疲れた顔から卒業したい! 健康的な大人の肌色の作り方

世界基準のキレイの秘密、教えます

寺内紗幸さん(メイク・吉川康雄、ヘア・坂口勝俊、写真・星野耕作)

年齢を重ねると、今までのメイクでは何となくしっくりこなくなってくるっていう女性は結構多いですよね。

大手小町の読者さんにツイッターからメイクモデルを募集して、メイクの悩みをたくさん教えてもらいました。皆さんの悩みに答えていくために、モデルをお願いした会社員の寺内紗幸さん(38)にお話を聞きながら、僕がメイクをしていきました。その様子をこのコラムで、2回にわたってお伝えしますね。

血色が悪い、クマが消えない

吉川 寺内さんの悩みは何ですか?

寺内 自分に合ったメイクが分からないから、いつも薄化粧です。クマが気になっているんですけど、うまく消せなくて…。隠せば隠すほど目立っちゃう。
それに肌が白すぎるのか、ファンデの色が合わない感じもするし。アイシャドーも塗ると腫れぼったく見えたり、なので出来る限りしないようになったのですが、やっぱり変化が欲しいんですよ。
吉川さんにメイクをしてもらって、変わった自分を見てみたいです。

吉川 まずはどんな雰囲気になりたいか、考えてみましょうか。普段の感じをもう少し華やかで明るい感じにするとか? 目鼻立ちもはっきりしているから、強調するためのメイクって考える必要はないですよね。

寺内 チークも塗りたいんですけど、“おてもやん”になってしまいそうで、ちゅうちょしちゃうんです。だから色は、使うとしたらリップですね。でも、目立つと嫌だから濃い色は塗らないので、血色が悪い感じになりやすいです。 

吉川 寺内さんは肌が白いことで、顔色が悪い印象につながっちゃってますよね。

寺内 そうなんです! だから、わざと肌より暗いファンデーションを塗ってですね…。

吉川 えっ? みんなが羨ましがるような白い肌を?

寺内 だって、写真をとると白いから膨張して見えて、お化粧も薄いからボーッとかすんだ感じになっちゃって。

吉川 もったいないですね。“白くなりたい!”っていう女性の声も僕はたくさん聞くけど、いろんな肌色の悩みに共通して言ってあげたいのは、自分の肌色を健康的に生き生きと見せることができたら、その持ち味の魅力を自然に最大限に引き出せるんじゃないかなってこと。

寺内 肌色も青っぽかったりするんで、健康的に見えないんでしょうか? いつも病的に思われるんですよ。

吉川 “病的”なんていわないで、はかない感じっていうとかれますよ。

寺内 そうですね(笑)。いつも“疲れてる?”とか聞かれて、内心「今日、元気なのになあ…」なんて。だからこの肌の色が昔から好きじゃなくって…。

乾燥して肌が粉をふいています

吉川 なるほど…。普段のファンデーションは?

普段のメイクの寺内さん

寺内 肌が弱くて赤くなりやすいから、いろんなファンデを試したんですけど、時間がたつとひどいことになるんで、それが嫌で。だけど、このローラメルシエのカモフラージュファンデはそうならないから、これにしてから塗れるようになったんですよ。

吉川 そうですよね。これ、オイルベースですから。日本ではコンシーラーとして出てるようですけど、アメリカではメイクアップアーティストがファンデとして使ってますよ。これ、僕の作ったキッカのファンデと基本処方が近いんですよ。

寺内 えっ! そうなんですね! 私はこれを薄く塗って、そのあとパウダーをつけます。

吉川 寺内さんの肌、乾燥して粉をふいてますよ。お粉のつけすぎなんじゃないかな。オイルファンデは乾燥しにくいし、肌にピタッとつくけど、その代わり、お粉もいっぱいつくんです。逆に乾かして厚化粧にしてしまうんですね。
全部、お化粧を落とすと、ほら、素肌、すごく綺麗ですね。

寺内 そうですか? 毛穴とかがすごくって…。

毛穴はバツなのか

吉川 えっ! 毛穴? 普通ですよ。気にしすぎじゃないですか? 化粧で乾燥させて皮脂をいっぱい出させると毛穴が育って目立つので、美容的にちょっとまずいけど、それ以外はみんな気にしすぎ。逆に毛穴がない人なんていたら人間の質感じゃないから、気持ち悪い!

いろんなブランドやメディアが、なんでもマル・バツつけるでしょう? 二重や色白はマル、唇の縦じわはバツなんてね。毛穴もそんな調子でバツにされてるから、寺内さんのように必要以上に気にしちゃう人が今、多いと思います。

素顔になったら腕やデコルテにもクリームをつけて全体をツヤっぽく最高の状態にしてあげる。ファンデを塗っていきますが、この生き生きとした肌の質感のまま、必要な補正をしていきます。そのために油のツヤ感があるファンデーションを使いましょう。

まずは顔色の補正。顔色はできるだけデコルテの色に近づけると最も自然で綺麗なので、デコルテの肌色とそっくりなファンデの色を選びます。
寺内さんは顔がデコルテより少し暗いので、素顔よりほんの少しだけ明るくなるような色のファンデを使います。

 

デコルテにファンデーションを塗って、肌に最もなじむ色を探す

寺内 もっと白くなっちゃうんですか?

吉川 明るくなりますが、全体で見るとより自然だし、肌感にツヤを出すことで生き生きとも見えるので、死んだような不健康な白肌にはならないはずです。寺内さんがやっていたのは舞妓まいこさんのようなパウダリーな白肌。あれってお人形さんのようには見えるかもしれませんけど、健康的に見えますか?

ツヤとテカリは何が違う?

寺内 でも、ツヤとテカリって微妙じゃないですか。どうしても自分にとってテカリに見えちゃって…。

吉川 テカリとツヤって同じ油なんですよ。ただ、長い間主流だったマットな肌にとっては、油ツヤは相反する質感なので、ムラを作るダメなものだったんです。でも全体がツヤめくと、ハリのある生き生きとした綺麗な肌になるんですよ。

(つづく)

吉川康雄さんの連載「世界基準のキレイの秘密、教えます」は、こちら。

 

星野耕作
星野耕作(ほしの・こうさく)
カメラマン

 1979年、東京生まれ。日本大学生産工学部卒 元メーカー子会社勤務 デジタルカメラの開発に携わる。写真家・テラウチマサト氏に師事しフリーに。現在、ポートレートを中心にファッション、ムービーも撮影、雑誌、カタログ、 CDジャケット等で活動中。

KOUSAKU HOSHINO PHOTOGRAPHY