<東京ダイニング アウト>SUGALABOスガラボ 知られざる食の扉

マリ・クレール スタイル

まさに東京ダイニングを代表する、「特別な」という言葉がぴったりの完全紹介制レストラン。なにしろ、住所も電話番号も非公開。そして、運よく紹介者を見つけて住所をゲットできたとしても、あるはずの場所にレストランはなく、たどり着くまでがまるでゲームのよう。

場所を間違えたのかと思ってうろうろとエントランスを探していると、須賀洋介シェフが爽やかな笑顔とともに思いもよらぬ場所から出てきた! えっ? ここがレストランの入り口なの? 遊び心あふれるサプライズエントランスを通り抜けて一歩中に入ると、そこはまるでシェフの自宅のキッチンかのようなアットホームな雰囲気。決して気取ることもないけれど、すべてが完璧。

須賀洋介 Yosuke Suga

須賀洋介シェフは、世界中のセレブリティーや美食家が愛してやまない天才シェフ。旬の食材を和と融合させた独創的なフレンチは、まるで五感に訴えかける物語のよう。どこか懐かしさも感じさせられるお料理の数々は、限られた人だけが味わうことのできる極上のガストロノミーです。

杉山絵美(選・文)

(c)marie claire style

「SUGALABO」
住所、電話番号: 非公開
http://sugalabo.com

須賀洋介(すが・ようすけ)
シェフ

 1976年、愛知県名古屋市生まれ。26歳で「ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション」六本木ヒルズ店エグゼクティブシェフに抜擢ばってき。その後、ラスベガス、ニューヨーク、台湾、パリなどでロブションの新店舗立ち上げから総料理長として陣頭指揮をとる。2015年4月、自身のラボラトリー「SUGALABO Inc.」を東京・神谷町に設立。

マリ・クレール スタイルのPDFマガジンをチェック!

マリ・クレール スタイルで最新情報をチェック!
マリ・クレール スタイル公式ウェブサイトでは、毎月刊行される『marie claire style』マガジンの誌面と連動し、更に詳しい内容を掲載。東京、パリ、ミラノ、ニューヨークなど世界各国からえりすぐったファッション情報をデイリーに発信しています。欲しいモノや知りたい情報が必ず見つかるはず! 読み応えたっぷりのPDF版マガジンも無料でダウンロードできます。