秋冬のトレンドはロングスカートで決まり!

宮田理江のモード日和

この秋冬、世界的に盛り上がっているのは、“レディーライク”なコーディネート。品格ある貴婦人の装いがトレンドです。レディーライクな着こなしに欠かせないのが優美なロングスカート。大人女性に人気のブランド「ebure(エブール)」の秋冬ルックをお手本に、ロングスカートの着映えコーデをご紹介します。

トーン・オン・トーンで上品&リラックス

同系色で濃淡を出す「トーン・オン・トーン」は、上品な装いに仕上がります。ニットトップスがオフホワイトで、スカートはアイボリー。素材の風合いも微妙に異なっていて、穏やかなまとまりがあります。

ハイネックとロングスカートで縦長ラインに

ロングスカートは、ときにインパクトがありすぎますが、ミルキー色の合わせなら、リラックスしたニュアンスが生まれます。

たっぷりしたドレープを生かせるのも、ロングスカートならでは

同じ生地で上下一そろいのスーツとは違い、質感や色味をほどよく変化させられるのが「セットアップ(上下そろい)」のよさ。ふんわり素材とラベンダーカラーでゆるく統一感を出しました。ソフトな生地の質感と淡いカラートーンで優しげなたたずまい。歩くたびに揺れるドレープも優雅な印象を与えます。

異素材を合わせて「こなれ感」を演出

ロングスカートは面積が広い分、素材の印象をはっきり打ち出しやすいボトムスです。トップスの質感を変えれば、上下で異なる表情になり、「こなれ感」を引き出しやすくなります。

コントラストが際立つ、無地トップスとチュールレース仕立てのスカート

ダークピンクのトップスはなめらかなニットで、ライトピンクのスカートは薄手のチュールレース仕立て。ほんのり透けるスカートの、はかなげムードを濃い色のニットが引き立てます。

スカートの柄によって、イメージががらりと変わります

チェック柄や花柄のロングスカートは、コーデのムードメーカー。トップスは無地のダークカラーがおすすめです。ボディーにフィットするニットトップスでコンパクト感を強調すると、ロングスカートのボリュームが際立ちます。太いベルトでウエストマークすれば、ほっそり効果が期待できます。

進化系セットアップで着こなしにコントラストを

セットアップにロングスカートを合わせれば、落ち着いた上品さを演出できます。縦長シルエットが強調されるスタイリングでもあります。

色数を抑えたヌーディーカラーで上品テイストに

ダークカラーで品よくまとめたセットアップは、オフィスでの着こなしにもぴったり。重い印象を避けるには、Vネックや襟なしがおすすめです。

コートとボトムスの進化系セットアップに注目!

アウターが主役になる秋冬こそ、「ロング×ロング」のコーデに注目です。ロングスカートに着丈が長めのコート類を羽織ることで、縦長シルエットの相乗効果が生まれます。たっぷりした量感のアイテム同士を合わせる「進化系セットアップ」は、この秋冬最旬のコーデです。

「ボディドレッシング」や「アドーア」を手がけた酒井典子デザイナーがディレクションを務める「エブール」は、2016年のスタート以来、大人女性の支持を着実に広げてきました。ラテン語で「アイボリー」を意味するブランド名のとおり、今年の秋冬はアイボリーやベージュ、黒などのあたたかみを感じるモノトーンの装いを提案しています。

ロングスカートは大人の女性をエレガントでレディーライクに見せてくれます。さらに、あたたかくて防寒面で頼もしいのもうれしいですね。縦長シルエットですっきり見えるのも魅力。秋冬のコーデの主役にしたい最旬ボトムスです。

画像協力:エブール
http://www.ebure.jp/

宮田理江
宮田理江(みやた・りえ)
ファッションジャーナリスト

 ファッションブランドの販売員としてキャリアを積んだ後、バイヤーやプレスも経験してジャーナリストへ。海外コレクションのリポートや次シーズンのトレンド予測、着こなしのアドバイスといった原稿執筆のほか、セミナー・講演なども手掛けている。著書に「おしゃれの近道」(学研パブリッシング)など。

公式サイト