なぜなら、「ハリー・ウィンストン」の本店が、ここにあるから。

映画「紳士は金髪がお好き」で主演のマリリン・モンローが「教えてハリー・ウィンストン、ダイヤモンドのすべてを……」と歌った、アメリカを代表するハイジュエラーが、初めて腕時計を発表したのは、30年前の1989年のことでした。今もコレクションにその名を残す「HW プルミエール」です。これは、その最新作の一つ。

ベゼルの上下に取り付けられた三つのアーチは、ニューヨーク本店のファサードがモチーフで、ひと目で「ハリー・ウィンストン」の時計だと知れる、デザインコードになっています。そのアーチやベゼルには、最上級のダイヤモンドをセット。そしてダイヤルには、優れた宝飾技術を駆使したロータス(はすの花)が、咲き誇っています。ダイヤルのベースは、揺れる水面に似たニュアンスを持つマザー・オブ・パール(MOP)製。そこから幾重にも重なる花弁は、ホワイトゴールド(WG)をベースに、ダイヤモンドとMOPとで形作られています。

MOPは、ホワイト、ライトブルー、ダークブルーの3色を使い分け、表情豊かに。一部の花弁にはWGをハンマーでたたいて凹凸を付けるマルテレ加工の技術も、注がれています。中央付近の花弁に、水滴がのっているかのように一粒ずつダイヤモンドがあしらわれているのも、心憎い演出です。キング・オブ・ダイヤモンドとの異名にふさわしい、豪華で可憐かれんな31mmの小さな外装の中には、精巧な自動巻きムーブメントが潜んでいます。

「ハリー・ウィンストン」は腕時計の価値の本質を理解し、機械式ムーブメントに思い入れを持ち続けてきました。初のウォッチコレクションの一つに、うるう年の2月29日も違わず正確に表示する複雑機構パーペチュアルカレンダーをラインアップさせていたほどに。スイスのジュネーブにアトリエを構え、真摯しんしに時計製作に向き合うダイヤモンドの王は、時計界の頂点も目指しています。

HW プルミエール・ロータス オートマティック 31mm

ジュエリー・コレクション「ロータスクラスター」からインスパイアされたタイムピース。立体的な蓮の花は、宝石のアート作品のよう。豊かな立体感が光を拡散し、周囲にまばゆいきらめきを放ちます。

[自動巻き、ケース径31mm、ホワイトゴールド×ダイヤモンド、アリゲーターストラップ]565万円・税抜き(ハリー・ウィンストン/ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション)

髙木教雄(たかぎ・のりお)
ライター

 1962年生まれ。時計を中心に建築やインテリア、テーブルウェアといった「ライフスタイルプロダクト」を取材対象に専門誌や雑誌で幅広く執筆。スイスの新作時計発表会の取材も、99年より継続して取り組んでいる。独立時計師フランソワ・ポール・ジュルヌ著『偏屈のすすめ。』(幻冬舎)の監修・解説も担当。

機械式時計女子をまとめた特集ページはこちら

マリ・クレール スタイルで最新情報をチェック!
マリ・クレール スタイル公式ウェブサイトでは、毎月刊行される『marie claire style』マガジンの誌面と連動し、更に詳しい内容を掲載。東京、パリ、ミラノ、ニューヨークなど世界各国からえりすぐったファッション情報をデイリーに発信しています。欲しいモノや知りたい情報が必ず見つかるはず! 読み応えたっぷりのPDF版マガジンも無料でダウンロードできます。