大人になってもワクワクする 「森の学校 キョロロ。」

マリ・クレール スタイル

(c)Emma Maeda

私は、ゲンゴロウを飼ったことがあります。その名も「ゲンちゃん」。まだ幼い頃のこと。弟が田んぼで捕まえてきてしまい、その世話を母とふたりでしていたのですが、これが結構大変でした。

彼(? !)は肉食なので、マグロなどのお刺し身を買ってきて冷凍しておいて、少しずつあげるのです。餌代もバカにならない。水がきれいじゃないと死んでしまうので、毎日水を取り替えます。私はあまり、生き物に対して感情がないのですが(! !)、なぜか昔から生き物係に任命されがち……。夏休みの1か月、亀を持ち帰ってお世話をしたり、学校で飼っていたウサギに毎朝餌をあげたりと、常に生き物がそばにいるという不思議な人生。

私が生き物に対して、結構対等な立場で向き合えるのは、小学校低学年の頃から「森の学校 キョロロ。」に通っていたからだと思います。ここは、新潟県十日町市にある科学館のような場所なのですが、もともと「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」をキッカケに建てられたすごくステキな建物です。茶色い鋼板でできたヘビを模した建築を、手塚貴晴、由比夫妻が手がけられており、巨大なアクリルの窓からは積雪の壁の断面が見られます。

(c)Emma Maeda

志賀夘助うすけのチョウコレクションは圧巻だし(ものすごい数の蝶々ちょうちょうの標本)、木工工作も体験できるし、近くの里山を探検するプログラムもあり(ゲンゴロウはこのとき捕まえた)、子供にとっては一日中いても飽きません。カブトムシを朝から捕まえたりしたこともあります。里山に住む様々な動物や昆虫の生態を知ることもできるし、近くにある美人林は何度訪れても感動するし、子供時代を経て大人になってもワクワクする場所です。

(c)marie claire style/text: Emma Maeda

前田エマ(まえだ・えま)
アーティスト、モデル

 1992年生まれ。東京造形大学卒業。オーストリアウィーン芸術アカデミーに留学経験を持ち、在学中より、モノづくりという観点から、雑誌のディレクション、ショーやイベント、ファッションブランドのモデルをつとめる。ほかにもエッセイ、写真、ペインティング、朗読、ナレーションなど、分野にとらわれない様々な活動が注目を集めている。Now Fashion Agency所属。

マリ・クレール スタイルのPDFマガジンをチェック!

マリ・クレール スタイルで最新情報をチェック!
マリ・クレール スタイル公式ウェブサイトでは、毎月刊行される『marie claire style』マガジンの誌面と連動し、更に詳しい内容を掲載。東京、パリ、ミラノ、ニューヨークなど世界各国からえりすぐったファッション情報をデイリーに発信しています。欲しいモノや知りたい情報が必ず見つかるはず! 読み応えたっぷりのPDF版マガジンも無料でダウンロードできます。